クレジットカード 比較

法人クレジットカードを選ぶ際に比較スべき3つのポイント

法人クレジットカードは個人事業主や会社の社長であれば、是非とも導入を検討しておきたいものです。法人クレジットカードを持てば「信用が上がる」「会計がしやすくなる」「保険サービスなどの各種充実したサービスがうけられるようになる」といったメリットが有ります。

 また、法人クレジットカードを持っている事自体がステータスになりますから、社交の場面でも役立つといったことも見逃せないメリットとして理解しておきたいところでしょう。

 とはいえ、法人クレジットカードにも色々なものがあり、「どんな法人クレジットカードを選んだらよいかわからない」といった人もいるでしょう。一体法人クレジットカード選びをする際にはどこに着目すれば良いのでしょうか。そんな際に注目しておきたい3つの重要ポイントを紹介しておきましょう。

 まず、年会費は大事な比較項目です。法人クレジットカードには色々なものがあり、中には年会費が無料の法人クレジットカードもあります。

 特に零細企業や個人事業主の人にとって、こうした年会費は見逃せないところでしょう。また、年会費無料の法人カードはコストがかからないですが、それだけ各種サービスが貧弱といった欠点があるのは理解しておきましょう。そんな年会費無料の法人クレジットカードにはライフカードの法人クレジットカードやP-oneの法人クレジットカードがありますが、特にライフカードの法人クレジットカードはサービスも無料にしては充実しています。

 他にも、初年度だけ年会費無料の法人クレジットカードを選んで見るのも良いでしょう。例えばJCB法人クレジットカードがその典型です。こういった法人クレジットカードは初年度が終わっても、条件を満たせば年会費が翌年度からも無料になることも多く、お得に使っていく事ができます。

 また、他にも法人クレジットカードを選ぶ際には「法人クレジットカードのグレード」も意識しておきましょう。法人クレジットカードは通常のクレジットカードよりもこの点が重要になってきます。例えば法人クレジットカードにもゴールドカードやプラチナカードといったグレードが有りますが、なるべくならば最上級のグレードの法人クレジットカードを持っておきたいものでしょう。

 そうすることで、法人クレジットカードで支払いをした時などでも「この人はプラチナの法人クレジットカードを使っている」と高印象を与えることができます。

 また、法人クレジットカードにも色々なものがありますが、法人クレジットカードを発行している会社にもグレードが有ります。例えば、JCBなどの法人クレジットカードはどこで使用しても恥ずかしくありません。このようにグレードにも意識して法人クレジットカードは選んでおきたいものでしょう。

 加えて、法人クレジットカードの特典やサービスもしっかりと比較検討しておきたいものです。法人クレジットカードの特典やサービスは色々なものがありますが、だからこそ他の法人クレジットカードとの違いを押さえておきましょう。
 
 例えば、ポイントやマイルの貯まり安さがその一つです。法人クレジットカードは利用する頻度も多くなり、それだけ利用額も大きくなります。そのため、少しのポイント還元率の差が、一年後には大きなものになってくることも少なくありません。

 例えば、ポイント還元率が1%の法人クレジットカードであれば、年間に300万円の経費利用をすれば、実に30万円ものポイントが貯まることになります。このため、年会費が多少高い法人クレジットカードであっても、ポイントが貯まりやすい法人クレジットカードはおすすめなのです。

 また、各種保険の充実具合も見ておきましょう。特に出張が多い人であれば、海外保険がついている法人クレジットカードや空港ラウンジが無料で利用できる法人クレジットカードがおすすめです。他にも、ホテルやレンタカーの手配をしてくれるといった法人クレジットカードもありますから、好みに応じて選んでみましょう。

 加えて、法人クレジットカードの中にはビジネスに役立つ機能があるものも少なくありません。例えば、法人クレジットカードを利用すれば無料で会計ソフトが利用できるクレジットカードもありますし、弁護士や司法書士などに無料で相談できるといった法人クレジットカードもあります。また、社員向けに福利厚生サービスが利用できるものもあります。他にも、商工リサーチなどのデータバンクにアクセスできるものもありますから、法人クレジットカードを選ぶ際にはこのビジネス面でのメリットも比較しておきたいものでしょう。

