ビットコイン | bitcoin

日本でビットコインを日本円に換金・現金化する4つの方法!

ビットコイン交換所で換金する

交換所では、その名の通り、ビットコインを日本円やUSドルと交換することが可能です。
ビットコインの価格は常に変動するため、リアルタイムの「時価」で取引を行うことが可能となっています。
取引所によって使用される通貨は異なるため、交換の際には必ず「どの通貨」での取引なのかを確認しましょう。

ビットコインをRoboCoinで換金する

日本では数台しか設置されていませんが、RoboCoinというATMでは、ビットコインの売却をすることが可能です。
RoboCoinを使って換金する場合は、
・本人確認を行ったのちに、ATMに表示されるアドレスにビットコインを送付
・送付が完了するとATMから売却代金が支払われる
という手順で簡単に売却することができます。

大量の換金をするには不向きですが、少額の換金には適しています。

ビットコインをほしい人に売却して換金する

ビットコインには「ミートアップ」という集まりがあり、ユーザー同士で交流することができます。
そのミートアップの場や、知人などに、直接ビットコインを受け渡して代金を現金でもらう、という方法もあります。
直接のやりとりであることから、本人確認なども不要で、すぐ換金できる方法として支持されています。

ビットコインを即時換金できるサイトで換金する

価格変動によるリスクを回避できるサービスとしてニーズが高いのが即時換金できるサイトです。
オンラインショッピングの決済方法としてビットコインを導入する場合などには利用を検討してみてはいかがでしょうか。
決済に関するプランは手数料無料となるものを含め、複数あります。

ビットコインを売却する場合の注意点

ビットコインの売却によって利益が生じた場合、「譲渡所得」となり確定申告の必要があります。
売却した価格から、「購入した価格と手数料の合計」を引き、そこから50万円の特別控除を差し引いた金額が譲渡所得となります。
売却による利益が50万円以上出た場合は注意しましょう。

まとめ

ATMによる換金は現在のところ場所が限られていますが、交換所や即時換金できるサイトなら、誰でも利用することが可能です。
価格の変動によるリスクを回避するためにも、換金したいタイミングですぐに手配できるよう、あらかじめ交換所やサイトをチェックしておくことをおすすめします。

【FXを超える!?】ビットコインによる魅力的な投資のリターンとリスクについて

ビットコインによる投資の特徴

ビットコインでは、価格変動が頻繁に起こります。
1日に10%以上の値動きが起こることも珍しくないことから、投資目的で始める人も少なくありません。
しかし利益を出しやすい反面、売りや買いの時期を間違うと大きな損害を出すおそれがあります。
投資を始める場合は、あらかじめ過去のチャートをしっかり把握し、どのようにチャートが推移するのかを想定した上で購入や売却を行いましょう。

ビットコインによる投資のリスク

まず、ビットコインに限らず、すべての投資にはリスクがつきものであるということを認識しましょう。
そもそもビットコインの場合、その価値を保証してくれる組織が存在しません。
投資以前の問題として、ビットコインの仕組みに対する信用が失われた場合、通貨としての価値が下がってしまう可能性があります。
つまり、一瞬にして、預けた全額が価値を失う可能性も否定できない、ということになります。
通常の投資と同様に『なくなっては困るお金』までビットコインにしてしまわないように注意が必要です。

採掘(マイニング)によるビットコイン投資について

ビットコインでは、採掘(マイニング)によって『新たに発行されるビットコインを入手する』という方法もあります。
所持しているPCを使用して計算をし、条件を満たせば報酬としてビットコインが獲得できる…のですが、この計算をするためには非常に高度なPCが必要となります。
そういったPCを用意するには数百万円必要になるともいわれていることから、現状では採算が取りづらいと言われています。
そのため新規に採掘(マイニング)を始める場合は、十分な検討が必要となります。

