クレジットカード

自己破産後にクレジットカードはどうなる?Q&A5選

Q 自己破産後にクレジットカードを作れるのはいつ?

A.最低でも5年以上経過しないと、クレジットカードの新規契約は受付自体難しい

この5年以上というのは、債務者が自己破産等の債務整理を完了した旨の事故情報が指定信用情報機関に登録されて、その情報が抹消されるまでの期間のことです。
この情報が登録される間は、クレジットカード発行会社に新規契約を申し込んでもほぼ受付されないと言っても過言ではありません。

「自己破産して借金を踏み倒した人が、すぐに申し込むなんて何かあるのではないか」
「この人は信用情報に難がある。返せない可能性がある人にお金を貸したくない」
お金を貸して利益を得る以上、お金が返せない可能性のある人に業者がお断りするのは当然と言えます。

5年以上は借金を出来ない生活になりますが、これは債務整理を行った者の禊のようなもの。
逆に自分の生活を見直す良い機会と言えるでしょう。

Q 5年以上経過したらクレジットカードは必ず作れる?

A.業者によって対応は異なる。通常通り作れる会社もある。
しかし融資額が少ない、あるいはお断りされる事もある。

5年以上経過したら絶対にクレジットカードを作れるのかと言われるとそうでもありません。
過去に自己破産などの債務整理を行ったという情報を、会社独自で持っていたりする事もあるためです。

会社独自の情報の為、指定信用機関とは異なり情報の扱いや審査基準は開示されておらず、自己破産後のクレジットカード発行は会社毎によって対応が異なります。
もちろん通常の申し込みと同様の扱いになるケースも存在します。

しかし破産した情報が残っている為、収入に対して融資額が通常と比べて極端に減額される。
あるいは最悪申し込みをお断りされるケースもあるようです。
5年以上経過したので指定信用情報機関の情報が抹消されても、「過去に債務整理をした経歴自体は消えない」ということですね。

Q 既存のクレジットカードは自己破産後にどうなる?

A.次回更新日まで使えるケースもあるが、更新日以降は使用が不可能になる。

自己破産を行う際に、既存のクレジットカードはどう扱われるかについてですが、

・自己破産を始める際に、カード自体を裁断して物理的に使えなくする
・カードはそのままだが、カードの更新が行われず期限切れを迎えて使えなくなる。

この二つが主に自己破産前後のクレジットカードの扱いになります。

債務整理を行った時点でカード会社が使用停止の処置をする事も珍しくありません。
持っていても使えないしこれ以上借金は増やしたくない。
ならばいっその事、クレジットカードを裁断してしまおう!
そう考えて債務整理の際に裁断する人も珍しくないようです。

基本的に自己破産を始めることは、既存のクレジットカードとの付き合いは途絶えるとみて良いでしょう。

Q 自己破産後の更新でクレジットカード使用不可って?

A.クレジットカードは使用期限があり、永続的に使えるものではない。

クレジットカードは一度作ったら、解約するまで永続的に使用できるカードではありません。
必ず使用期限というのが設定されており、その期限を過ぎるとカードが使用できなくなります。

通常は使用期限が切れる前のタイミングで、カード会社から更新の通知が来るのですが、その更新の通知を出す前に債務者の信用情報の審査を行い、問題無ければ更新される為、債務整理を行った情報が載っていると、更新自体が行われなくなるわけです。

前述の通り、自己破産を含む債務整理を開始した時点で使用停止となる事もあります。
そうなるとクレジットカードはただの磁気カードに過ぎません。早々に裁断するなり処分した方が良いでしょう。

Q 自己破産後、すぐクレジットカードが作れると聞いた

A.特殊なカードであれば可。しかし詐欺の可能性も高いので手出ししない方が良い

自己破産をしたら5年間の事故情報が登録される事は述べました。
その情報が載っていたら問答無用でお断りするケースがほとんどなのですが、5年経過していないのにクレジットカードを作れたという事もあります。

しかしクレジットカード自体が特殊なカード。
収入が一般人よりも高額、もしくは極めて社会的地位の高い人物向けの高級層所謂エグゼクティブ向けの外資系信販会社等であれば…という特殊なカードの場合です。

一般の方が対象となると、やはり原則5年以上経過しないと無理と考えていいでしょう。

なお電柱等に貼られている、ブラックでも作れる!というような謳い文句のクレジットカードは違法業者である闇金の可能性が高い為
仮に見つけても手を出さない、見つけても無視する方が無難です。

自己破産後は借金に頼らない健全生活を

自己破産前後のクレジットカードに対して、よくある質問と解答を5つまとめました。

基本的に自己破産と同時に、使えるカードはなくなり新規契約も無理です。
自己破産後にはクレジットカードに頼らない健全な生活を送るようになるでしょう。

法人クレジットカードを選ぶ際に比較スべき3つのポイント

法人クレジットカードは個人事業主や会社の社長であれば、是非とも導入を検討しておきたいものです。法人クレジットカードを持てば「信用が上がる」「会計がしやすくなる」「保険サービスなどの各種充実したサービスがうけられるようになる」といったメリットが有ります。

 また、法人クレジットカードを持っている事自体がステータスになりますから、社交の場面でも役立つといったことも見逃せないメリットとして理解しておきたいところでしょう。

 とはいえ、法人クレジットカードにも色々なものがあり、「どんな法人クレジットカードを選んだらよいかわからない」といった人もいるでしょう。一体法人クレジットカード選びをする際にはどこに着目すれば良いのでしょうか。そんな際に注目しておきたい3つの重要ポイントを紹介しておきましょう。

 まず、年会費は大事な比較項目です。法人クレジットカードには色々なものがあり、中には年会費が無料の法人クレジットカードもあります。

 特に零細企業や個人事業主の人にとって、こうした年会費は見逃せないところでしょう。また、年会費無料の法人カードはコストがかからないですが、それだけ各種サービスが貧弱といった欠点があるのは理解しておきましょう。そんな年会費無料の法人クレジットカードにはライフカードの法人クレジットカードやP-oneの法人クレジットカードがありますが、特にライフカードの法人クレジットカードはサービスも無料にしては充実しています。

