どこが狙い目?審査が甘いクレジットカード

スポンサーリンク

クレジットカードの申し込みで行われる審査

クレジットカードを作成するにはカード会社が行う審査に通過しなくてはいけません。審査は定期収入や金融情報などをもとにカード会社独自の基準に基づいて判断されますが、審査の厳しさはカード会社によって大きく異なります。

なんの問題もなく生活できているのに審査に落ちてしまうこともあれば借り入れやローンが残っているのにすんなりとクレジットカードの発行が認められることもあります。

一度クレジットカードの審査に落ちてしまうと落選情報が金融会社感で教諭されてしまうため、数ヶ月の間は他のカードに申し込んだとしても審査落ちする確率が格段に跳ね上がってしまいます。確実にクレジットカードを手にしたいのであれば、審査の甘いクレジットカード会社を探すことが重要です。

消費者金融系のクレジットカードは審査が甘い

クレジットカードは運営母体であるカード会社によっていくつかの系列に分類されますが、中でも審査の甘さに定評があるのが消費者金融系のカード会社が発行するクレジットカードです。

消費者金融系のクレジットカードは審査基準が消費者金融の利用申し込み審査に近く、定期収入が会って金融事故履歴のない方であれば殆ど審査落ちすることはないと言われるほど基準が甘くなっています。

カードの機能的にも他社に劣るものではなく、とにかくクレジットカードがほしいという方は消費者金融系のカードがオススメです。

消費者金融系クレジットカードの代表「ACマスターカード」

消費者金融系クレジットカードの代表と言われる「ACマスターカード」は世界で使えるマスターカードブランドのクレジットカードなので海外でも利用可能、券面デザインもシンプルで消費者金融のイメージを感じさせず普段使いから旅行先での買い物までこれ一枚で済む非常に便利なカードです。

ポイント還元プログラムや旅行保険、ショッピング補償などの付帯サービスがないのが残念ですが、紛失保障と盗難補償に関しては付帯しているので万一カードを悪用されてしまっても安心です。海外でトラブルに巻き込まれた時に相談できるサポートサービスもあるので、安心して海外旅行が楽しめます。

発行スピードも大きな魅力

消費者金融系クレジットカードには審査の甘さ以外にも魅力があります。それは「発行スピードのはやさ」です。

一般的なクレジットカードは審査にある程度時間がかかるため、申し込みからクレジットカードの実物を手にするまでに平均で1週間から10日程度かかります。それに対して消費者金融系のクレジットカードは全般的に手続きにかかるスピードがはやく、審査をスムーズに通過できれば最短で即日発行も可能です。

海外出張など急にクレジットカードが必要になった場合、申し込み先は審査も甘く即日発行可能な消費者金融系クレジットカード一択になるでしょう。

流通系カードも審査が甘い

流通系に分類されるクレジットカードも審査が甘いことで有名です。流通系カードとはデパートは大型スーパー、通販サイトなどが発行しているクレジットカードで主に主婦や若年層をターゲットにしているので審査基準も甘めに設定されています。

流通系カードは店頭で申込手続き可能なものが多く、中にはその場で審査結果がわかるものもあります。専業主婦の方でも発行可能であることが多く、定期収入がない学生でもカード審査に通過できる可能性もあります。

特典が大きい流通系カード

流通系のクレジットカードは顧客囲い込みを目的とした特典が用意されているのも魅力の一つです。買物金額に応じたポイント還元率アップや特別セールの開催など、系列店舗を利用する頻度が多いほど大きなメリットを受けられます。

審査基準が甘いため、利用限度額が低目に設定されていたり付帯保険が用意されていなかったりと若干のデメリットもありますが、普段使いのクレジットカードとして利用するのであれば大きなマイナスはありません。毎日の買い物をカードで払えば自然と利用頻度も多くなり、ポイントもたくさん貯められるというメリットが生まれます。

作りやすく使いやすい「イオンカード」

流通系クレジットカードの中でも審査の甘さと使いやすさに定評があるのが「イオンカード」です。
イオンカードは全国のイオン系列店舗でお得なサービスが受けられるカードで、定期的に実施される利用者拡大キャンペーン期間中は更に審査基準が甘くなり、審査通過のハードルが下がります。

クレジットカードとしても優秀で選べる国際ブランドはVISA、MASTER、JCBの三種類。更にイオン系列店舗で便利に使える電子マネー「WAON」機能も一体となっているので、電子マネーでの支払いにも対応しています。

審査が甘いカードでも落ちることはある

審査が甘く作成難易度が低いクレジットカードを紹介してきましたが、審査が甘いからといって必ずクレジットカードが作成できるとは限りません。

過去に金融事故を起こしてブラックリストに名前が載っている、別のカード会社の審査に落選したばかり、定期収入がない、などカード会社からみて問題がある人物の申し込みに対してはいくら審査が甘いといっても落とされることがあります。

審査基準は各社とも非公開なので、ある日突然審査が厳しくなってしまう可能性もあります。審査の甘さ以外にもサービスの充実度や利便性なども総合的に考えて申し込むカードを選んでください。

(PR)ビットコイン買うなら『coincheck』
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
(PR)ふるさと納税なら「さとふる」

SNSでもご購読できます。