ビットコイン投資による収益と確定申告

購入額と手数料を差し引いたビットコイン売却利益が50万円を超えた場合、譲渡所得となり、確定申告が必要となります。
大幅な利益が出た場合は、税務署に確認を行い、適切に処理を行いましょう。

まとめ

ビットコインによる投資は、その大きな値動きが魅力ですが、リスクも伴います。
預けすぎることによって損失を出してしまわないように十分注意の上で投資を行いましょう。

ビットバンク(bitbank)なら追証無しでビットコインFXができる!
ビットバンク(bitbank)とは?ビットバンク(bitbank)は2014年5月に設立したビットコインの取引所です。日本のビットバンク株式会社により運営されています。ビットバンク...

ビットコインの使用方法と売却方法について

ビットコインの使用方法

ビットコインは決済や送金に使用できるほか、株やFXのようにトレードをすることも可能となっています。

・実店舗で決済に使用する
実際の店舗で使用する場合は、モバイルウォレットの利用が便利です。
まずはお店側がアプリでQRコードを作成します。
そのQRコードを読み取り、決済画面に表示された金額をチェックして送金すれば、決済完了となります。

・取引所でトレードをする
取引所では、株のようにビットコインをトレードすることが可能です。
取引所によって営業時間や手数料、アカウント開設に必要な項目は異なります。
日本語に対応している取引所を利用するのがわかりやすいでしょう。

・個人同士での送金に利用する
手数料がほとんどないため、個人同士での送金に便利です。
海外に住む家族に送金したい場合などに多く用いられているようです。

ビットコインを売却する

ビットコインは、その特性から短期間で大幅に価格が変動することがあります。
そのため、価格の変動に影響されないように、ビットコインを売却し現金化する方法を知ることも大切です。
・取引所で現金に換える
ビットコインの取引所では、ビットコインを円やドルに換えることが出来ます。
・ATMで売却する
「RoboCoin」というATMを利用すれば、ビットコインの購入や売却が可能です。
現在のところ日本には数台しかありませんが、世界各国に設置されており、手軽であることから今後も増加が予想されています。
・現金化サイトを利用する
ビットコインは価格の動きが激しいことから、国内、海外ともに即時換金を行っているサイトが存在します。

まとめ

店舗での決済は、分からなくても店員さんに聞けば教えてもらうことが出来ます。
国内では、まだ決済方法としてビットコインを使用できる店舗やサービスは限られているものの、現在以上にビットコインが一般に浸透すれば、比例して増えていくことでしょう。
ビットコインを所持するならば、ぜひ使い方と合わせて事前に売却方法もチェックし、価格の変動にも対応できるようにしておきたいものです。

誰でもわかるビットコインと現金の違いとは?

ビットコインと現金の違い

ビットコインでは硬貨や紙幣の発行はなく、政府や銀行など管理する組織も存在しません。
現金の場合、銀行が印刷する金額に上限はありませんが、ビットコインでは、上限となる発行量は2100万ビットコインと定められています。

このビットコインは、一般的に「金」と置き換えて考えると分かりやすい、と言われています。
それは、金もビットコインも、絶対量が決まっていて、信用によって高値で取引される、という特徴によるものです。
ただしビットコインは「金」のように実在するものではありません。
そのため、ビットコインに対する信用がなくなれば、その価値もなくなってしまいます。
また価値が下がったとしても責任をとる組織は存在しません。

ビットコインの仕組み

ビットコインは「オープンソース」という仕組みによって作られています。
そのため発行量も、ルールも、元帳も、支払記録も、すべてオープンとなっており、誰でも入手や閲覧が可能です。
最少単位となる単位は、0.00000001BTC(1億分の1)で、送金は0.0005460BTCから行うことが出来ます。

ビットコインでは、暗号化や復号化する際に「公開鍵」「秘密鍵」というものによってビットコインが第三者に盗まれるのを防いでいます。
さらに、ビットコインには「ブロックチェーン」という仕組みがあり、取引記録をまとめて保存し、データの変更や改ざんなどを不可能としています。
そして「ブロックチェーン」の運営に貢献した場合、新たに発行されたビットコインが報酬として支払われます。
このビットコインを新規発行する行為は「採掘(マイニング)」と呼ばれています。
採掘(マイニング)以外の方法で、ビットコインが新規発行されることはありません。

