ローンがかさんで債務整理が必要になったら読むページ

スポンサーリンク

ローンや債務整理をしっかり考えてみましょう。

 ローンがもう払えない、お金を返せないって事になったら、それってどういう事なのでしょう。借金による人に言えない苦しみというのは、借金が返せないという事実をどう受け止めて良いか分からない事に由来するのではないでしょうか。

 借金なんて返せなくても大丈夫。そんな考えで社会が成り立つわけがない。そんな考えで社会に受け入れてもらえるだろうか。そんなつもりで生きていて良いなら人生そこまで苦労しなかった筈だ。考えが甘かったからこそこんな事になったのだ。それなりの責任を、償いをせねば社会復帰は出来ないに違いない…そんな考えでいつまでも借金生活から抜け出せない方もおられるのではないでしょうか。

 人として、社会人として、ふさわしいふるまいを、努力をせねばならない。そう感じるのも不思議ではないと思います。しかし、もしローンがかさんでしまったら。ローンがかさむとはどういうことでしょうか。人としてどうかしてしまったのでしょうか。何故かさんでしまったのでしょう。それに理由はあるのでしょうか。

具体的にして扱いやすくしましょう。

 ローンは一定の条件を満たせば組むことが出来ます。それをステータスとは考えずに、返済計画を実行するのに十分な余地があると認められたと解釈してみましょう。黙っていても勝手にローンが返済されるわけでもないのです。何もかも自分でやることはありませんが、自分や家族の収入、資産などなどから結局は支払われていくことになるのですから、ローンを組むという事は、無意識であっても返済計画を実行することだと言えると思います。

 ローンがかさんだという事は、返済計画が滞っているのでしょう。無理があったのです。実際以上に評価されてしまったようです。自分の実行力も考慮にいれなくてはなりません。トータルで不足があったのです。何でしょうか。自分に足りないものは考えて分かるでしょうか。
しかもお金の仕組みは複雑です。詳しい人はいるでしょうか。専門家です。

一体自分の借金はどうなっているのでしょう。自分には何が出来るでしょうか。どうすることが出来ますか。一体どうなるのですか。一人で考えて答えは出るでしょうか。難しいと思います。かさんだ債務をどうしましょう。専門家と一緒に整理しましょう。

妥当な方法が考えられています。

 債務を整理するには法律の専門家の力が必要です。債務整理にはどのようなものがあるかおおまかに見てみましょう。
 任意整理、民事再生、自己破産、というものがあります。

 任意整理とは、公的機関を通さず債務者と債権者の話し合いで行われ、法律に基づいて利息を軽減して返済計画を立てるものです。この方法は返済計画が無理のないものでなければ成立しませんが、弁護士に全てを、条件付きで司法書士に任せることができ、和解成立まで支払いがストップされます。他の手続きに比べて資料収集の必要が無くカンタンで、返済も弁護士を通じて行えます。弁護士は原則、将来の利息を付けないよう交渉してくれます。是非話し合ってみたいものです。

 民事再生とは任意整理が不可能な時に減額した借金を返済していく計画を立てるもので、地方裁判所に申し立てて行われます。大幅に減額できます。住宅ローンは減額できませんが、住宅を手放さずに行えます。住宅ローンが停滞していると交渉が難しくなることがあります。
 そのほか生活を維持する為に必要な事柄、手続きの簡略化等、法律の専門家に頼りたい事項がいくつかあります。

 自己破産とは、任意整理、民事再生でも返しきれないとき、地方裁判所に破産を申し立てて借金を帳消しにする債務整理です。一定の財産を手放すことになりますが、多重債務に陥った人の為の救済法で、再スタートの為の手続きです。

 生活に必要最低限なものを除いた財産以外は保障され、資産が無ければ手続きはすぐに終わります。破産開始決定と同時に破産手続きが終了します。

 弁護士費用は30万円ほどと少々高めです。連帯保証人がいれば、自己破産するとそちらに責任が全部行ってしまいます。また免責が受けられないと出来ません。

 この三つの方法にはそれぞれデメリットがあります。しかし、どれも生活の再建を目指したものになっているのは間違いありません。

きっと夢物語ではないと思います。

 利息が減ったり借金が減ったり、帳消しにまでなってしまうなんて、都合のよい話にも思えます。しかしこれらは生活再建の為に必要な事で、ここまでやって初めて生活が再建可能になるのだと思います。

債務整理の内容は調べることが出来ますが、やはり専門家と相談するのが良いと思います。調べれば様々な情報が出てきますが、そこから生活を再建するには、ここに至ったならやはり何らかの助言が必要ではないかと思うのです。

生活再建を計画して実行するにも最初はなかなか大変なのではないでしょうか。計画の実行が可能な内容になっていても、生活の再建もローンの返済もなかなか大変なものだと思います。

債務整理にはメリットデメリット、周囲に影響を与える内容があり、分かりにくいけれど自分の生活に深く関わってきます。よく相談して考慮して計画を立て、生活再建に取り組みたいものです。

今すぐに考えてみませんか。

 自分の視点で色々と書いてみましたが、債務整理について何かご意見に変化はございましたでしょうか。困ったときは頼りたいものだと思います。しかし本当は困ったことになってしまう前に、しっかり考えて計画が立てられていると良いのかもしれません。

(PR)ビットコイン買うなら『coincheck』
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
(PR)ふるさと納税なら「さとふる」

SNSでもご購読できます。