クレジットカード おすすめ

学生だったら、このクレジットカード使用がおすすめ!

クレジットカードとは?

クレジットカードは、お金を持っていなくても買い物をしたり、キャッシングができる便利なカードです。カード会社が支払いを肩代わりし、カード利用者は、後払いをするシステムですが、審査に合格した人だけが利用することを許されます。カードをつくるには、安定した収入があって返済できることが条件です。

学生はクレジットカードがつくれるの?

学生は、定職がないのでカードを自分名義でつくれないと思っていませんか?じつは学生は、クレジットカードがつくれるのです。申し込みは、高校生を除き18歳以上なら、学生も親権者の同意のうえで申込みが可能です。

学生だからこそクレジットカードをつくるメリットとは?

また、クレジットカードには、審査基準があるのですが、学生は社会人とは別のゆるい審査基準で審査されます。なぜかというと、学生はその後に長く会員になってくれるかもしれないので、学生の今から将来の会員として確保したいのです。
審査基準がゆるい学生のときなら、社会人になってからだと審査が難しいカードも手に入れられる可能性が高く、卒業後はそのままステップアップしていきます。だから学生のうちに、カードをつくるとお得なのです。学生のうちに良いクレジットヒストリーをつくると将来、銀行ローンを組むときにも有利です。

学生の審査基準とは?

●親権者

学生は、はじめてカードをつくるので、カード会社には信用情報がありません。そこで、代わりに親権者のクレジットヒストリーをみて年収が高いと審査に通りやすいです。親権者が滞納やブラックリストに載っていると、カード会社によっては不利になることがあります。

●携帯電話料金滞納

最近の携帯電話は、高額なので本体を分割で購入している学生が多いと思います。でも、分割購入なのでローンなのです。気楽に延滞をしていたとしたら、個人信用情報機関に延滞記録が登録されています。つまり、カード審査に落ちる可能性があります。絶対に延滞しないようにしっかりと支払ってください。
ローンと知らなくてもきちんと支払っている学生は、信用ができているのでクレジットカード審査が有利になっているので安心してください。
もし、カード審査に落ちてしまうと落ちたという情報が記録されてしまい、欲しいカードをつくりたいときに落ちてしまうこともあるので、滞納せず信用をかさねて、実績を作りましょう。

審査を有利にするには

親権者がブラックリストに載っていたり、携帯電話料金を滞納していたら、もうカードがつくれないとあきらめてはいけません。審査を有利にしてカードをつくる方法があるのです。

●アルバイト収入

学生はアルバイトをして収入を得ていることが多いです。ひとつのアルバイトを継続していると、定収入があるとみなされます。アルバイト先で大切な役割をし信頼があるからカードで借金をしても、きちんと返済する能力があると審査に通る可能性が高いです。

●申し込みは正確に

どうしてもカードが欲しいからと、アルバイトの収入や年数を多く書いて審査に通っても、後でバレてしまうことがあります。そのときに信用を失ってカードの契約が取り消されてしまうことがあります。他にも親にカードを反対されるからと、親権者の同意書を友達に代筆してもらってもバレる可能性があるので、申し込むときには嘘を書かず、本当の情報を書きましょう。

●カードの多重申し込みは避ける

ひとつのカード会社だけだと落ちるかもしれない、と不安になるのはわかります。そこで「たくさんのカード会社に申し込めばどこか通るはず」と保険を掛けるつもりで、まとめてたくさんのカード会社に申し込むのは、逆に落ちてしまいます。なぜかというと、カード会社は、情報を共有し合っています。そして、多重申し込みがカード会社に判明して「短期間にお金が必要な何か特別な事情でもあるのか」「お金に困っているのかもしれない」と詮索されてしまうからです。必ず、一社のみ申し込みましょう。

●学生専用カードを選択

ステータスの高いカードをつくって友達に自慢したいと思ってはいませんか?社会人でも20代では難しいカードを作ろうと考えてはいませんか?
学生が通りやすいカードがおすすめです。たとえば学生専用カードは、通常は親権者の年収の記載がないので、親権者が低収入やブラックになっている学生もカードをつくれる可能性が高いです。

学生向けおすすめカード

●三井住友VISAデビュープラスカード

学生のために作られたカードなので審査も簡単。
年間費無料(但し、前年1回以上の利用が条件となっています)です。
YISAカード1枚で海外も安心。
25歳を超えると、三井住友VISAプライムゴールドカードに切り替え可能でステータスアップ。

●学生専用ライフカード

海外利用分5%をキャッシュバックで、海外旅行や留学に便利。
海外旅行傷害保険が自動付帯なのは、学生専用カードのみ。
年間費永久無料で、ポイントを貯めるほど還元率がアップ。

