携帯料金を節約する為の5つのチェックポイントとは

スポンサーリンク

なぜ携帯料金は高くなってしまうのか

携帯料金をうまく節約するためには、そもそもなぜ携帯料金が高くなってしまうのかを考えなければなりません。いったいなぜ携帯料金は高くなってしまうのでしょうか。その原因は通話料と通信料にあります。携帯料金の大きな割合を占めるのがこの2つの項目なのです。だから通話料や通信料あまり考えずに携帯を使っている人は、ほとんどの場合毎月の支払いが一万円を超えてしまっているのです。しかしながら通話料抑えることや通信料を最小限にすることを考えている人は、毎月の携帯料金を三千円程度に抑えることができています。毎月の支払いが一万円と三千円となるとその差は大きいですよね。だからもしあなたの携帯料金が毎月一万円を超えているのであれば、まずは通話料と通信料を見直すことからはじめましょう。具体的には、携帯会社から送られてくる通話料の明細をしっかりとチェックすることが大切です。もし明細書が送られてきていない場合は、WEBでチェックできる可能性が高いので、明細書がない場合はWEBからチェックしましょう。そして毎月どれぐらいの通話時間なのか、どれぐらいの通信量なのかその詳細の数字を把握するのです。この数字を把握することができれば、場合によっては、料金プランをグレードダウンさせて毎月の支払いを抑えることもできるのです。

スマートフォンは本当に必要なのか

携帯料金の節約に成功している人の多くは、スマートフォンではなくガラケーを所有しています。ではなぜ節約に成功している人たちはスマートフォンではなくガラケーを使っているのでしょうか。その理由はタブレット端末の普及にあります。タブレット端末を普段から持ち歩いていれば、スマートフォンで操作するインターネットの閲覧や、メールの送受信等も簡単に行うことができますよね。実際にスマートフォンを持ちながら、タブレット端末も所有していると、いう人も少なくないのではないでしょうか。もしあなたがスマートフォンとタブレット端末、その両方持っている場合は、スマートフォンを手放すことも検討しましょう。なぜなら、そうすれば毎月の携帯料金の支払い代2,000円以内に抑えることも、可能となるからです。ガラケーの携帯電話を純粋に、通話目的のみで所有すれば、そういった携帯料金まで引き下げることは非現実的な話では無いのです。またタブレット端末も、各携帯キャリアから購入するのではなく、自分で電気店等から購入し、Wi-Fiで接続することを前提とすれば、タブレット端末通信料への継続的な支払いも必要がなくなりますよね。その上でWi-Fiを外出時と家庭用で、同じものを使えば、携帯料金だけでなく家庭の通信料そのものを節約できる可能性があるのです。

なぜ携帯料金を毎月3000円以内に抑えられるのか

先ほど携帯料金の毎月の支払いを3,000円以内に抑えることができるとお伝えしましたが、スマートフォンを所有したままでも、それぐらい毎月の支払いを節約する方法があります。それは格安ケータイを使うことです。格安ケータイは、料金の安さから、お金に困っている人が使う、という印象持っている人もいるかもしれませんが、実際に使い始めると、通常のスマートフォンとほとんど違いはありません。当然どのようなスマートフォンの使い方をするのかによって、見極めなければならないところですが、毎月の通話時間や、通信料がそこまで多くない場合は、格安携帯に切り替えた方が、毎月の携帯料金を節約できる可能性が高いのです。だからもしあなたが携帯料金を節約したいと考えている場合は、格安ケータイは検討する価値があるのです。

携帯料金は月額ではなく年額で考えよう

携帯料金の節約を考えるのであれば、支払いを月学ではなく年額で考えることが大切です。なぜなら月額であれば、500円程度や1000程度の違いであればいいか、と軽く考えがちなのですが、1000円は年間で考えると1万2,000になります。5年間で考えたら6万円です。毎月500円の支払いも6年間で考えれば3万円の金額になってしまうのです。このように考えれば、毎月の携帯料金の支払いが500円、600円と下がることがどれほど大きな違いとなるのかわかりますよね。だから携帯料金の節約を考えるのであれば、年単位で支払う金額を意識しましょう。そうすることで、携帯料金の支払いに対して、敏感に意識が働くようになり、常に適切な携帯の料金プランが選択できるようになるのです。

携帯料金を節約する為の5つのチェックポイント

ここまでなぜ携帯料金が高くなってしまうのか、そして携帯料金を節約するコツについてお伝えしました。ではここで、携帯料金を節約する為の5つのチェックポイントを紹介します。
1.格安ケータイへ乗り換えできないか?
2.無駄な通話をしていないか?
3.データ容量は適切なのか?
4.LINEの無料通話機能を活用しているか?
5.通信時Wi-Fi機能を活用しているか?
携帯電話を使うときに、このチェックポイントを、自問しましょう。特に通常の通話機能ではなく、LINE通話の機能を使えば、通話料金は格段に安くできる可能性があります。外出時に、スマートフォンでインターネットに接続する時間が多い場合は、フリーWi-Fiの活用や、Wi-Fi端末を持ち歩くことも検討しましょう。そうすることで、データの利用料のプランを一段階下げられる可能性があるのです。このように5つのチェックポイントを定期的に見直すことで、携帯料金を最適化しながら、節約することができるのです。

携帯料金の支払いは定期的に見直そう

ここまで携帯料金の節約についてお伝えしましたがいかがでしたか。携帯料金を節約するためには、見直すべきチェックポイントが複数あることを、ご理解いただけたのではないでしょうか。携帯電話の利用の仕方は、住んでいる場所や普段している仕事によって、大きく変わります。だから転職や天気などが伴う場合は、携帯料金の見直しも同時に取り組むことが大切なのです。

(PR)ビットコイン買うなら『coincheck』
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
(PR)ふるさと納税なら「さとふる」

SNSでもご購読できます。