 他にも、初年度だけ年会費無料の法人クレジットカードを選んで見るのも良いでしょう。例えばJCB法人クレジットカードがその典型です。こういった法人クレジットカードは初年度が終わっても、条件を満たせば年会費が翌年度からも無料になることも多く、お得に使っていく事ができます。

 また、他にも法人クレジットカードを選ぶ際には「法人クレジットカードのグレード」も意識しておきましょう。法人クレジットカードは通常のクレジットカードよりもこの点が重要になってきます。例えば法人クレジットカードにもゴールドカードやプラチナカードといったグレードが有りますが、なるべくならば最上級のグレードの法人クレジットカードを持っておきたいものでしょう。

 そうすることで、法人クレジットカードで支払いをした時などでも「この人はプラチナの法人クレジットカードを使っている」と高印象を与えることができます。

 また、法人クレジットカードにも色々なものがありますが、法人クレジットカードを発行している会社にもグレードが有ります。例えば、JCBなどの法人クレジットカードはどこで使用しても恥ずかしくありません。このようにグレードにも意識して法人クレジットカードは選んでおきたいものでしょう。

 加えて、法人クレジットカードの特典やサービスもしっかりと比較検討しておきたいものです。法人クレジットカードの特典やサービスは色々なものがありますが、だからこそ他の法人クレジットカードとの違いを押さえておきましょう。
 
 例えば、ポイントやマイルの貯まり安さがその一つです。法人クレジットカードは利用する頻度も多くなり、それだけ利用額も大きくなります。そのため、少しのポイント還元率の差が、一年後には大きなものになってくることも少なくありません。

 例えば、ポイント還元率が1%の法人クレジットカードであれば、年間に300万円の経費利用をすれば、実に30万円ものポイントが貯まることになります。このため、年会費が多少高い法人クレジットカードであっても、ポイントが貯まりやすい法人クレジットカードはおすすめなのです。

 また、各種保険の充実具合も見ておきましょう。特に出張が多い人であれば、海外保険がついている法人クレジットカードや空港ラウンジが無料で利用できる法人クレジットカードがおすすめです。他にも、ホテルやレンタカーの手配をしてくれるといった法人クレジットカードもありますから、好みに応じて選んでみましょう。

 加えて、法人クレジットカードの中にはビジネスに役立つ機能があるものも少なくありません。例えば、法人クレジットカードを利用すれば無料で会計ソフトが利用できるクレジットカードもありますし、弁護士や司法書士などに無料で相談できるといった法人クレジットカードもあります。また、社員向けに福利厚生サービスが利用できるものもあります。他にも、商工リサーチなどのデータバンクにアクセスできるものもありますから、法人クレジットカードを選ぶ際にはこのビジネス面でのメリットも比較しておきたいものでしょう。

 このように、法人クレジットカードには比較しておきたいポイントが多いものです。だからこそ、法人クレジットカードを選ぶ際にはなるべく幾つかの法人クレジットカードの資料を取り寄せて比較しておくと良いでしょう。是非ともこの記事を参考にして法人クレジットカード選びに役立ててみてください。

学生だったら、このクレジットカード使用がおすすめ!

クレジットカードとは?

クレジットカードは、お金を持っていなくても買い物をしたり、キャッシングができる便利なカードです。カード会社が支払いを肩代わりし、カード利用者は、後払いをするシステムですが、審査に合格した人だけが利用することを許されます。カードをつくるには、安定した収入があって返済できることが条件です。

学生はクレジットカードがつくれるの?

学生は、定職がないのでカードを自分名義でつくれないと思っていませんか?じつは学生は、クレジットカードがつくれるのです。申し込みは、高校生を除き18歳以上なら、学生も親権者の同意のうえで申込みが可能です。

学生だからこそクレジットカードをつくるメリットとは?

また、クレジットカードには、審査基準があるのですが、学生は社会人とは別のゆるい審査基準で審査されます。なぜかというと、学生はその後に長く会員になってくれるかもしれないので、学生の今から将来の会員として確保したいのです。
審査基準がゆるい学生のときなら、社会人になってからだと審査が難しいカードも手に入れられる可能性が高く、卒業後はそのままステップアップしていきます。だから学生のうちに、カードをつくるとお得なのです。学生のうちに良いクレジットヒストリーをつくると将来、銀行ローンを組むときにも有利です。

学生の審査基準とは?

●親権者

学生は、はじめてカードをつくるので、カード会社には信用情報がありません。そこで、代わりに親権者のクレジットヒストリーをみて年収が高いと審査に通りやすいです。親権者が滞納やブラックリストに載っていると、カード会社によっては不利になることがあります。

●携帯電話料金滞納

最近の携帯電話は、高額なので本体を分割で購入している学生が多いと思います。でも、分割購入なのでローンなのです。気楽に延滞をしていたとしたら、個人信用情報機関に延滞記録が登録されています。つまり、カード審査に落ちる可能性があります。絶対に延滞しないようにしっかりと支払ってください。
ローンと知らなくてもきちんと支払っている学生は、信用ができているのでクレジットカード審査が有利になっているので安心してください。
もし、カード審査に落ちてしまうと落ちたという情報が記録されてしまい、欲しいカードをつくりたいときに落ちてしまうこともあるので、滞納せず信用をかさねて、実績を作りましょう。

審査を有利にするには

親権者がブラックリストに載っていたり、携帯電話料金を滞納していたら、もうカードがつくれないとあきらめてはいけません。審査を有利にしてカードをつくる方法があるのです。

●アルバイト収入

学生はアルバイトをして収入を得ていることが多いです。ひとつのアルバイトを継続していると、定収入があるとみなされます。アルバイト先で大切な役割をし信頼があるからカードで借金をしても、きちんと返済する能力があると審査に通る可能性が高いです。

