【借金の苦労から解放!】任意整理のメリットと特徴

スポンサーリンク

任意整理とは何か?

任意整理は、借金の当事者である貸金業者と債務者が、裁判所を通さずに協議を行うことで和解を目指すものです。任意整理が実施されると毎月の返済額が減額されたり、場合によっては債務額や利息そのものの減額も認められる場合もあります。

任意整理で和解に達すれば、債務額や返済額が減額されるため、借金の返済が容易なものとなります。任意整理は借金に苦しむ場合、最初に利用を検討すべき債務整理の手段となるのです。

任意整理と個人再生、自己破産との違い

債務整理には任意整理の他に、個人再生と自己破産があります。
ここで個人再生と自己破産は裁判所で行われる法的手続きです。個人再生や自己破産を目指す場合には、法律家に依頼し裁判所に必要書類を提出し、裁判所の判断を仰ぐ必要があります。

個人再生や自己破産は裁判手続きであるため、時間やコストが嵩む傾向にあります。しかし任意整理は裁判外の手続きです。個人再生や自己破産に比べ金銭負担も軽く簡単な手続きで実施できるため、利用しやすいという特徴があります。

個人再生や自己破産が認められると、債務の減額が認められることになります。その効果が大きい分、負担も大きなものとなります。

個人再生では官報で氏名が公表されてしまうため、個人再生に頼って事実上借金を踏み倒したことが周囲に知られてしまう可能性があります。また自己破産の場合では、持ち家や自家用車の所有が許されなくなり、20万円を超える預貯金も没収されてしまいます。

しかし任意整理では、手続きの実施について誰にも知られることなく、財産の所有について制限されることもありません。

手続きも容易で、財産の制限を受けることもない任意整理は個人再生や自己破産に比べると実施しやすい債務整理の手続きなのです。

任意整理のメリット

任意整理を実施するメリットは借金に苦しめられていた生活から開放されるというところにあります。

任意整理は貸金業者の側と同意する必要があるため、債務者が債務額の減額を希望しても、なかなか応じてもらえないのが実情です。しかし債務額が減額されなくても効果がないわけではありません。

任意整理では債務総額はそのままでも、毎月の返済額をそれまでの2/3や半額にまで抑えることで同意するケースが多くなっているのです。

返済額が減額されれば、毎月の返済は容易なものとなります。完済までに時間はかかるものの着実な返済が可能となり、借金から苦しめられる生活から開放されます。

そこで毎月の返済が厳しく、返済のために新たな借金の融資を受けなければならない状況にあるのであれば、任意整理の利用を検討すべきなのです。

任意整理におけるデメリット

任意整理は債務整理の手段であるため、実施すると信用情報機関に異動情報が記載されてしまいます。この異動情報はいわゆるブラックリストへの登録を意味するもので、5年間は消えません。
任意整理から5年間はキャッシングの利用や新規クレジットカードの作成ができなくなります。また当然ながら住宅ローンや自動車ローンなどの利用もできなくなるため、生活で不便を強いられることとなります。

また任意整理はあくまで当事者間で同意を目指すものです。そこで貸金業者が同意に応じなければ任意整理を利用できません。
貸金業者が同意に応じない場合には、次の手段である個人再生や自己破産を目指すことになります。

任意整理を実施するには

任意整理の実施には条件が課されており、債務者に定期収入があることが必要です。債務者が無職である場合には、手続き後の着実な返済が見込まれないために任意整理は行えません。

また任意整理は裁判外の手続きであるとはいえ、貸金業者と交渉する必要があり、専門家の力を借りる必要があります。

司法書士あるいは弁護士に依頼して任意整理の和解を目指すことになります。

一般に債務額が少額である場合には、依頼費用も低額な司法書士に依頼したほうが依頼費を抑えることができます。ただし任意整理によって減額される債務額が140万円を超えるようなケースでは司法書士は受任できないため、多額の債務を抱えている場合には弁護士に依頼する必要性が出てきます。

まとめ

このように任意整理は多額の借金を抱えた場合に頼りとなる救済手段です。
任意整理を実施すれば、多くの場合で毎月の返済額の減額が認められることになります。また交渉が上手く行けば、債務額や利息についての減額も期待できます。

任意整理は他の債務整理とは異なり所有財産の制限などもないため、デメリットが少なく容易に利用できる債務整理の方法です。借金の返済に苦しんでいる場合、真っ先に利用の検討が推奨される救済手段となるのです。

(PR)ビットコイン買うなら『coincheck』
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
(PR)ふるさと納税なら「さとふる」

SNSでもご購読できます。