ビットコインは、この採掘(マイニング)をしている人たちによって、安全性が保たれています。
もちろん採掘(マイニング)によって発行されるビットコインの量も調整されており、発行量の増加によるインフレなどは発生しないと言われています。

まとめ

管理する組織が存在しないのに成り立っているのは、上記のような仕組みがあるからです。
信用によって成り立っており、全てがオープンであることから透明性が高く、多くの人によって守られている。
それが、ビットコインの仕組みであると言えるでしょう。

ビットコインの始め方 ビットコインを知ること ~入手の仕方まで

ビットコインの始め方 1.ビットコインについて知る

便利なビットコインですが、もちろんメリットもデメリットも存在します。

・ビットコインのメリット
ビットコインでは、決済や送金などを格安の手数料で行うことが出来ます。
また個人情報を出さずにビットコインアドレスで取引することから匿名性が高いと言われています。

・ビットコインのデメリット
銀行や政府などによる管理ではないため、保証がありません。
また、短期間で相場が変動するというリスクもあります。

ビットコインの始め方 2.ウォレットを作る

「仮想通貨」であるビットコインには、紙幣や硬貨の発行はありません。
このビットコインを管理・保管するためにはウォレットを作成する必要があります。

ウォレットには、
・デスクトップウォレット
・モバイルウォレット
・ウェブウォレット
・ハードウェアウォレット
など様々な種類があり、登録するとIDが発行され、ビットコインを管理できるようになります。
ウォレットごとにそれぞれ特徴は異なりますが、どのウォレットを使用する場合でも、しっかりした管理が必要です。
端末の故障やウイルス感染、ハッキングなどを防ぐためにバックアップを取り、セキュリティに注意しましょう。

ビットコインの始め方 3.ビットコインを入手する

ウォレットを作成したら、ビットコインの入手が可能となりますが、入手にも様々な方法があります。

・販売所で購入する
もっとも確実で、簡単な方法です。手数料や購入方法は販売所ごとに異なります。
・ATMで購入する
日本では一部地域のみですが、現金を使用してATMで購入することが出来ます。
・採掘(マイニング)する
PCに高度な計算をさせてビットコインを入手する方法です。
しかし現在では難易度が高くなり、かなり高性能のPCが必要となるため、基本的に利益は出にくいと考えられています。
・そのほか
海外のサイトでは、ゲームのプレイや広告の視聴によってビットコインを入手することが可能です。

まとめ

ウォレットを作ってビットコインを入手すれば、使用を開始することが出来ます。
ビットコインを使える店舗は限られていますが、世界中で使用できるなどメリットは少なくありません。
紛失や価格の変動など、リスクを踏まえた上での安全な使用をおすすめします。

ビットフライヤー(bitflyer)で次世代の資産形成ができるかも!?

ビットコインって何?

ビットコインとは、仮想通貨のことです。

バーチャルな通貨で、世界中で日常生活を便利にすることを目的として作られた仮想の通貨です。そのため、円やドルと同様に、取引価格というのが存在します。

現在、ビットコインは値上がりの一途を辿っており、参入するなら今がチャンスとなります。

たとえば、ポイントサイトやゲーム内のコインなどは、顧客の囲い込みを目的として作られています。利用者を囲い込むことによって収益をあげていくのです。円やドルは、国という単位で運営されています。そしてビットコインは、ボーダーレスで、世界中の誰でもが好きなときに、パソコンやスマホを財布にして売買をできるようにしてくれたものです。

仮想通貨なので、現実にビットコインがあるわけではありませんが、リアルなモノの売買は可能です。ビットコインはまだまだ進化を続けており、円やドルよりも遥かに利便性が高く、安定しています。世界中で使われることを目的とした、次世代の通貨です。

ビットフライヤーとは?