●申し込みは正確に

どうしてもカードが欲しいからと、アルバイトの収入や年数を多く書いて審査に通っても、後でバレてしまうことがあります。そのときに信用を失ってカードの契約が取り消されてしまうことがあります。他にも親にカードを反対されるからと、親権者の同意書を友達に代筆してもらってもバレる可能性があるので、申し込むときには嘘を書かず、本当の情報を書きましょう。

●カードの多重申し込みは避ける

ひとつのカード会社だけだと落ちるかもしれない、と不安になるのはわかります。そこで「たくさんのカード会社に申し込めばどこか通るはず」と保険を掛けるつもりで、まとめてたくさんのカード会社に申し込むのは、逆に落ちてしまいます。なぜかというと、カード会社は、情報を共有し合っています。そして、多重申し込みがカード会社に判明して「短期間にお金が必要な何か特別な事情でもあるのか」「お金に困っているのかもしれない」と詮索されてしまうからです。必ず、一社のみ申し込みましょう。

●学生専用カードを選択

ステータスの高いカードをつくって友達に自慢したいと思ってはいませんか?社会人でも20代では難しいカードを作ろうと考えてはいませんか?
学生が通りやすいカードがおすすめです。たとえば学生専用カードは、通常は親権者の年収の記載がないので、親権者が低収入やブラックになっている学生もカードをつくれる可能性が高いです。

学生向けおすすめカード

●三井住友VISAデビュープラスカード

学生のために作られたカードなので審査も簡単。
年間費無料(但し、前年1回以上の利用が条件となっています)です。
YISAカード1枚で海外も安心。
25歳を超えると、三井住友VISAプライムゴールドカードに切り替え可能でステータスアップ。

●学生専用ライフカード

海外利用分5%をキャッシュバックで、海外旅行や留学に便利。
海外旅行傷害保険が自動付帯なのは、学生専用カードのみ。
年間費永久無料で、ポイントを貯めるほど還元率がアップ。

●楽天カードアカデミー

学生限定の特典が豊富。
カードブランドは、JCBもしくはVISAを選択できる。
楽天で買い物に便利で、ポイントもたまる。

学生はクレジットカードのメリットを生かそう

学生しか受けられない限定サービスは魅力的です。旅行や留学に便利なうえに節約にもなり、お金の知識も身につきます。クレジットカードは、豊富なメリットがあるので、上手に活用しましょう。

毎月出て行く公共料金。少しでもお得に支払うにはクレジットカード管理がおすすめ

公共料金、必須の支払いのトップの支出

公共料金と言うのは、自動引き落としにしている方も多いと思いますが、その方法だとと何となく毎月勝手に引き落とされて、あまり意識にも上らないものですね。でもこれが、ふと気が付けば結構なお金が毎月引き落とされているものなのです。

この支払を少しでも有効に、そして少しでも節約するには銀行からの直接引き落としよりも、カードでの支払いがおすすめです。

カードでの支払いの場合、ネットにしろもしくは郵送にしろ毎月支払い請求もしくは支払い明細が届きます。

つまりはそこで一旦、金額の確認ができるわけです。勿論検針票での確認も出来ないわけではありませんが、どうしてもチラッと見て終わりになりかねないのが検針票です。それに比べればカードの明細の場合、銀行の残高の関係もありどうしてもチェックが入ることになりますから、公共料金の把握にも役に立つと言うわけです。

ついでにカードの支払い口座を専用の物に

さてカードの支払いで少しはチェックが出来ますけれど、これがメインの口座からの引き落としの場合どうしても、銀行残高にあまり目が行かないことになります。これがちょっと危険なので、あえてカードの引き落とし口座を別に作っておくこともおすすめです。

この口座には残高は極力少なくして置いて、毎月の支払い明細が来たところでその金額分を入れるようにしておきます。こうすることでまいつきのカードの支払いもきっちり管理できますので、少々面倒に思えるかもしれませんがここでひと手間かけておきましょう。このひと手間が、暮らしの節約に一役買うことは言うまでもありません。

ただ、入金忘れだけにはくれぐれもご注意ください、支払い明細が来たら即入金しましょう。

どのクレジットカードがおすすめなのでしょう

メインで使用しているカードで、支払いの時の管理を一本化するか、それとも公共料金専用のカードを作って、徹底的に管理するかの2つの方法があります。どちらでも管理が出来るには変わりがありませんが、普段からカード支払いの多い方の場合は、公共料金専用のカードを作っておくことをおすすめします。

月々のカード支払いが多いとどうしても、金額の把握が面倒になったり大雑把になったりしがちです、専用のカードで管理するほうがはっきりと金額も見えてきます。

カードでの買い物をあまりしない方の場合、一本化して全体的に管理したほうが面倒も無く、支払い明細も管理しやすいので一本化してしまいましょう。これなら無用なカードを増やすことの危険性も、避けられますね。

カードは勿論ポイントを目当てに

今やカードの支払いでポイントが貯まるのは当たり前のことになりました、と言うよりもポイントの貯まらないカードは使用しないと言う人もいるでしょう。

毎月支払いがある公共料金の場合、このポイントを集めるのには最適の支払いでもあります、これを利用しない手はありません。とは言っても、普段利用しないポイントを貯めては意味がありませんので、ここは注意深くポイントの種類も把握しておきましょう。

例えばネットショップで使いやすいポイントは勿論、近くのお店でも使えるし貯められるポイントを扱っているカード会社なら、月々黙っていても一定とも言えるポイントが入手出来て利用もできるわけです。

どうせならこのポイント制、利用しない手はありませんね。

ついでに増やし過ぎたカードの整理もしてしまいましょう

お財布の中やカード入れの中、ふと気が付くと何時の間にかクレジットカードが増殖してたりしますね。でも使ってないと言うカードも、きっと多いはずです。

公共料金の支払いをカードに変えるついでに、このカードたちも整理してしまいましょう。と言いますのも、結構同じ系列の会社のカードが複数枚手元にあったりもします。不要な出費を避けるためにも、同じ系列や同じポイントを扱っているカードは整理してしまうことが節約にも役立ちます。