●楽天カードアカデミー

学生限定の特典が豊富。
カードブランドは、JCBもしくはVISAを選択できる。
楽天で買い物に便利で、ポイントもたまる。

学生はクレジットカードのメリットを生かそう

学生しか受けられない限定サービスは魅力的です。旅行や留学に便利なうえに節約にもなり、お金の知識も身につきます。クレジットカードは、豊富なメリットがあるので、上手に活用しましょう。

毎月出て行く公共料金。少しでもお得に支払うにはクレジットカード管理がおすすめ

公共料金、必須の支払いのトップの支出

公共料金と言うのは、自動引き落としにしている方も多いと思いますが、その方法だとと何となく毎月勝手に引き落とされて、あまり意識にも上らないものですね。でもこれが、ふと気が付けば結構なお金が毎月引き落とされているものなのです。

この支払を少しでも有効に、そして少しでも節約するには銀行からの直接引き落としよりも、カードでの支払いがおすすめです。

カードでの支払いの場合、ネットにしろもしくは郵送にしろ毎月支払い請求もしくは支払い明細が届きます。

つまりはそこで一旦、金額の確認ができるわけです。勿論検針票での確認も出来ないわけではありませんが、どうしてもチラッと見て終わりになりかねないのが検針票です。それに比べればカードの明細の場合、銀行の残高の関係もありどうしてもチェックが入ることになりますから、公共料金の把握にも役に立つと言うわけです。

ついでにカードの支払い口座を専用の物に

さてカードの支払いで少しはチェックが出来ますけれど、これがメインの口座からの引き落としの場合どうしても、銀行残高にあまり目が行かないことになります。これがちょっと危険なので、あえてカードの引き落とし口座を別に作っておくこともおすすめです。

この口座には残高は極力少なくして置いて、毎月の支払い明細が来たところでその金額分を入れるようにしておきます。こうすることでまいつきのカードの支払いもきっちり管理できますので、少々面倒に思えるかもしれませんがここでひと手間かけておきましょう。このひと手間が、暮らしの節約に一役買うことは言うまでもありません。

ただ、入金忘れだけにはくれぐれもご注意ください、支払い明細が来たら即入金しましょう。

どのクレジットカードがおすすめなのでしょう

メインで使用しているカードで、支払いの時の管理を一本化するか、それとも公共料金専用のカードを作って、徹底的に管理するかの2つの方法があります。どちらでも管理が出来るには変わりがありませんが、普段からカード支払いの多い方の場合は、公共料金専用のカードを作っておくことをおすすめします。

月々のカード支払いが多いとどうしても、金額の把握が面倒になったり大雑把になったりしがちです、専用のカードで管理するほうがはっきりと金額も見えてきます。

カードでの買い物をあまりしない方の場合、一本化して全体的に管理したほうが面倒も無く、支払い明細も管理しやすいので一本化してしまいましょう。これなら無用なカードを増やすことの危険性も、避けられますね。

カードは勿論ポイントを目当てに

今やカードの支払いでポイントが貯まるのは当たり前のことになりました、と言うよりもポイントの貯まらないカードは使用しないと言う人もいるでしょう。

毎月支払いがある公共料金の場合、このポイントを集めるのには最適の支払いでもあります、これを利用しない手はありません。とは言っても、普段利用しないポイントを貯めては意味がありませんので、ここは注意深くポイントの種類も把握しておきましょう。

例えばネットショップで使いやすいポイントは勿論、近くのお店でも使えるし貯められるポイントを扱っているカード会社なら、月々黙っていても一定とも言えるポイントが入手出来て利用もできるわけです。

どうせならこのポイント制、利用しない手はありませんね。

ついでに増やし過ぎたカードの整理もしてしまいましょう

お財布の中やカード入れの中、ふと気が付くと何時の間にかクレジットカードが増殖してたりしますね。でも使ってないと言うカードも、きっと多いはずです。

公共料金の支払いをカードに変えるついでに、このカードたちも整理してしまいましょう。と言いますのも、結構同じ系列の会社のカードが複数枚手元にあったりもします。不要な出費を避けるためにも、同じ系列や同じポイントを扱っているカードは整理してしまうことが節約にも役立ちます。

カードの管理はイコールお金の管理とも言えます、枚数が少なければ管理も楽ですし、加えて情報の流出などの危険も減ります。
おすすめとしては、買い物専用カードと公共料金引き落としカードの2枚です、不安なようでしたら予備にもう1枚持っていれば充分です。

