債務整理期間を短くするのは前向きな気持ちと3つの点

スポンサーリンク

債務整理期間は時短がトレンド傾向にある

債務整理期間は行う債務整理によって異なりますが、共通する傾向として「手続きにかかる時間や、債権者と債務者の話し合い等を短くして早期決着を目指す」傾向が強くなっています。
これには主に債権者と債務者の事情、そして時勢がからんでいます。

債権者としては、債務整理期間が長く続くのは精神的に辛く、立ち直りに時間がかかります。
債務者の立場では、債務整理が続く間は借金の督促も出来ないし、応対に割く人や時間などコストがかり続けることになります。

更に昨今の経済苦から債務整理を行う人が増加傾向にあり、早期決着をつけることが望ましいという時の後押しもある為です。

全てのケースが該当する訳ではありませんが、時短で進行するのは嬉しい所です。

債務整理期間を短くする為には

債務整理期間は出来る限り短くしたいのが人情というものです。
その為に欠かせないポイントは、弁護士や司法書士といった債務整理を代行する代理人に関係する三点が挙げられます。

1.債務整理を専門とする代理人の選定
2.債務整理を行う代理人との緻密な連携
3.債務整理をしてやり直したい強い意思

債務整理期間を短くするうえで代理人の存在は必要不可欠となっています。
債務者が自分ひとりで行う事も出来なくはないですが、素人がやるよりもプロに任せた方がスムーズに進むのは明らかです。
また代理人も人間ですから、依頼人である債務者との連携が必須となります。

代理人の見極めと、意思疎通の連携。そして何よりも債務者が債務整理をして人生をやりなおしたい決意が債務整理期間を短くする重要なポイントです。

債務整理期間を短くするコツ1 代理人の選定

債務整理に強い事を売りとする弁護士や司法書士は少なくありません。
債務整理期間を短くできるだけではなく、債務整理で有利な条件を引き出せるか等、彼ら代理人の技量が占める割合は大きく、それだけ代理人の選定は必須と言えます。

ホームページ等で債務整理を実際に解決した事例の詳細を載せていたり、依頼する前に相談の面談をしてみて、親身に話を聞いてくれるか、分からない点もすぐに答えてくれるか、そして何よりも現在の状況に対して明確な解決の道筋を提示してくれるかを確かめてみると良いでしょう。

無料相談を行っている法律事務所は数多く存在しますし、法テラス等で法律相談を担当している弁護士もおられます。
そこから債務整理を始める事も珍しくはありません。
まずは固くならずに彼らに相談してみてはいかがでしょうか。

債務整理期間を短くするコツ2 代理人との緻密な連携

債務整理の手続きは、一部を除いて全てが代理人任せという訳には行きません。
時には債務者が書類の記入や受け取り、資料の提出をしたり、裁判所に赴いたりする必要があります。

それだけに彼らとの緻密な連携は必須となります。と言っても身構える必要はありません。
代理人はプロですので、債務整理の流れは頭の中に入っています。
彼らの指示に従い、時に不備があった場合にすぐ対応する。そのつもりで問題ありません。
逆に対応が遅れるとそれだけ手続きが長引く事になり債務整理期間は延びる事になります。

それだけならまだしも、最悪代理人から債務整理の辞任を受けることもあります。
彼らも請け負っている債務者は一人ではありません。手に負えない、やり直す気概が感じられないと彼らも匙を投げてしまうのです。

代理人はあくまで代理人です。全て代理人に丸投げして、後は良きにはからえという訳ではありません。
債務整理期間を短くする点として、代理人との連携は欠かせません。

債務整理期間を短くするコツ3 やりなおす強い思い

債務整理を行う際に、債務者はひどく疲れ切っている事もよくあります。
その為、代理人に依頼したのは良いが後は投げやりで手続きが滞り続けた結果、最悪、前述の代理人の辞任といった事態も出てきます。

疲れ切っていてももうひと踏ん張りです。
債務整理が終わった先には、少なくとも今よりは良い未来が待っているはず。
「債務整理して何としてもやり直したい!」
その強い気持ちがあるだけでも今後の方針を決めたり、手続きに前向きに取り組めたりと良い事ずくめです。

代理人も人間ですので熱意のある人には、応援や手助けしたくなるのが人情というもの。
熱意ある人を優先的に注力するケースも珍しくありません。
極端に短くなる訳ではありませんが、手続きが捗れば債務整理期間も当然短くなります。
依頼者の気持ち次第で、彼らは更に心強い味方になってくれるでしょう。

債務整理期間を短くするのは積極的な姿勢

普通の日常とは違う債務整理期間は、なるべく短くしたいもの。
その為には前向きな姿勢で代理人と二人三脚で債務整理に取り組む事が重要です。
時には心折れる事もありますが、あと一息踏ん張る姿勢で乗り切りましょう。

(PR)ビットコイン買うなら『coincheck』
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
(PR)ふるさと納税なら「さとふる」

SNSでもご購読できます。