 このように、法人クレジットカードには比較しておきたいポイントが多いものです。だからこそ、法人クレジットカードを選ぶ際にはなるべく幾つかの法人クレジットカードの資料を取り寄せて比較しておくと良いでしょう。是非ともこの記事を参考にして法人クレジットカード選びに役立ててみてください。

クレジットカードを作る際に知っておきたい重要比較ポイント

そんな比較ポイントとして、まず最初に見ておきたいのが年会費の有無です。年会費がかかるかどうかは大きなポイントであり、特にクレジットカードをめったに使わない人には大事なところです。

クレジットカードは数年単位で持つものですから、年会費が数千円でも数年経つと積もり積もってかなりの額になってしまいます。特にクレジットカードを数枚持っている場合には年会費の弊害も大きくなってきます。

年会費が初年度は無料だからと軽く考えてクレジットカードを作ってしまうデメリットがここにあるのです。だからこそ、クレジットカードを持つ際にはしっかりと年会費のことは考えておきましょう。

 年会費が優良なのであれば年会費を支払うだけの価値はあるのかはしっかり検討しておきたいものです。例え年会費が一万円であっても、マイレージが貯まりやすいカードであれば旅行をする人などには逆にお得になることもあります。逆に年会費が千円でも無料のクレジットカードと比べて特に利息などの点でもメリットがないようであれば作るのは控えておきたいものでしょう。

 この年会費以外にも比較しておきたいのが数々のオプションです。クレジットカードによってはETCカードにもなるものや自動車保険がつくものもあり、オプションがどういったものがあるのかはクレジットカードを作る前にチェックしておきたいものです。

 また、ポイントが使用時にどれくらいつくのかは必ず確認しておいてください。特にクレジットカードの利用頻度が高い人の場合にはポイントの付き方次第でかなりの差がでることがあります。このポイントの貯まり安さはクレジットカードによってかなり特色がありますから、クレジットカードを作る前にはしっかりと自分のショッピング傾向に合わせたクレジットカードを選ぶようにしておきましょう。

 合わせて、クレジットカードの利息も気にかけておきたいものです。クレジットカードの利息は様々であり、利用時に大きな負担となってきます。特にリボ払いを利用する際にはこのような利息の差は大きく感じられるでしょう。
 また、クレジットカードのブランドも注意しておきましょう。

ブランドはVISAやマスターカードなどがありますが、ブランドによって大きな差があります。

例えばブランドによってはデパートではほとんどの店舗で対応しているけれども、他のブランドのクレジットカードだとデパートでは使いにくいこともあるといったように使用できる店舗に違いがあります。特に海外旅行した際にこのブランドの差は明確です。どこでも使用しやすいといったブランドを選びたいのであれば、やはりVISAはオススメです。

とはいえ、マスターカードと一緒に使っていけばほとんどの店舗でクレジットカードが問題なく使えるようになります。そのため、クレジットカードのブランドとしてはVISAとマスターカードのそれぞれのクレジットカードを持っておくのが最良でしょう。

 クレジットカードを選ぶ際にはカスタマーサービスの質も大きなポイントです。クレジットカード会社によってはカスタマーサービスが貧弱で、「クレジットカードを落とした」といったような際に対応してもらえないこともあります。このようなクレジットカードを持っていると危険ですから、なるべくカスタマーサービスがしっかりしているところを選ぶようしておきましょう。

このようなカスタマーサービスは実際にクレジットカードを使用してみないとわかりにくいものですが、ネットのクレジットカード比較サイトにはカスタマーサービスの評判も乗っています。こういったものを参考にするのもオススメです。

 また、グレードアップできるクレジットカードなのかどうか確認しておくことも大事です。クレジットカードによっては使用している最中に「もっと利用限度額を増やしたい」といった際に増やせるものがあります。このようなクレジットカードは大変便利であり、長く利用していけます。ものによってはプレミアムプランに変更するなどの手続きも簡単にできるものもありますから、クレジットカードを利用する際には検討してみてください。

 また、クレジットカードは長く使うものですから、クレジットカードのデザインにも注意してみましょう。デザインが悪いものだと使うのが嫌になってしまいかねないのです。これは見過ごされがちですが、意外と大事なことです。

 このようにクレジットカードを作る際には重要な比較ポイントが多いものです。とはいえ、クレジットカードは一生ものですから、しっかりと比較して自分に合った一枚を選んでみてください。