すぐ試したい!今日から始める無理せず楽しむ貯金方法

スポンサーリンク

貯金をするメリットは?

なぜ大変な思いをして貯金をしなくてはならないの?と思う方もいるかもしれません。なぜ貯金をした方がいいのでしょうか。貯金がまったくない場合を想定してみてください。困ることがいろいろと思い浮かぶでしょう。結婚、引っ越し、起業など生活環境に変化が起こるときにはいつもよりお金が必要です。貯金がまったくないと生活自体が困難になり、夢を実現することも難しくなるでしょう。貯金がないという状態は気づかないうちに自分の可能性を狭めているのです。それでは、貯金をするメリットはなんでしょうか。一つめは貯金をすることで全くお金がないという心配が減り、人間的な余裕ができます。2つめは適度に人付き合いもできるので、人間関係の構築もしやすくなります。3つめは実際に何かしたいことがあった時に、希望する方法を実行することができ、自分の夢をかなえやすいというメリットがあります。不安の軽減、人生の選択、楽しみのために貯金は必要なのです。

貯金を効果的に始めるにはどうしたらいい?

メリットから見ても、貯金はなるべく早い段階から始めた方がよいでしょう。その理由は、貯金は「習慣」と「安心」を作るからです。貯金を始めることで自然と「節約」も意識し、無駄遣いをしない習慣が身についてきます。早い段階で無駄遣いをしない習慣が身につくと、無理をしすぎることなく貯金をすることができます。まずは現金で目標額を決め、月々決まった金額の貯金をしてみましょう。性格によって貯金方法を決めてください。すぐに使ってしまう人は、口座からの自動引き落としで金融機関での積み立て貯金や定期預金などにして「使わない」環境を作ることが効果的です。あまり使わない人は普通口座で使った残りを貯めてもいいですが、ある程度たまったら定期預金にするなど金利のことを考えた貯金に切り替えるなども考えておいたほうがよいでしょう。

始めやすい貯金方法は?

貯金にもいろいろな方法があります。会社での財形預金、金融機関での定期預金、積立預金、普通預金、外貨預金、自宅でのつもり貯金、500円貯金などを組み合わせて貯金してみます。給料や収入が入ったときに一定額を積立預金での預け入れ、おつりなどの500円を貯めていく500円貯金、普通預金が目標額に達したら定期預金へ預けかえるなどを組み合わせて自分にあった貯金方法を探してみてください。特別なことをしなくても自然と毎月定額の貯金ができる積立預金は始めやすい貯金方法です。また、つもり貯金や500円貯金には無駄遣いを抑制する効果もあります。ついつい買っていたものを買ったつもりで貯金をすると節約習慣ができあがり、いずれ、貯金額を増やすことができるかもしれません。貯金を本格的に始めたい場合、積立預金とつもり貯金を組み合わせる貯金方法は安心してはじめられるでしょう。

貯金をする目的はなぜ必要?

貯金を始めるときは、何のために貯金をするのか目的も決めておきます。結婚資金、教育資金、起業資金、老後資金、住宅や車の購入費など貯金の目的は年代や人によってもさまざまです。貯金の目的がはっきりしていると、貯金目標額が決めやすく、貯金の期間や毎月の貯金額、貯金方法など具体的な計画がたてやすくなります。貯金の計画がはっきりしてきたら、一番条件のよい貯金方法や金融機関を調べましょう。金融機関の積立や定期預金などは、時期(キャンペーンの開催など)や金融機関によっても金利が違います。貯金はずっと続きますので利用しやすく、信頼できる金融機関を見つけておくことが大切です。貯金の目的によっては、貯金以外の投資信託なども利用してみると複利効果が期待できるかもしれません。ただ、リスクのある金融商品での貯蓄を考える場合は、慎重に検討する必要があります。

貯金金額はどうやって決めたらいい?

貯金の目的が決まったので、今度は貯金金額と貯金の期間とその貯金方法を決めます。貯金は無理をしすぎると続きませんので、無理のない範囲で始めます。まずは、自分の収支を把握しておきます。毎月の収入から必要となる固定費を引いて、残りの金額をだします。あとは固定費以外の必要な生活費などを計算すると、いくら貯金ができますか。そして、毎月の貯金金額、年間金額、長期目標金額と細かくわけて決めます。もし、車購入目的で300万円を5年で貯めたい場合は1年で60万円、月に5万円となりますね。その毎月の貯蓄金額をみて、収入に対して10~30%くらいが現実的な金額でしょう。あまり、はじめから頑張りすぎると貯金をおろしてしまったり、やめてしまったりと続かなくなるので、様子を見ながら増やしていくぐらいの方が続けやすいです。決めた貯金金額を積立し、その月のお金が余ったらさらに別の預金口座に移して貯金をしてみるなど、柔軟にいろいろな貯金方法を試してみましょう。

がんばりすぎず、貯金を楽しむために

貯金を始めた頃は、大変だと思うかもしれませんが、貯金はある程度お金がたまると、貯金自体を楽しむことができるようになるでしょう。地道な方法での貯金は資産を増やす第一歩です。ます、リスクの少ない貯金から始めて、お金や経済のことを知り、もっと貯金を楽しみましょう。

(PR)ビットコイン買うなら『coincheck』
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
(PR)ふるさと納税なら「さとふる」

SNSでもご購読できます。