ビットフライヤーとは、ビットコイン取引所です。
設立は2014年1月。電通デジタルホールディングスや三菱UFJキャピタルなどの出資を受けて、資金力の大きな取引所としても知られています。
ビットコイン取引サービスを数多く立ち上げ、これから始めよう!と思っている人にも親切なキャンペーンを数多く展開。国内屈指の資金力を誇っています。

当初は、ビットフライヤーは販売所として機能していました。ですが、徐々に取引所としての機能も展開し、セキュリティなども充実しています。

以下のようなサービスがあります。

ビットコイン販売所・・・値段が日々変わるビットコインの取引所です。ビットフライヤーとユーザーの間で、ビットコインの移動が発生します。

ビットコイン簡易取引所・・・ビットフライヤーが仲介し、ビットコインの購入希望者と販売希望者をマッチングさせるサービスです。販売所とは手数料が異なります。

プロ向けビットコイン取引所・・・ビットコインを用いたFX取引サービスです。ビットコインFXとは、ドル円のFXと比べてボラティリティが高いので、短期間で大きなリターンを望むことができます。レバレッジは5倍となっています。

ブロックチェーン検索・・・対象のビットコインアドレスの残高が確認できます。

その他にも多数のサービスが展開されています。
そんなビットフライヤーで、次世代の資産を形成してみませんか?

■ビットフライヤーへはこちらから


仮想通貨は買うだけではだめ!保管をするためのウォレットって?

デスクトップ上のウォレットはオンライン上の管理より安心!

自分のコンピューターにウォレットをインストールするので、オンライン上のウォレットよりは、セキュリティの面でより安心できます。けれども、機械オンチの方には始めのインストールや設定が難しいかも。それにコンピューターが故障などで使えなくなる心配も。

オンライン上のウォレットならどのコンピューターからでもアクセス可能!

インターネットにつながった状態なのがこのウォレットです。そのため、どのコンピューターからでもアクセスできるという利便性があります。しかし裏を返せば、ハッキングをされる可能性もあるということです。セキュリティのしっかりとしたサイトを選び、パスワードをきちんと管理すれば問題ないかもしれません。でも、大きな額を預けるのは怖いかもしれません。

ハードウェアウォレットが一番現実のお財布に近い

専用の端末に保管するのがこの方法。私達が普段使っているUSBのようなものです。インターネットにつながっていなければ、ハッキングの被害にあう可能性は低いといえるでしょう。ただし、ハードウェアそのものが壊れてしまった場合や、紛失してしまった場合は仮想通貨を取り出すことができなくなってしまうので、保管には注意が必要ですね。

ペーパー(コールド)ウォレットは古典的だけど一番安心?

古典的な方法に思えますが、紙に印刷することで保管するということもできるようです。この方法のメリットは、パソコンを経由して仮想通貨を盗まれる心配が一切ないことです。しかし紙である以上、劣化は避けられません。高品質の紙を使用するなどの工夫は必要だと思います。また、災害や強盗の被害も想定しておいて損はありません。あとは、ごみと間違えてうっかり捨ててしまった、何てことのないように気をつけなければいけませんね。

まとめ

どのウォレットも一長一短といったところでしょうか?便利さで選ぶならデスクトップ上かオンライン上のウォレットが、安心面で選ぶならハードウェアかペーパーのウォレットがいいかもしれませんね。自分自身の仮想通貨の使い方によって、ウォレットをかしこく使い分けていきましょう!

人気の仮想通貨っていったい何?これから伸びてくる最新ランキングTOP3は?