公共料金の支払い方法の見直しついでに、カードの見直しもしてしまいましょう。

カード支払いは倹約の第一歩

いかがでしょうか、カードの支払いと言うのは時には使い過ぎての危険性もはらみますが、公共料金などの支払いについてはメリットが多い支払い方です。
これを機会に、切り替えてみてはいかがでしょう。

色々な場所でクレジットカードをおすすめされる訳とは。

クレジットカードのおすすめはポイントがポイント

お財布の中はポイントカードでいっぱい、なんて人は少なくないのではないでしょうか。
現在では、あらゆるところにポイントが溢れていますが、クレジットカードもその例外ではありません。

クレジットカードのポイントは、実際のお店で支払いのときに使えるものもあれば、何か商品と交換できるものもあります。
ポイントを貯めること自体が趣味みたいになってしまって、なかなか使えないなんて話も聞きます。

それだけポイントを貯めるのは楽しいことだともいえますが、楽しく貯めて、賢く使えば、得ができます。
これはクレジットカードの代表的な魅力のひとつといえるでしょう。

自分に合ったポイントが貯められるクレジットカードを選ぶと、楽しく、賢く、得ができます。

おすすめのクレジットカードで楽々ネットショッピング

アジアのネット先進国の人たちは、平均して週に2回ネット通販で買い物をするのだと、まさに今しがたニュースでいっていました。
いまやインターネットで欲しいものがすぐに手に入る時代になりましたね。

わざわざ出かけなくても、買い物ができる。お米や飲み物など、重いものも部屋の前まで届けてくれる。
日常生活の中で、ネット通販はなくてはならないものになりつつあります。

このネット通販で買い物をするとき、支払い方法としてクレジットカードがお得です。
銀行振込では振込手数料がかかる場合があります。

代金引換では代引き手数料がかかります。
クレジットカードでは、これら別途手数料がかかることがありません。
これも間違いなく大きなメリットであるといえますよね。

おすすめのクレジットカードは格安スマホに必須

格安スマホという言葉を聞いたことのない人は、いまや少ないのではないでしょうか。
格安スマホとは、ドコモ・au・ソフトバンクといった大手キャリア以外の通信事業者(MVNO)と契約して、安い料金で使えるスマートフォンをいいます。

大手キャリアにおける平均月額使用料は6500円ともいわれ、格安スマホに乗り換えることで、これを3000円程度に抑えることができた人も多いようです。

この格安スマホの決済にはクレジットカードが必須です。
銀行振込ができるMVNOもありますが、選択肢の幅がかなり狭まってしまいます。

選択肢は多いに越したことはありませんし、一番お得なMVNOと契約したいといった場合、やはりクレジットカードが必要になるでしょう。

毎月の支払いでさらにポイントがもらえるとさらにお得ですね。

タイム・イズ・マネーにクレジットカードがおすすめ

財布の中身が少なくなると、銀行のATMで引き出しますよね。
給料日、会社の昼休みにお金をおろそうと思ったら、ATMには長蛇の列が。

「時は金なり」の格言にあるように、時間は貴重なものです。
クレジットカードをもっていれば、こうした時間を他のことに、有効に活用できるでしょう。

上の例では、お昼ご飯をゆっくり味わうゆとりが生まれます。
基本的にクレジットカードはほとんどの決済を簡便化してくれます。

レジでお金を数えなくても、クレジットカードを1枚渡せば、支払いが済んでしまいます。
日々のちょっとした時間の無駄が省けます。ちょっとした時間でも、積もり積もれば膨大なものです。

これもまたクレジットカードのメリットといえるでしょう。

クレジットカードのおすすめは現金を扱わないこと

現金を持ち歩くということは、それだけで、防犯の観点からはデメリットになります。
財布を落とす、あるいは盗まれるといった可能性は決してゼロではありません。
クレジットカードは、不正利用をされた場合でも、それを補償してもらえます。

また、現金では、支払いの際におつりが少なかったり、小銭を落としたりと、管理の面でも不便です。
家計簿をつけている方などは、これによって毎月若干の誤差が生じている人がいるのではないでしょうか。

すべての支払いをクレジットカードで行えば、この心配は不要になります。
利用額は、インターネット上で確認できるので、お金の管理もしやすいです。

この点においても、クレジットカードは、節約志向の方にとっては、とくに有効なアイテムであるといえるでしょう。

理由を合わせるとクレジットカードはやっぱりおすすめ

ネット通販や格安スマホをお得に使えるクレジットカード。
さらに、現金を使わないことで、防犯面を強化でき、時間もお金も節約できます。

さらにさらに、あらゆる支払いを一本化することで、ポイントが効率的に貯まります。
以上の理由から、やっぱりクレジットカードをおすすめします。

普通のサラリーマンでも作れるおすすめの法人クレジットカード

法人向けクレジットカードについて

法人クレジットカードとは何でしょうか?