カードの管理はイコールお金の管理とも言えます、枚数が少なければ管理も楽ですし、加えて情報の流出などの危険も減ります。
おすすめとしては、買い物専用カードと公共料金引き落としカードの2枚です、不安なようでしたら予備にもう1枚持っていれば充分です。

公共料金の支払い方法の見直しついでに、カードの見直しもしてしまいましょう。

カード支払いは倹約の第一歩

いかがでしょうか、カードの支払いと言うのは時には使い過ぎての危険性もはらみますが、公共料金などの支払いについてはメリットが多い支払い方です。
これを機会に、切り替えてみてはいかがでしょう。

知ってそうで知らなかったクレジットカード還元率TOP5

1位P-one Wiz

P-one Wizはカードを発行してから半年間は2.5%還元、半年以降は1.5%還元となっています。還元率が断トツで高いです。
この中身が公式を見ただけでは複雑なので簡単に説明します。
まず、一つ目の特典としてP-one Wizは1か月間利用した金額の1%を
還元してくれます。還元というよりかは値引きという言い方の方が正しいでしょう。
二つ目の特典は「ポケットポイント」です。

P-one Wizは1000円分購入することで1ポイント還元される仕組みになっています。
これは完全にポイント還元です。ポイントを金額に置き換えると1ポイント=3円
ここでさらに、そのポイントを「Tポイント」にすることで、3円→5円になります。
還元率でいうと0.5%なのです。
特典1+特典2で1.5%となるわけです。
半年まではTポイントに変えると還元率が3倍になるので、0.5%×3=1.5%となり
合計で2.5%の還元率となります。

2位オリコカード・ザ・ポイント

このカードはなんと言っても、ネットで買い物をする人にもってこいのクレジットカードです。
まず、ネット以外の買い物だと1%還元なのでそこまで高くはありません。
しかし、オリコモールというサイトを利用してネット通販をするだけで0.5%還元してくれます。
オリコモールの利用はとても簡単で、オリコモールにログインをしアクセス→好きなサイトを選ぶ→買い物をするというとてもシンプルな手順です。

オリコモールでは約600のサイトから選ぶことができて、Amazon・Yahoo!・楽天など大手のショッピングサイトもあるので、ネットが好きな方は満足いくのではないでしょうか。

この時点で1.5%還元なのにさらに、ショッピングサイトごとのポイントが加算されます。
Amazon・Yahoo!の場合だと0.5%還元があり合計2%還元になります。
楽天の場合だと利用するサイトによっては15%還元されることもあり、最大で16.5%還元ということになります。
さらに、カードを作って半年間は1%還元率UPなので、Amazon・Yahoo!・楽天で買い物をすると3%以上還元するということになります。

3位レックスカードライト

価格.COMが作っているカードです。
名前の通り「ライト」と付いているので、50万円と限度額が低いのが特徴です。
そして、どこで利用したとしても還元率1.25%と変わりません。

このお店では使える・使えないと覚えるのが面倒だという方にはピッタリなクレジットカードと言えます。
さらに、リボ払いにすると1.75%還元になります。

貯まっているポイントは、クレジットの請求値引きにそのまま使えるのでとても便利です。
Tポイントに変えたりギフト券にしたりするのが面倒だ、シンプルなクレジットカードが良いという方にオススメです。
クレジット機能だけではなく、旅行保険も付いておりその額最高2000万円と手厚いものです。
50万円までしか使えないと思うのか、それで十分だと思うのかでだいぶ変わってくるかと思いますが、低額で良いのならとてもオススメなクレジットカードです。

4位リクルートカード

リクルートと言えば、「じゃらん」「ホットペーパー」「ホットペーパービューティー」を想像されると思います。
そんなリクルートが出したクレジットカードですから、それらを利用する人にもってこいのクレジットカードです。
まず、通常どこで利用しても1.2%還元してくれます。

さらに、「ポンパレモール」というショッピングサイトで買い物をすると最大4.2%還元してくれます。それらのポイントはリクルートサイトのグルメ・美容・旅行どこでも使えます。

リクルート以外にもPontaポイントに変える事ができるので、Pontaカードが使えるお店で利用することも可能です。
リクルートカードは電子マネーとしても活躍します。

リクルートをVISAにすると楽天EdyやSuicaなどを電子マネーチャージした時にポイントが貯まっていきます。JCBにするとnanacoをチャージした時にポイントが貯まっていきます。
両者とも1.2%還元されるので、自分が頻繁に使う方に合わせると良いでしょう。

5位Yahoo!JAPANカード

このカードはなんと言っても「Tポイント」が貯まるということではないでしょうか。
まず、通常買い物をした時に1%還元されます。
そして、ファミマやガスト、TSUTAYAなどTポイントに登録している店舗で利用した場合は、さらに1%還元されるので合計で2%還元されることになります。

これはクレジットで買い物をしなくても、見せるだけで1%還元されます。
しかし、「Yahoo!JAPANカード」が最も活躍するのは、やはりYahoo!ショッピングです。
Yahoo!ショッピングで、買い物をするとその利用額の3%ポイントが付きます。

これは期間限定とかではなく毎日付いている特典です。
どんな時でも3%OFFで買い物ができるということなんです。
さらに、VISA・JCB・Mastercardなど大手のカード会社との提携があるので、多種多様な使い方ができるのではないでしょうか。

日常生活に合ったカードを選ぼう!

