クレジットカードに審査落ちしてしまう理由

スポンサーリンク

クレジットカードの審査に用いられる情報とは?

クレジットカードを申し込む際には、自分の年収や勤務先・勤続年数などの個人情報を記載した申込書を、クレジットカード会社に提出します。クレジットカード会社では、その情報をもとに審査を行っています。

ただし、注意したいのは、クレジットカード会社は「申込書に記載された内容」だけで審査をしているわけではないという点です。申込書に記載された内容はあくまで自己申告のものですから、その他にも客観的な情報として「個人信用情報機関」に登録された申込者の情報を照会しているのです。

ですから、もしクレジットカードの審査に落ちてしまった場合、「申込書に記載した内容」か「個人信用機関の情報」のいずれかに問題があることがほとんどです。

申込書の内容はどのようにチェックされるのか

クレジットカードの入会申込書に記載した内容は、どのように判断されるのでしょうか。クレジットカード会社にとってもっとも重要なのは、その人に安定した返済能力があり、お金を貸しても安心か、という点です。

返済能力の有無を判断するときの重要な要素が「年収」と「勤務先」です。この2つの要素は両方とも重要視されます。仮に年収が高くても、勤務先が自営業や自由業などの比較的不安定とされる職業だった場合は、安定的に返済能力を維持できるのか、という点が不安材料となってしまいます。

逆に、年収が多少低い場合でも、勤務先が公務員などの安定した職業だった場合は、安定した返済能力が評価される傾向にあります。そのため、「年収」と「勤務先」に問題がなかったか、チェックしてみることをおすすめします。

個人信用情報機関とは何か

先ほど、クレジットカードの審査は「申込書」と「個人信用情報機関」の情報によって行われることをご紹介しました。では、2つ目の個人信用情報機関とはどのような組織なのでしょうか。

個人信用情報機関は、クレジットカードの返済状況や、貸金業者からお金を借りている状況などが、個人別に蓄積されている情報機関です。特にクレジットカード会社の場合、信用情報機関の一つであるCIC(Credit Information Center)に加盟していることが多く、CICに月々の支払状況や支払い残高などの情報を提供しています。

そのためクレジットカード会社では、入会申し込みを受けるとCICのデータベースにアクセスすることで「この人は今まできちんと期日までに返済していたのか」という情報を得て、審査に利用しているのです。

個人信用情報機関に登録される情報とは

では、具体的に個人信用情報機関であるCICにはどのような情報が登録されるのかについてご紹介します。
まず、すでにクレジットカードを保有している場合、そのクレジットカードの支払状況が登録されます。

主なものでは、契約日・契約額(クレジットカードの利用可能額のこと)・請求金額のほか、過去24ヶ月間の入金状況があります。
特に、引き落とし日に引き落としができていない場合、その月の入金がなかったことになり、自分の信用情報に傷がついてしまいますので、注意が必要です。

これらの情報は、CICに加盟する会社であれば、必要に応じて閲覧することができます。クレジットカードを申し込んだ際にも、CICの情報が閲覧されるため、他のクレジットカードの過去の支払状況が悪いことが理由となって審査落ちする可能性があります。

クレジットカードに審査落ちしたときの対処法

クレジットカードに審査落ちしてしまったら、まずは自分の信用情報を自分で閲覧してみることをおすすめします。信用情報に問題があると、他の属性などは考慮せず、問答無用で審査落ちにするクレジットカード会社も多いためです。

CICでは、インターネットや郵送・窓口などで信用情報を本人に開示するサービスがあり、特にインターネットを利用すると、即時に自分の信用情報が表示されます。このようなサービスを利用して、自分の信用情報を確認してみてください。

CICに提供された情報は決められた期間を経過すると自動的に削除されます。そのため過去の入金状況などで問題がある場合は、CICからその情報が削除されてからクレジットカードの申し込みをするようにしましょう。

重要なのは審査のプロセスを知ること

クレジットカードの審査は様々な要素を加味して行われ、またカードによって審査基準もまちまちです。しかし、審査の基本的なプロセスは共通しています。審査の仕組みを知ることが、クレジットカードの審査落ちを防ぐことにつながります。

(PR)ビットコイン買うなら『coincheck』
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
(PR)ふるさと納税なら「さとふる」

SNSでもご購読できます。