誰でもわかるビットコインと現金の違いとは?

ビットコインと現金の違い

ビットコインでは硬貨や紙幣の発行はなく、政府や銀行など管理する組織も存在しません。
現金の場合、銀行が印刷する金額に上限はありませんが、ビットコインでは、上限となる発行量は2100万ビットコインと定められています。

このビットコインは、一般的に「金」と置き換えて考えると分かりやすい、と言われています。
それは、金もビットコインも、絶対量が決まっていて、信用によって高値で取引される、という特徴によるものです。
ただしビットコインは「金」のように実在するものではありません。
そのため、ビットコインに対する信用がなくなれば、その価値もなくなってしまいます。
また価値が下がったとしても責任をとる組織は存在しません。

ビットコインの仕組み

ビットコインは「オープンソース」という仕組みによって作られています。
そのため発行量も、ルールも、元帳も、支払記録も、すべてオープンとなっており、誰でも入手や閲覧が可能です。
最少単位となる単位は、0.00000001BTC(1億分の1)で、送金は0.0005460BTCから行うことが出来ます。

ビットコインでは、暗号化や復号化する際に「公開鍵」「秘密鍵」というものによってビットコインが第三者に盗まれるのを防いでいます。
さらに、ビットコインには「ブロックチェーン」という仕組みがあり、取引記録をまとめて保存し、データの変更や改ざんなどを不可能としています。
そして「ブロックチェーン」の運営に貢献した場合、新たに発行されたビットコインが報酬として支払われます。
このビットコインを新規発行する行為は「採掘(マイニング)」と呼ばれています。
採掘(マイニング)以外の方法で、ビットコインが新規発行されることはありません。

ビットコインは、この採掘(マイニング)をしている人たちによって、安全性が保たれています。
もちろん採掘(マイニング)によって発行されるビットコインの量も調整されており、発行量の増加によるインフレなどは発生しないと言われています。

まとめ

管理する組織が存在しないのに成り立っているのは、上記のような仕組みがあるからです。
信用によって成り立っており、全てがオープンであることから透明性が高く、多くの人によって守られている。
それが、ビットコインの仕組みであると言えるでしょう。

(PR)ビットコイン買うなら『coincheck』
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
(PR)ふるさと納税なら「さとふる」

SNSでもご購読できます。