これは名前の通り、法人向けに作られたクレジットカードのことです。ちなみに法人というのは株式会社や有限会社のことです。

法人カードやコーポレートカード、ビジネスカードなどといったカードを発行している会社やサービス内容によって呼び名は異なります。ビジネス関連の支出のために発行されているクレジットカードが法人クレジットカードと呼べるでしょう。

普通のサラリーマンでも作れます!

最近は、法人ではない個人事業主でも作ることができる法人カードが増えています。開業をしていないただの社会人でも作れるビジネスカードが増えてきています。

法人じゃないともてないカードが法人カードであるという概念は崩れつつあります。会社経費精算で自分のカードを使うことが多いという方であったり、飛行機を利用した出張が多いというのであれば法人カードをつくるという選択もよいでしょう。

法人クレジットカード利用でのメリットについて

法人クレジットカードのメリットについて紹介をしていきます。
まず経費の支払いに使えるというメリットがあります。知らない人が多いと思いますが、個人向けクレジットカードの場合、会社経費の支払いに利用することは基本的にできません。契約違反にあたるからです。

次のメリットとして、法人向けクレジットカードであればどうどうと使えるというのがメリットとしてあげられます。法人クレジットカードは仕事で使うことを前提として作られていますので、商品の仕入れに利用したり、出張費の精算に使ったり、仕事での支払いについてどうどうとクレジットカードを使うことが出来ます。

次のメリットとして、経費の支払いを区別することが可能になることです。法人向けのクレジットカードをは、経費の支払いを専門のカードに分けておくことで、会計の処理がしやすくなります。ふつうのクレジットカードだと家計も仕事も区別なく利用すると、経費精算が面倒なのですが、仕事専用のクレジットカードをつくることで一括で経費を支払うことが可能になります。

次のメリットとして、カード決済すれば支払いが電子データになることです。現金で支払うのではなくカードで支払うことでメリットが得られます。

現金で経費を支払うと、領収書をもらって日付や勘定科目や金額など会計ソフトに入力していかなかければなりません。法人カードですと、クラウド会計ソフトを使うので法人カードと連動させることで自動的に記帳をすることが可能になります。

次に紹介するメリットとしては、法人向けクレジットカードは社員にも使わせることができます。法人向けクレジットカードを会社に導入することで社員にそのカードを渡せば経費精算が楽になります。

おすすめのクレジットカードについて

アメックスのビジネスゴールド・・・個人事業主でも作ることが出来る代表格的な存在がアメックスのビジネスゴールドになります。
サービス内容がとても充実しているのでオススメです。ぜひ利用していただきたいです。

オリコEx Gold for Biz・・・オリコカードが発行しているビジネスゴールドカードが「オリコ Ex Gold for Biz」になります。年会費がとても安く、2000円という値段設定になっていて、破格の値段で法人クレジットカードを使うことが出来ます。

個人事業主でも策積できる審査基準が採用されているため、会社経営者はもちろん、自由業の人にもオススメの法人クレジットカードなのです。また、2015年より電子マネー内臓カードになりましたのでより便利なクレジットカードになりました。

セゾンビジネスプラチナカード・・・セゾンカードが発行しているものになります。ゴールドよりランクが高いプラチナカードです。ビジネス向けのカードにもステータスを求めている方にオススメのカードになります。

楽天プレミアムカード・・・楽天ポイントが貯まるクレジットカードとして人気の楽天カードですが、楽天にはビジネスカードがあります。

楽天ビジネスカードというものですが、楽天プレミアムカード保有者が追加料金を支払うことでもてるビジネスカードになります。やはり楽天ポイントも貯まるというところがいいです。

ダイナーズクラブビジネスカード・・・ダイナースクラブの法人クレジットカードになります。ダイナースクラブと聞くと、敷居が高いというイメージを持ちますが、そんなことはありません。個人事業主でもつくることができるので大丈夫です。

法人カードには決済機能だけではなく他にサービスがほしいという方にオススメです。

まとめ

上記のように様々な法人クレジットカードを紹介しました。
これ気になるというものがあればぜひインターネットなどで調べてみるとよいです。

年会費が掛かるので誰でもつくろうというわけにはいきませんが、利用する機会が多々ありそうという方は作っておいて損はないので、調べてみて自分にあったものを探して、このサービスいいなとか考えて、年会費等と相談して決めてみるとよいです。