様々なクレジットカードを紹介してきましたが、使い方によって還元率が最大限に活かせたり、もったいない使い方になってしまったりします。
ネットで買い物をしないのにオリコカードを作ってもあまり意味がありませんからね。
自分の生活の中でどれだけ還元率を高くできるのかを考え、クレジットカードを発行することをオススメします。

色々な場所でクレジットカードをおすすめされる訳とは。

クレジットカードのおすすめはポイントがポイント

お財布の中はポイントカードでいっぱい、なんて人は少なくないのではないでしょうか。
現在では、あらゆるところにポイントが溢れていますが、クレジットカードもその例外ではありません。

クレジットカードのポイントは、実際のお店で支払いのときに使えるものもあれば、何か商品と交換できるものもあります。
ポイントを貯めること自体が趣味みたいになってしまって、なかなか使えないなんて話も聞きます。

それだけポイントを貯めるのは楽しいことだともいえますが、楽しく貯めて、賢く使えば、得ができます。
これはクレジットカードの代表的な魅力のひとつといえるでしょう。

自分に合ったポイントが貯められるクレジットカードを選ぶと、楽しく、賢く、得ができます。

おすすめのクレジットカードで楽々ネットショッピング

アジアのネット先進国の人たちは、平均して週に2回ネット通販で買い物をするのだと、まさに今しがたニュースでいっていました。
いまやインターネットで欲しいものがすぐに手に入る時代になりましたね。

わざわざ出かけなくても、買い物ができる。お米や飲み物など、重いものも部屋の前まで届けてくれる。
日常生活の中で、ネット通販はなくてはならないものになりつつあります。

このネット通販で買い物をするとき、支払い方法としてクレジットカードがお得です。
銀行振込では振込手数料がかかる場合があります。

代金引換では代引き手数料がかかります。
クレジットカードでは、これら別途手数料がかかることがありません。
これも間違いなく大きなメリットであるといえますよね。

おすすめのクレジットカードは格安スマホに必須

格安スマホという言葉を聞いたことのない人は、いまや少ないのではないでしょうか。
格安スマホとは、ドコモ・au・ソフトバンクといった大手キャリア以外の通信事業者(MVNO)と契約して、安い料金で使えるスマートフォンをいいます。

大手キャリアにおける平均月額使用料は6500円ともいわれ、格安スマホに乗り換えることで、これを3000円程度に抑えることができた人も多いようです。

この格安スマホの決済にはクレジットカードが必須です。
銀行振込ができるMVNOもありますが、選択肢の幅がかなり狭まってしまいます。

選択肢は多いに越したことはありませんし、一番お得なMVNOと契約したいといった場合、やはりクレジットカードが必要になるでしょう。

毎月の支払いでさらにポイントがもらえるとさらにお得ですね。

タイム・イズ・マネーにクレジットカードがおすすめ

財布の中身が少なくなると、銀行のATMで引き出しますよね。
給料日、会社の昼休みにお金をおろそうと思ったら、ATMには長蛇の列が。

「時は金なり」の格言にあるように、時間は貴重なものです。
クレジットカードをもっていれば、こうした時間を他のことに、有効に活用できるでしょう。

上の例では、お昼ご飯をゆっくり味わうゆとりが生まれます。
基本的にクレジットカードはほとんどの決済を簡便化してくれます。

レジでお金を数えなくても、クレジットカードを1枚渡せば、支払いが済んでしまいます。
日々のちょっとした時間の無駄が省けます。ちょっとした時間でも、積もり積もれば膨大なものです。

これもまたクレジットカードのメリットといえるでしょう。

クレジットカードのおすすめは現金を扱わないこと

現金を持ち歩くということは、それだけで、防犯の観点からはデメリットになります。
財布を落とす、あるいは盗まれるといった可能性は決してゼロではありません。
クレジットカードは、不正利用をされた場合でも、それを補償してもらえます。

また、現金では、支払いの際におつりが少なかったり、小銭を落としたりと、管理の面でも不便です。
家計簿をつけている方などは、これによって毎月若干の誤差が生じている人がいるのではないでしょうか。

すべての支払いをクレジットカードで行えば、この心配は不要になります。
利用額は、インターネット上で確認できるので、お金の管理もしやすいです。

この点においても、クレジットカードは、節約志向の方にとっては、とくに有効なアイテムであるといえるでしょう。

理由を合わせるとクレジットカードはやっぱりおすすめ

ネット通販や格安スマホをお得に使えるクレジットカード。
さらに、現金を使わないことで、防犯面を強化でき、時間もお金も節約できます。

さらにさらに、あらゆる支払いを一本化することで、ポイントが効率的に貯まります。
以上の理由から、やっぱりクレジットカードをおすすめします。

普通のサラリーマンでも作れるおすすめの法人クレジットカード

法人向けクレジットカードについて

法人クレジットカードとは何でしょうか?

これは名前の通り、法人向けに作られたクレジットカードのことです。ちなみに法人というのは株式会社や有限会社のことです。

法人カードやコーポレートカード、ビジネスカードなどといったカードを発行している会社やサービス内容によって呼び名は異なります。ビジネス関連の支出のために発行されているクレジットカードが法人クレジットカードと呼べるでしょう。

普通のサラリーマンでも作れます!

最近は、法人ではない個人事業主でも作ることができる法人カードが増えています。開業をしていないただの社会人でも作れるビジネスカードが増えてきています。

法人じゃないともてないカードが法人カードであるという概念は崩れつつあります。会社経費精算で自分のカードを使うことが多いという方であったり、飛行機を利用した出張が多いというのであれば法人カードをつくるという選択もよいでしょう。

法人クレジットカード利用でのメリットについて

法人クレジットカードのメリットについて紹介をしていきます。
まず経費の支払いに使えるというメリットがあります。知らない人が多いと思いますが、個人向けクレジットカードの場合、会社経費の支払いに利用することは基本的にできません。契約違反にあたるからです。

次のメリットとして、法人向けクレジットカードであればどうどうと使えるというのがメリットとしてあげられます。法人クレジットカードは仕事で使うことを前提として作られていますので、商品の仕入れに利用したり、出張費の精算に使ったり、仕事での支払いについてどうどうとクレジットカードを使うことが出来ます。

次のメリットとして、経費の支払いを区別することが可能になることです。法人向けのクレジットカードをは、経費の支払いを専門のカードに分けておくことで、会計の処理がしやすくなります。ふつうのクレジットカードだと家計も仕事も区別なく利用すると、経費精算が面倒なのですが、仕事専用のクレジットカードをつくることで一括で経費を支払うことが可能になります。

次のメリットとして、カード決済すれば支払いが電子データになることです。現金で支払うのではなくカードで支払うことでメリットが得られます。

現金で経費を支払うと、領収書をもらって日付や勘定科目や金額など会計ソフトに入力していかなかければなりません。法人カードですと、クラウド会計ソフトを使うので法人カードと連動させることで自動的に記帳をすることが可能になります。

