毎月出て行く公共料金。少しでもお得に支払うにはクレジットカード管理がおすすめ

スポンサーリンク

公共料金、必須の支払いのトップの支出

公共料金と言うのは、自動引き落としにしている方も多いと思いますが、その方法だとと何となく毎月勝手に引き落とされて、あまり意識にも上らないものですね。でもこれが、ふと気が付けば結構なお金が毎月引き落とされているものなのです。

この支払を少しでも有効に、そして少しでも節約するには銀行からの直接引き落としよりも、カードでの支払いがおすすめです。

カードでの支払いの場合、ネットにしろもしくは郵送にしろ毎月支払い請求もしくは支払い明細が届きます。

つまりはそこで一旦、金額の確認ができるわけです。勿論検針票での確認も出来ないわけではありませんが、どうしてもチラッと見て終わりになりかねないのが検針票です。それに比べればカードの明細の場合、銀行の残高の関係もありどうしてもチェックが入ることになりますから、公共料金の把握にも役に立つと言うわけです。

ついでにカードの支払い口座を専用の物に

さてカードの支払いで少しはチェックが出来ますけれど、これがメインの口座からの引き落としの場合どうしても、銀行残高にあまり目が行かないことになります。これがちょっと危険なので、あえてカードの引き落とし口座を別に作っておくこともおすすめです。

この口座には残高は極力少なくして置いて、毎月の支払い明細が来たところでその金額分を入れるようにしておきます。こうすることでまいつきのカードの支払いもきっちり管理できますので、少々面倒に思えるかもしれませんがここでひと手間かけておきましょう。このひと手間が、暮らしの節約に一役買うことは言うまでもありません。

ただ、入金忘れだけにはくれぐれもご注意ください、支払い明細が来たら即入金しましょう。

どのクレジットカードがおすすめなのでしょう

メインで使用しているカードで、支払いの時の管理を一本化するか、それとも公共料金専用のカードを作って、徹底的に管理するかの2つの方法があります。どちらでも管理が出来るには変わりがありませんが、普段からカード支払いの多い方の場合は、公共料金専用のカードを作っておくことをおすすめします。

月々のカード支払いが多いとどうしても、金額の把握が面倒になったり大雑把になったりしがちです、専用のカードで管理するほうがはっきりと金額も見えてきます。

カードでの買い物をあまりしない方の場合、一本化して全体的に管理したほうが面倒も無く、支払い明細も管理しやすいので一本化してしまいましょう。これなら無用なカードを増やすことの危険性も、避けられますね。

カードは勿論ポイントを目当てに

今やカードの支払いでポイントが貯まるのは当たり前のことになりました、と言うよりもポイントの貯まらないカードは使用しないと言う人もいるでしょう。

毎月支払いがある公共料金の場合、このポイントを集めるのには最適の支払いでもあります、これを利用しない手はありません。とは言っても、普段利用しないポイントを貯めては意味がありませんので、ここは注意深くポイントの種類も把握しておきましょう。

例えばネットショップで使いやすいポイントは勿論、近くのお店でも使えるし貯められるポイントを扱っているカード会社なら、月々黙っていても一定とも言えるポイントが入手出来て利用もできるわけです。

どうせならこのポイント制、利用しない手はありませんね。

ついでに増やし過ぎたカードの整理もしてしまいましょう

お財布の中やカード入れの中、ふと気が付くと何時の間にかクレジットカードが増殖してたりしますね。でも使ってないと言うカードも、きっと多いはずです。

公共料金の支払いをカードに変えるついでに、このカードたちも整理してしまいましょう。と言いますのも、結構同じ系列の会社のカードが複数枚手元にあったりもします。不要な出費を避けるためにも、同じ系列や同じポイントを扱っているカードは整理してしまうことが節約にも役立ちます。

カードの管理はイコールお金の管理とも言えます、枚数が少なければ管理も楽ですし、加えて情報の流出などの危険も減ります。
おすすめとしては、買い物専用カードと公共料金引き落としカードの2枚です、不安なようでしたら予備にもう1枚持っていれば充分です。

公共料金の支払い方法の見直しついでに、カードの見直しもしてしまいましょう。

カード支払いは倹約の第一歩

いかがでしょうか、カードの支払いと言うのは時には使い過ぎての危険性もはらみますが、公共料金などの支払いについてはメリットが多い支払い方です。
これを機会に、切り替えてみてはいかがでしょう。

(PR)ビットコイン買うなら『coincheck』
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
(PR)ふるさと納税なら「さとふる」

SNSでもご購読できます。