1位は安定のビットコイン

「サトシ・ナカモト」と名乗る人物の、「コンピューターの暗号技術を利用して通貨を管理するシステムを作る」という提案から始まったのがビットコインです。仮想通貨市場の約80%を占めているといわれ、一番人気があるといって間違いないでしょう。値上がりが続き、過去最高の高値を記録しましたが、中国国内でのビットコイン規制があり、2月半ばの時点では1bitが約11万円に落ち着いています。ちなみに、ビットコインの最小通貨単位は「サトシ」もちろん、由来は「サトシ・ナカモト」です。

2位はイーサリアム

ビットコインに次ぐ時価総額を誇るのがこのイーサリアム。現在、日本国内において、日本円でイートリアムを購入できる取引所は、coincheckのみになりますが、他の取引所でもビットコイン経由で売買ができるそうです。マイクロソフト社と提携したということもあり、より盛り上がりを見せるかもしれません。ちなみに1位のビットコインと2位のイーサリアムだけで仮想通貨市場の約90%を占める人気振りとか!

3位はリップル

日本円やドル、ユーロなどの法定通貨や、ビットコインなどの仮想通貨とも交換できる柔軟性を持っているのが、このリップルです。リップルはビットコインと違い、管理会社は存在するそうです。そのため、セキュリティ能力が高く、ハッキング等の心配も少ないというのも人気の理由の一つです。仮想通貨は目に見えないだけに、管理をきちんと行いたいですもんね。また、ビットコインとは違って、認証までに時間が掛からないというスピード感もメリットみたいです。

まとめ

上記のように、人気のある仮想通貨は多くの人に支持されているだけあって、そんなに簡単には存在がなくなるということはないように思えます。そういった意味では、とても安心ですね。ただ、仮想通貨の魅力はなんといっても投資的な面だと思います。今はまだ無名の通貨でも、一気に化けるなんてこともあるかも?宝探しを楽しむつもりで、新しい種類を見つけて、投資するというのも仮想通貨の売買の楽しみ方であり、魅力でもあると感じました。

必ず押さえておきたい仮想通貨3種類!それぞれの特徴は?

最大のシェアを誇るのがビットコイン!

仮想通貨市場の約80%をしめているのが、このビットコインだそうです。ビットコインは仮想通貨の知識がほとんどない私でも、耳にしたことがあります。「サトシ・ナカモト」と名乗る人物の、「コンピューターの暗号技術を利用して通貨を管理するシステムを作る」という提案から始まったそうです。ビットコインは発行できる枚数が決まっていて、2,100万BTCまで発行されれば、ビットコインをすでに持っている人からしか、入手できなくなるとのことです。ただ、上限があるため、インフレの心配はあまりしなくていいみたいです。

リップルは柔軟性がある?

リップルは円、ドル、ユーロなどの法定通貨や、ビットコインなどの仮想通貨とも交換できるそうです。ということは、「リップルしか持っていないのに、使えるお店がないから円で払わなければいけない!」ということがあっても問題ないということでしょうか?何だか柔軟性がある仮想通貨で、安心できそうです。また、ビットコインと違い、認証までに時間が掛からないというスピード感もメリットみたいです。

あと、このコインはビットコインと違って、管理会社は存在するそうです。そのため、セキュリティ能力が高く、ハッキング等の心配も少ないようです。

ライトコインは今後もっと広がる可能性が?

ライトコインはビットコイン、リップルなどと並ぶ仮想通貨の種類の一つだそうです。発行の上限が決まっていて、その枚数は8,400万LTCと、ビットコインと比べると多いですが、1LTCの価格がまだビットコインより低いらしく、今は何ともいえないでしょう。ただ、枚数が多いということは、シェアが広がる可能性もあるのかな、と思いました。

ライトコインは上限枚数の内の、まだ市場に出回っていない未知のコインを入手すること(採掘、マイニングというそうです)が、ビットコインと比較すると簡単らしいです。

まとめ

今回書き留めてみたのは主要な三種類だけですが、日本で作られた初めての仮想通貨で、「モナーコイン」というものもあるようです。「2ちゃんねる」で作られたらしく、日本人にはなじみやすいかもしれませんね。個人的には、リップルが何となく安心できそうな感じがしました。