次に紹介するメリットとしては、法人向けクレジットカードは社員にも使わせることができます。法人向けクレジットカードを会社に導入することで社員にそのカードを渡せば経費精算が楽になります。

おすすめのクレジットカードについて

アメックスのビジネスゴールド・・・個人事業主でも作ることが出来る代表格的な存在がアメックスのビジネスゴールドになります。
サービス内容がとても充実しているのでオススメです。ぜひ利用していただきたいです。

オリコEx Gold for Biz・・・オリコカードが発行しているビジネスゴールドカードが「オリコ Ex Gold for Biz」になります。年会費がとても安く、2000円という値段設定になっていて、破格の値段で法人クレジットカードを使うことが出来ます。

個人事業主でも策積できる審査基準が採用されているため、会社経営者はもちろん、自由業の人にもオススメの法人クレジットカードなのです。また、2015年より電子マネー内臓カードになりましたのでより便利なクレジットカードになりました。

セゾンビジネスプラチナカード・・・セゾンカードが発行しているものになります。ゴールドよりランクが高いプラチナカードです。ビジネス向けのカードにもステータスを求めている方にオススメのカードになります。

楽天プレミアムカード・・・楽天ポイントが貯まるクレジットカードとして人気の楽天カードですが、楽天にはビジネスカードがあります。

楽天ビジネスカードというものですが、楽天プレミアムカード保有者が追加料金を支払うことでもてるビジネスカードになります。やはり楽天ポイントも貯まるというところがいいです。

ダイナーズクラブビジネスカード・・・ダイナースクラブの法人クレジットカードになります。ダイナースクラブと聞くと、敷居が高いというイメージを持ちますが、そんなことはありません。個人事業主でもつくることができるので大丈夫です。

法人カードには決済機能だけではなく他にサービスがほしいという方にオススメです。

まとめ

上記のように様々な法人クレジットカードを紹介しました。
これ気になるというものがあればぜひインターネットなどで調べてみるとよいです。

年会費が掛かるので誰でもつくろうというわけにはいきませんが、利用する機会が多々ありそうという方は作っておいて損はないので、調べてみて自分にあったものを探して、このサービスいいなとか考えて、年会費等と相談して決めてみるとよいです。

どうやって使う? クレジットカードを選ぶ基準と使用方法

選ぶ基準とは? 投資目的で利用する場合

「投資目的でクレジットカードを利用するの?」と思われる方も見えるかもしれませんが実は利便性が大変良く、利用するだけでポイントが付くクレジットカードは投資の一環として使われている事が多々あります。
その際に選ぶ基準としては「代理店でカード発行をしない」という点が最も重要です。
理由としては代理店だとトラブルの際に対応が出来ないケースが多々あるからです。

スーパーや家電量販店など様々なところで発行できるクレジットカードですが、VISAやMaster、JCBなどから直接発行できるカード権を持っているのはオリエントコーポやジャックスなど数社しかありません。その他の企業は代理店としてカードを発行しているだけです。

カードをお持ちの方は裏面を見てみると分かり易いですが実際に発行したのがスーパーなどであったとしても発行社はジャックスなどと記載がされているはずです。
この発行者からカードを作っておくという事を投資目的の場合には注意して下さい。

もし、代理店で発行をしてしまうと「スキャミング」や「詐欺」にあった際に発行会社に問い合わせをしなければいけない為、発行停止が迅速に行えずお金が取られてしまったという事になる場合もあります。

その他にも「決済の際に上手く引き落としがされていなかった」・「引き落とし先を変更したいが発行会社から資料を請求してもらわないとできない」などといった事もありますのでこういった事を避けるためにも「代理店ではカードを発行しない」という点を投資目的の場合は押さえておくことをオススメします。

選ぶ基準とは? 生活費目的で利用する場合

生活費と言われる衣食住の支払用にクレジットカードを作る場合であれば「自分が良く利用するお店でクレジットカードを発行するようにする」というのが基準に出来ます。
理由としてはどんなクレジットカードでも大抵ポイントとして1%前後付くからです。
その為、利用する頻度の多い店舗で発行しておけばポイント還元率が良かったり会員限定割引で商品が買えたりします。

また、ポイントで商品をタダで手に入れることも出来ますので家計のやりくりという面でも大変助かります。
その他にも公共料金をクレジットカード払いにしておくことも上手な運用方法と言えます。

毎月定期的に支払う費用ですのでクレジットカード払いにしておけばポイントが知らず知らずの内に貯まっていきます。月々で見たら微々たるものですが年で見ればポイント還元率1%でも結構貯まりますので利用額上限に余裕がない方以外はやっておくことをオススメします。

賢い利用方法とは?

お勧めの利用方法としては「上限金額の3分の2の金額を毎月使う」という方法があります。これは上限金額が30万円であれば20万円まで使う、50万円であれば34万円程度枠を使うというやり方であり実際にお金を使うというやり方ではありませんので出費をしろというわけではありませんので心配は入りません。

やり方としてはまず、月々クレジットカードで支払いが出来る者はなるべくクレジットカード経由で支払が出来るようにしておきます。この必要経費を引いても余る金額については投資信託やFXなどの口座でクレジットカードで入金ができ、手数料がかからない物がありますのでそちらに振込振込みをしましょう。

さて、ここまでやるとクレジットカードは20万円・34万円程度利用しているおかげでポイントがかなり貯まる状態になります。
実際の使用額としても投資信託などの講座に振込をしているだけですので必要な時に手数料無料で引き出すことも出来ますので毎月必要な経費しか使わずにポイントをガッツリと溜めることが出来ます。

手順としては投資信託などの講座を開設する→クレジットカードの利用上限額を確認する→毎月の必要出費をクレジットカード経由にする→上限の3分の2よりも余っている金額を口座に移すという4ステップです。

多少手間はかかりますが実際使用額に対してポイント還元率が5%以上にすることも出来ますのでポイントで色々な物を買いたいという方は手間を惜しまずにやってみましょう。

クレジットカード利用時の注意点とは?

