日本でビットコインを日本円に換金・現金化する4つの方法!

スポンサーリンク

ビットコイン交換所で換金する

交換所では、その名の通り、ビットコインを日本円やUSドルと交換することが可能です。
ビットコインの価格は常に変動するため、リアルタイムの「時価」で取引を行うことが可能となっています。
取引所によって使用される通貨は異なるため、交換の際には必ず「どの通貨」での取引なのかを確認しましょう。

ビットコインをRoboCoinで換金する

日本では数台しか設置されていませんが、RoboCoinというATMでは、ビットコインの売却をすることが可能です。
RoboCoinを使って換金する場合は、
・本人確認を行ったのちに、ATMに表示されるアドレスにビットコインを送付
・送付が完了するとATMから売却代金が支払われる
という手順で簡単に売却することができます。

大量の換金をするには不向きですが、少額の換金には適しています。

ビットコインをほしい人に売却して換金する

ビットコインには「ミートアップ」という集まりがあり、ユーザー同士で交流することができます。
そのミートアップの場や、知人などに、直接ビットコインを受け渡して代金を現金でもらう、という方法もあります。
直接のやりとりであることから、本人確認なども不要で、すぐ換金できる方法として支持されています。

ビットコインを即時換金できるサイトで換金する

価格変動によるリスクを回避できるサービスとしてニーズが高いのが即時換金できるサイトです。
オンラインショッピングの決済方法としてビットコインを導入する場合などには利用を検討してみてはいかがでしょうか。
決済に関するプランは手数料無料となるものを含め、複数あります。

ビットコインを売却する場合の注意点

ビットコインの売却によって利益が生じた場合、「譲渡所得」となり確定申告の必要があります。
売却した価格から、「購入した価格と手数料の合計」を引き、そこから50万円の特別控除を差し引いた金額が譲渡所得となります。
売却による利益が50万円以上出た場合は注意しましょう。

まとめ

ATMによる換金は現在のところ場所が限られていますが、交換所や即時換金できるサイトなら、誰でも利用することが可能です。
価格の変動によるリスクを回避するためにも、換金したいタイミングですぐに手配できるよう、あらかじめ交換所やサイトをチェックしておくことをおすすめします。

(PR)ビットコイン買うなら『coincheck』
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
(PR)ふるさと納税なら「さとふる」

SNSでもご購読できます。