クレジットカードを作る際に知っておきたい重要比較ポイント

そんな比較ポイントとして、まず最初に見ておきたいのが年会費の有無です。年会費がかかるかどうかは大きなポイントであり、特にクレジットカードをめったに使わない人には大事なところです。

クレジットカードは数年単位で持つものですから、年会費が数千円でも数年経つと積もり積もってかなりの額になってしまいます。特にクレジットカードを数枚持っている場合には年会費の弊害も大きくなってきます。

年会費が初年度は無料だからと軽く考えてクレジットカードを作ってしまうデメリットがここにあるのです。だからこそ、クレジットカードを持つ際にはしっかりと年会費のことは考えておきましょう。

 年会費が優良なのであれば年会費を支払うだけの価値はあるのかはしっかり検討しておきたいものです。例え年会費が一万円であっても、マイレージが貯まりやすいカードであれば旅行をする人などには逆にお得になることもあります。逆に年会費が千円でも無料のクレジットカードと比べて特に利息などの点でもメリットがないようであれば作るのは控えておきたいものでしょう。

 この年会費以外にも比較しておきたいのが数々のオプションです。クレジットカードによってはETCカードにもなるものや自動車保険がつくものもあり、オプションがどういったものがあるのかはクレジットカードを作る前にチェックしておきたいものです。

 また、ポイントが使用時にどれくらいつくのかは必ず確認しておいてください。特にクレジットカードの利用頻度が高い人の場合にはポイントの付き方次第でかなりの差がでることがあります。このポイントの貯まり安さはクレジットカードによってかなり特色がありますから、クレジットカードを作る前にはしっかりと自分のショッピング傾向に合わせたクレジットカードを選ぶようにしておきましょう。

 合わせて、クレジットカードの利息も気にかけておきたいものです。クレジットカードの利息は様々であり、利用時に大きな負担となってきます。特にリボ払いを利用する際にはこのような利息の差は大きく感じられるでしょう。
 また、クレジットカードのブランドも注意しておきましょう。

ブランドはVISAやマスターカードなどがありますが、ブランドによって大きな差があります。

例えばブランドによってはデパートではほとんどの店舗で対応しているけれども、他のブランドのクレジットカードだとデパートでは使いにくいこともあるといったように使用できる店舗に違いがあります。特に海外旅行した際にこのブランドの差は明確です。どこでも使用しやすいといったブランドを選びたいのであれば、やはりVISAはオススメです。

とはいえ、マスターカードと一緒に使っていけばほとんどの店舗でクレジットカードが問題なく使えるようになります。そのため、クレジットカードのブランドとしてはVISAとマスターカードのそれぞれのクレジットカードを持っておくのが最良でしょう。

 クレジットカードを選ぶ際にはカスタマーサービスの質も大きなポイントです。クレジットカード会社によってはカスタマーサービスが貧弱で、「クレジットカードを落とした」といったような際に対応してもらえないこともあります。このようなクレジットカードを持っていると危険ですから、なるべくカスタマーサービスがしっかりしているところを選ぶようしておきましょう。

このようなカスタマーサービスは実際にクレジットカードを使用してみないとわかりにくいものですが、ネットのクレジットカード比較サイトにはカスタマーサービスの評判も乗っています。こういったものを参考にするのもオススメです。

 また、グレードアップできるクレジットカードなのかどうか確認しておくことも大事です。クレジットカードによっては使用している最中に「もっと利用限度額を増やしたい」といった際に増やせるものがあります。このようなクレジットカードは大変便利であり、長く利用していけます。ものによってはプレミアムプランに変更するなどの手続きも簡単にできるものもありますから、クレジットカードを利用する際には検討してみてください。

 また、クレジットカードは長く使うものですから、クレジットカードのデザインにも注意してみましょう。デザインが悪いものだと使うのが嫌になってしまいかねないのです。これは見過ごされがちですが、意外と大事なことです。

 このようにクレジットカードを作る際には重要な比較ポイントが多いものです。とはいえ、クレジットカードは一生ものですから、しっかりと比較して自分に合った一枚を選んでみてください。

(PR)ビットコイン買うなら『coincheck』
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
(PR)ふるさと納税なら「さとふる」

SNSでもご購読できます。