利用時の注意点としては「リボルビング払い」にしないというのが最も重要な注意点です。
これはクレジットカード会社によっては登録時に確認はしてくれるものです。
しかし、中には自動リボ払いというシステムによって月の支払額が■万円以上に達した際には自動でリボ払いにシフトするものもありますので注意が必要です。
理由としては「リボ払いの利率がかなり高い」という点にあります。

金融会社などで借りるキャッシングなどよりは安いものの年利9%前後がリボ払いの利率の相場です。20万円使った際に自動12分割リボ払いにシフトしてしまった場合だと支払完了時には22万円程度支払をしてしまっており、利息の2万円が非常に高額です。
クレジット明細をマメに確認する人ならばすぐに気付いて対処ができますが、大抵の方は見ない場合が多いですのでリボ払いになっていないかどうか確認するようにしましょう。

支払が滞った場合でも利息は付いてきますのでお金で困らないという点でもこの点だけは押さえておきましょう。

クレジットカード発行にお勧めの企業とは?

お勧めの企業としては「楽天カード」が最もお勧めできます。
理由としては利便性が高い・商品の種類が多種多様・ポイント還元率が1%前後と還元率が良いなどがあるからです。

また、発行手続きが簡単であることやポイントが発呼するだけで付いてくるというお勧めできるポイントの1つです。
楽天カードの場合は楽天市場で買い物をするとポイントが付くのはもちろん、VISAなどに対応しているお店での買い物であれば楽天市場よりもポイント付与率は低いもののポイントが付きます。

そのため、緊急時に使う際でも日用品の購入などで使った場合でもポイントを付与していけるためこのカード1枚でもいいですので持っておきたいところです。

また、楽天銀行を同時に開設しておけばポイント交換なども行えますので他にポイントカードを複数持っている方にはポイントを纏められるという点で便利かも知れません。

もし、クレジットカード発行で悩んだ時があればまずは楽天カードを発行しておくことが無難だと言えます。

クレジットカードは怖いというけれど…実際のところは?

クレジットカードは実際に現金を使う訳ではありませんので使い過ぎてしまったり、手続きが面倒だったりとデメリットも確かにあります。

しかし、クレジットカードの選び方や使い方さえ間違えなければ誰でも使える便利なお助けアイテムになりえるのも事実です。
過度に頼りすぎるのではなく、どこまで使って良いのかどう使うべきなのかに注意して使用することで自分の生活に+αの利益を生み出すことも出来ますので正しい知識を身に付けることが重要です。

今後社会で生活していく上でクレジットカードのお世話になる機会は最低1回はあるかと思います。
その際に正しく使用する為にも正しい基準と使用方法を覚えておくことが重要ですのでこの記事の要所、要所だけでも押さえておくようにしましょう。

まだ、クレジットカードお持ちでない方はこれをきっかけに1枚持ってみてはいかがでしょうか。

クレジットカードに審査落ちしてしまう理由

クレジットカードの審査に用いられる情報とは?

クレジットカードを申し込む際には、自分の年収や勤務先・勤続年数などの個人情報を記載した申込書を、クレジットカード会社に提出します。クレジットカード会社では、その情報をもとに審査を行っています。

ただし、注意したいのは、クレジットカード会社は「申込書に記載された内容」だけで審査をしているわけではないという点です。申込書に記載された内容はあくまで自己申告のものですから、その他にも客観的な情報として「個人信用情報機関」に登録された申込者の情報を照会しているのです。

ですから、もしクレジットカードの審査に落ちてしまった場合、「申込書に記載した内容」か「個人信用機関の情報」のいずれかに問題があることがほとんどです。

申込書の内容はどのようにチェックされるのか

クレジットカードの入会申込書に記載した内容は、どのように判断されるのでしょうか。クレジットカード会社にとってもっとも重要なのは、その人に安定した返済能力があり、お金を貸しても安心か、という点です。

返済能力の有無を判断するときの重要な要素が「年収」と「勤務先」です。この2つの要素は両方とも重要視されます。仮に年収が高くても、勤務先が自営業や自由業などの比較的不安定とされる職業だった場合は、安定的に返済能力を維持できるのか、という点が不安材料となってしまいます。

逆に、年収が多少低い場合でも、勤務先が公務員などの安定した職業だった場合は、安定した返済能力が評価される傾向にあります。そのため、「年収」と「勤務先」に問題がなかったか、チェックしてみることをおすすめします。

個人信用情報機関とは何か

先ほど、クレジットカードの審査は「申込書」と「個人信用情報機関」の情報によって行われることをご紹介しました。では、2つ目の個人信用情報機関とはどのような組織なのでしょうか。

個人信用情報機関は、クレジットカードの返済状況や、貸金業者からお金を借りている状況などが、個人別に蓄積されている情報機関です。特にクレジットカード会社の場合、信用情報機関の一つであるCIC(Credit Information Center)に加盟していることが多く、CICに月々の支払状況や支払い残高などの情報を提供しています。

そのためクレジットカード会社では、入会申し込みを受けるとCICのデータベースにアクセスすることで「この人は今まできちんと期日までに返済していたのか」という情報を得て、審査に利用しているのです。

個人信用情報機関に登録される情報とは

では、具体的に個人信用情報機関であるCICにはどのような情報が登録されるのかについてご紹介します。
まず、すでにクレジットカードを保有している場合、そのクレジットカードの支払状況が登録されます。

主なものでは、契約日・契約額(クレジットカードの利用可能額のこと)・請求金額のほか、過去24ヶ月間の入金状況があります。
特に、引き落とし日に引き落としができていない場合、その月の入金がなかったことになり、自分の信用情報に傷がついてしまいますので、注意が必要です。

これらの情報は、CICに加盟する会社であれば、必要に応じて閲覧することができます。クレジットカードを申し込んだ際にも、CICの情報が閲覧されるため、他のクレジットカードの過去の支払状況が悪いことが理由となって審査落ちする可能性があります。

