どうやって使う? クレジットカードを選ぶ基準と使用方法

スポンサーリンク

選ぶ基準とは? 投資目的で利用する場合

「投資目的でクレジットカードを利用するの?」と思われる方も見えるかもしれませんが実は利便性が大変良く、利用するだけでポイントが付くクレジットカードは投資の一環として使われている事が多々あります。
その際に選ぶ基準としては「代理店でカード発行をしない」という点が最も重要です。
理由としては代理店だとトラブルの際に対応が出来ないケースが多々あるからです。

スーパーや家電量販店など様々なところで発行できるクレジットカードですが、VISAやMaster、JCBなどから直接発行できるカード権を持っているのはオリエントコーポやジャックスなど数社しかありません。その他の企業は代理店としてカードを発行しているだけです。

カードをお持ちの方は裏面を見てみると分かり易いですが実際に発行したのがスーパーなどであったとしても発行社はジャックスなどと記載がされているはずです。
この発行者からカードを作っておくという事を投資目的の場合には注意して下さい。

もし、代理店で発行をしてしまうと「スキャミング」や「詐欺」にあった際に発行会社に問い合わせをしなければいけない為、発行停止が迅速に行えずお金が取られてしまったという事になる場合もあります。

その他にも「決済の際に上手く引き落としがされていなかった」・「引き落とし先を変更したいが発行会社から資料を請求してもらわないとできない」などといった事もありますのでこういった事を避けるためにも「代理店ではカードを発行しない」という点を投資目的の場合は押さえておくことをオススメします。

選ぶ基準とは? 生活費目的で利用する場合

生活費と言われる衣食住の支払用にクレジットカードを作る場合であれば「自分が良く利用するお店でクレジットカードを発行するようにする」というのが基準に出来ます。
理由としてはどんなクレジットカードでも大抵ポイントとして1%前後付くからです。
その為、利用する頻度の多い店舗で発行しておけばポイント還元率が良かったり会員限定割引で商品が買えたりします。

また、ポイントで商品をタダで手に入れることも出来ますので家計のやりくりという面でも大変助かります。
その他にも公共料金をクレジットカード払いにしておくことも上手な運用方法と言えます。

毎月定期的に支払う費用ですのでクレジットカード払いにしておけばポイントが知らず知らずの内に貯まっていきます。月々で見たら微々たるものですが年で見ればポイント還元率1%でも結構貯まりますので利用額上限に余裕がない方以外はやっておくことをオススメします。

賢い利用方法とは?

お勧めの利用方法としては「上限金額の3分の2の金額を毎月使う」という方法があります。これは上限金額が30万円であれば20万円まで使う、50万円であれば34万円程度枠を使うというやり方であり実際にお金を使うというやり方ではありませんので出費をしろというわけではありませんので心配は入りません。

やり方としてはまず、月々クレジットカードで支払いが出来る者はなるべくクレジットカード経由で支払が出来るようにしておきます。この必要経費を引いても余る金額については投資信託やFXなどの口座でクレジットカードで入金ができ、手数料がかからない物がありますのでそちらに振込振込みをしましょう。

さて、ここまでやるとクレジットカードは20万円・34万円程度利用しているおかげでポイントがかなり貯まる状態になります。
実際の使用額としても投資信託などの講座に振込をしているだけですので必要な時に手数料無料で引き出すことも出来ますので毎月必要な経費しか使わずにポイントをガッツリと溜めることが出来ます。

手順としては投資信託などの講座を開設する→クレジットカードの利用上限額を確認する→毎月の必要出費をクレジットカード経由にする→上限の3分の2よりも余っている金額を口座に移すという4ステップです。

多少手間はかかりますが実際使用額に対してポイント還元率が5%以上にすることも出来ますのでポイントで色々な物を買いたいという方は手間を惜しまずにやってみましょう。

クレジットカード利用時の注意点とは?

利用時の注意点としては「リボルビング払い」にしないというのが最も重要な注意点です。
これはクレジットカード会社によっては登録時に確認はしてくれるものです。
しかし、中には自動リボ払いというシステムによって月の支払額が■万円以上に達した際には自動でリボ払いにシフトするものもありますので注意が必要です。
理由としては「リボ払いの利率がかなり高い」という点にあります。

金融会社などで借りるキャッシングなどよりは安いものの年利9%前後がリボ払いの利率の相場です。20万円使った際に自動12分割リボ払いにシフトしてしまった場合だと支払完了時には22万円程度支払をしてしまっており、利息の2万円が非常に高額です。
クレジット明細をマメに確認する人ならばすぐに気付いて対処ができますが、大抵の方は見ない場合が多いですのでリボ払いになっていないかどうか確認するようにしましょう。

支払が滞った場合でも利息は付いてきますのでお金で困らないという点でもこの点だけは押さえておきましょう。

クレジットカード発行にお勧めの企業とは?

お勧めの企業としては「楽天カード」が最もお勧めできます。
理由としては利便性が高い・商品の種類が多種多様・ポイント還元率が1%前後と還元率が良いなどがあるからです。

また、発行手続きが簡単であることやポイントが発呼するだけで付いてくるというお勧めできるポイントの1つです。
楽天カードの場合は楽天市場で買い物をするとポイントが付くのはもちろん、VISAなどに対応しているお店での買い物であれば楽天市場よりもポイント付与率は低いもののポイントが付きます。

そのため、緊急時に使う際でも日用品の購入などで使った場合でもポイントを付与していけるためこのカード1枚でもいいですので持っておきたいところです。

また、楽天銀行を同時に開設しておけばポイント交換なども行えますので他にポイントカードを複数持っている方にはポイントを纏められるという点で便利かも知れません。

もし、クレジットカード発行で悩んだ時があればまずは楽天カードを発行しておくことが無難だと言えます。

クレジットカードは怖いというけれど…実際のところは?

クレジットカードは実際に現金を使う訳ではありませんので使い過ぎてしまったり、手続きが面倒だったりとデメリットも確かにあります。

しかし、クレジットカードの選び方や使い方さえ間違えなければ誰でも使える便利なお助けアイテムになりえるのも事実です。
過度に頼りすぎるのではなく、どこまで使って良いのかどう使うべきなのかに注意して使用することで自分の生活に+αの利益を生み出すことも出来ますので正しい知識を身に付けることが重要です。

今後社会で生活していく上でクレジットカードのお世話になる機会は最低1回はあるかと思います。
その際に正しく使用する為にも正しい基準と使用方法を覚えておくことが重要ですのでこの記事の要所、要所だけでも押さえておくようにしましょう。

まだ、クレジットカードお持ちでない方はこれをきっかけに1枚持ってみてはいかがでしょうか。

(PR)ビットコイン買うなら『coincheck』
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
(PR)ふるさと納税なら「さとふる」

SNSでもご購読できます。