色々な場所でクレジットカードをおすすめされる訳とは。

スポンサーリンク

クレジットカードのおすすめはポイントがポイント

お財布の中はポイントカードでいっぱい、なんて人は少なくないのではないでしょうか。
現在では、あらゆるところにポイントが溢れていますが、クレジットカードもその例外ではありません。

クレジットカードのポイントは、実際のお店で支払いのときに使えるものもあれば、何か商品と交換できるものもあります。
ポイントを貯めること自体が趣味みたいになってしまって、なかなか使えないなんて話も聞きます。

それだけポイントを貯めるのは楽しいことだともいえますが、楽しく貯めて、賢く使えば、得ができます。
これはクレジットカードの代表的な魅力のひとつといえるでしょう。

自分に合ったポイントが貯められるクレジットカードを選ぶと、楽しく、賢く、得ができます。

おすすめのクレジットカードで楽々ネットショッピング

アジアのネット先進国の人たちは、平均して週に2回ネット通販で買い物をするのだと、まさに今しがたニュースでいっていました。
いまやインターネットで欲しいものがすぐに手に入る時代になりましたね。

わざわざ出かけなくても、買い物ができる。お米や飲み物など、重いものも部屋の前まで届けてくれる。
日常生活の中で、ネット通販はなくてはならないものになりつつあります。

このネット通販で買い物をするとき、支払い方法としてクレジットカードがお得です。
銀行振込では振込手数料がかかる場合があります。

代金引換では代引き手数料がかかります。
クレジットカードでは、これら別途手数料がかかることがありません。
これも間違いなく大きなメリットであるといえますよね。

おすすめのクレジットカードは格安スマホに必須

格安スマホという言葉を聞いたことのない人は、いまや少ないのではないでしょうか。
格安スマホとは、ドコモ・au・ソフトバンクといった大手キャリア以外の通信事業者(MVNO)と契約して、安い料金で使えるスマートフォンをいいます。

大手キャリアにおける平均月額使用料は6500円ともいわれ、格安スマホに乗り換えることで、これを3000円程度に抑えることができた人も多いようです。

この格安スマホの決済にはクレジットカードが必須です。
銀行振込ができるMVNOもありますが、選択肢の幅がかなり狭まってしまいます。

選択肢は多いに越したことはありませんし、一番お得なMVNOと契約したいといった場合、やはりクレジットカードが必要になるでしょう。

毎月の支払いでさらにポイントがもらえるとさらにお得ですね。

タイム・イズ・マネーにクレジットカードがおすすめ

財布の中身が少なくなると、銀行のATMで引き出しますよね。
給料日、会社の昼休みにお金をおろそうと思ったら、ATMには長蛇の列が。

「時は金なり」の格言にあるように、時間は貴重なものです。
クレジットカードをもっていれば、こうした時間を他のことに、有効に活用できるでしょう。

上の例では、お昼ご飯をゆっくり味わうゆとりが生まれます。
基本的にクレジットカードはほとんどの決済を簡便化してくれます。

レジでお金を数えなくても、クレジットカードを1枚渡せば、支払いが済んでしまいます。
日々のちょっとした時間の無駄が省けます。ちょっとした時間でも、積もり積もれば膨大なものです。

これもまたクレジットカードのメリットといえるでしょう。

クレジットカードのおすすめは現金を扱わないこと

現金を持ち歩くということは、それだけで、防犯の観点からはデメリットになります。
財布を落とす、あるいは盗まれるといった可能性は決してゼロではありません。
クレジットカードは、不正利用をされた場合でも、それを補償してもらえます。

また、現金では、支払いの際におつりが少なかったり、小銭を落としたりと、管理の面でも不便です。
家計簿をつけている方などは、これによって毎月若干の誤差が生じている人がいるのではないでしょうか。

すべての支払いをクレジットカードで行えば、この心配は不要になります。
利用額は、インターネット上で確認できるので、お金の管理もしやすいです。

この点においても、クレジットカードは、節約志向の方にとっては、とくに有効なアイテムであるといえるでしょう。

理由を合わせるとクレジットカードはやっぱりおすすめ

ネット通販や格安スマホをお得に使えるクレジットカード。
さらに、現金を使わないことで、防犯面を強化でき、時間もお金も節約できます。

さらにさらに、あらゆる支払いを一本化することで、ポイントが効率的に貯まります。
以上の理由から、やっぱりクレジットカードをおすすめします。

(PR)ビットコイン買うなら『coincheck』
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
(PR)ふるさと納税なら「さとふる」

SNSでもご購読できます。