クレジットカードに審査落ちしたときの対処法

クレジットカードに審査落ちしてしまったら、まずは自分の信用情報を自分で閲覧してみることをおすすめします。信用情報に問題があると、他の属性などは考慮せず、問答無用で審査落ちにするクレジットカード会社も多いためです。

CICでは、インターネットや郵送・窓口などで信用情報を本人に開示するサービスがあり、特にインターネットを利用すると、即時に自分の信用情報が表示されます。このようなサービスを利用して、自分の信用情報を確認してみてください。

CICに提供された情報は決められた期間を経過すると自動的に削除されます。そのため過去の入金状況などで問題がある場合は、CICからその情報が削除されてからクレジットカードの申し込みをするようにしましょう。

重要なのは審査のプロセスを知ること

クレジットカードの審査は様々な要素を加味して行われ、またカードによって審査基準もまちまちです。しかし、審査の基本的なプロセスは共通しています。審査の仕組みを知ることが、クレジットカードの審査落ちを防ぐことにつながります。

どこが狙い目?審査が甘いクレジットカード

クレジットカードの申し込みで行われる審査

クレジットカードを作成するにはカード会社が行う審査に通過しなくてはいけません。審査は定期収入や金融情報などをもとにカード会社独自の基準に基づいて判断されますが、審査の厳しさはカード会社によって大きく異なります。

なんの問題もなく生活できているのに審査に落ちてしまうこともあれば借り入れやローンが残っているのにすんなりとクレジットカードの発行が認められることもあります。

一度クレジットカードの審査に落ちてしまうと落選情報が金融会社感で教諭されてしまうため、数ヶ月の間は他のカードに申し込んだとしても審査落ちする確率が格段に跳ね上がってしまいます。確実にクレジットカードを手にしたいのであれば、審査の甘いクレジットカード会社を探すことが重要です。

消費者金融系のクレジットカードは審査が甘い

クレジットカードは運営母体であるカード会社によっていくつかの系列に分類されますが、中でも審査の甘さに定評があるのが消費者金融系のカード会社が発行するクレジットカードです。

消費者金融系のクレジットカードは審査基準が消費者金融の利用申し込み審査に近く、定期収入が会って金融事故履歴のない方であれば殆ど審査落ちすることはないと言われるほど基準が甘くなっています。

カードの機能的にも他社に劣るものではなく、とにかくクレジットカードがほしいという方は消費者金融系のカードがオススメです。

消費者金融系クレジットカードの代表「ACマスターカード」

消費者金融系クレジットカードの代表と言われる「ACマスターカード」は世界で使えるマスターカードブランドのクレジットカードなので海外でも利用可能、券面デザインもシンプルで消費者金融のイメージを感じさせず普段使いから旅行先での買い物までこれ一枚で済む非常に便利なカードです。

ポイント還元プログラムや旅行保険、ショッピング補償などの付帯サービスがないのが残念ですが、紛失保障と盗難補償に関しては付帯しているので万一カードを悪用されてしまっても安心です。海外でトラブルに巻き込まれた時に相談できるサポートサービスもあるので、安心して海外旅行が楽しめます。

発行スピードも大きな魅力

消費者金融系クレジットカードには審査の甘さ以外にも魅力があります。それは「発行スピードのはやさ」です。

一般的なクレジットカードは審査にある程度時間がかかるため、申し込みからクレジットカードの実物を手にするまでに平均で1週間から10日程度かかります。それに対して消費者金融系のクレジットカードは全般的に手続きにかかるスピードがはやく、審査をスムーズに通過できれば最短で即日発行も可能です。

海外出張など急にクレジットカードが必要になった場合、申し込み先は審査も甘く即日発行可能な消費者金融系クレジットカード一択になるでしょう。

流通系カードも審査が甘い

流通系に分類されるクレジットカードも審査が甘いことで有名です。流通系カードとはデパートは大型スーパー、通販サイトなどが発行しているクレジットカードで主に主婦や若年層をターゲットにしているので審査基準も甘めに設定されています。

流通系カードは店頭で申込手続き可能なものが多く、中にはその場で審査結果がわかるものもあります。専業主婦の方でも発行可能であることが多く、定期収入がない学生でもカード審査に通過できる可能性もあります。

特典が大きい流通系カード

流通系のクレジットカードは顧客囲い込みを目的とした特典が用意されているのも魅力の一つです。買物金額に応じたポイント還元率アップや特別セールの開催など、系列店舗を利用する頻度が多いほど大きなメリットを受けられます。

審査基準が甘いため、利用限度額が低目に設定されていたり付帯保険が用意されていなかったりと若干のデメリットもありますが、普段使いのクレジットカードとして利用するのであれば大きなマイナスはありません。毎日の買い物をカードで払えば自然と利用頻度も多くなり、ポイントもたくさん貯められるというメリットが生まれます。

作りやすく使いやすい「イオンカード」

流通系クレジットカードの中でも審査の甘さと使いやすさに定評があるのが「イオンカード」です。
イオンカードは全国のイオン系列店舗でお得なサービスが受けられるカードで、定期的に実施される利用者拡大キャンペーン期間中は更に審査基準が甘くなり、審査通過のハードルが下がります。

クレジットカードとしても優秀で選べる国際ブランドはVISA、MASTER、JCBの三種類。更にイオン系列店舗で便利に使える電子マネー「WAON」機能も一体となっているので、電子マネーでの支払いにも対応しています。

審査が甘いカードでも落ちることはある

審査が甘く作成難易度が低いクレジットカードを紹介してきましたが、審査が甘いからといって必ずクレジットカードが作成できるとは限りません。

過去に金融事故を起こしてブラックリストに名前が載っている、別のカード会社の審査に落選したばかり、定期収入がない、などカード会社からみて問題がある人物の申し込みに対してはいくら審査が甘いといっても落とされることがあります。

審査基準は各社とも非公開なので、ある日突然審査が厳しくなってしまう可能性もあります。審査の甘さ以外にもサービスの充実度や利便性なども総合的に考えて申し込むカードを選んでください。