もうローンは組めないの!?債務整理後の借り入れについて

スポンサーリンク

債務整理の基本

債務整理とは返済が苦しくなってしまった債務を整理し、返済できる程度まで減額したり借金を帳消しにする手続きです。
返済期限の延長や債権の一部放棄などの手続きを伴いますが、債務放棄といっても何種類化の方法がありそれぞれ適用範囲や手続き後の制限に大きな違いがあります。

返済に苦しむ人にとっては救いの手となる手続きですが、影響は小さなものではありません。安易な気持ちで債務整理手続きをしても認められない可能性が高く、仮に手続きが認められたとしても長い間制限に苦しむことになってしまいます。
必要であれば債務整理をためらう必要はありませんが、軽い気持ちで申請するのは慎みましょう。

債務整理後の借り入れが不可になる?

債務整理手続きを行うデメリットの中で最も影響が大きいのが「債務整理後の借り入れが不可になる」ことです。
債務整理とは債権者から見ると信用してお金を貸した相手に裏切られる行為となります。そのため貸付相手として不的確とみなされてしまい、債務整理手続きから一定期間は借り入れができなくなってしまうのです。

信用情報機関に登録されると借り入れができなくなる

債務整理手続きをしても前に借り入れたのとは異なる別の金融機関から借り入れればいいじゃないか、という甘い考えは通用しません。
債務整理手続きを行うと、その事実が信用情報機関に登録されてしまいます。信用情報機関とはが個人の金融信用情報を登録するための専門機関で、信用情報機関に登録された情報は加盟している金融業者で共有されてしまいます。

債務整理手続きを行った事実はすみやかに信用情報機関に登録されるため隠すことは不可能です。いちど金融業者に知られてしまったら債務整理手続きを行った人間に貸付を行う業者などあるはずもなく、債務整理後の借り入れはできなくなってしまいます。
信用情報機関に登録された個人金融情報は加盟している金融業者には開示されますが、それ以外の個人には非公開です。本人又は本人の代理人以外が閲覧することはないので悪用される心配はいりません。

いつになったら債務整理後の借り入れが可能になる?

信用情報機関に記録された債務整理手続きの情報は変更したり消去することはできません。ただし、信用情報機関の情報は永久に残るものではなく、一定期間経過後に情報は削除されます。
債務整理手続きを行って借り入れができなくなったとしてもある程度の時間が立てば登録情報は削除され、債務整理後の借り入れが可能になります。

株式会社日本信用情報機構(JICC)に保存される債務整理情報の期間は5年ですが、全国銀行個人信用情報センター(KSCC)では10年と信用情報機関によって期間は異なります。また、債務整理の方法によっても保存期間は異なります。
借り入れ審査の基準は業者が独自に設定するため、5年又は10年経過したからといって必ず借り入れが出来る保証は無く、融資を断られることもあります。

官報への掲載も大きなポイント

債務整理手続きの中には、手続きを行った事実を公表しなければいけない手続きもあります。
債務整理手続きの方法で自己破産と民事再生を選んだ場合、その事実が公表され官報に氏名が記載されてしまいます。官報に記載されれば信用情報機関への登録はもちろん、金融業者独自のリストにも情報が掲載されてしまうのは間違いありません。

官報に掲載されなかったからといって債務整理後の借り入れがすぐ可能になることはありませんが、自己破産と民事再生で債務整理を行えば債務整理後の借り入れができるようになるまでより長い時間が掛かる可能性があります。

クレジットカードも使えなくなる?

債務整理後の借り入れで忘れてはいけないのが、クレジットカードの存在です。
債務整理後はクレジットカードのキャッシングサービスによる借り入れはもちろん、クレジット払いも使用不可になってしまいます。
普段使用しているときはあまり意識しませんが、クレジットカードも立派な借金です。

先に品物を受け取り支払いは引き落とし日にまとめて支払えるのは代金をカード会社が立て替えているからであり、その間はカード利用者が購入代金分をカード会社から借金している状態にあります。
債務整理後の借り入れができないからクレジットカードを使おう、という考えは通用しません。債務整理後はほぼすべての支払いで現金払い以外の選択肢がなくなってしまいます。

債務整理後の借り入れで気をつけること

債務整理後は借り入れできなくなってしまいますが、中には債務整理後の借り入れOKと掲げる貸金業者も存在します。
しかし、そのような業者に安易に近づいてはいけません。なぜなら債務整理後の借り入れを認めるような業者は違法な貸金業者、いわゆるヤミ金である疑いが強いからです。

債務整理をした人間にお金を貸すのは貸金業者にとって大きなリスクです。そのようなリスクを知りながらお金を貸すということは、違法な利息や違法な取り立てをして暴利をむさぼる闇金業者以外に考えられません。
貸してくれるからと言って安易に債務整理後の借り入れをしてしまうと、あっという間に立て直したはずの生活が破綻しかねません。甘い言葉で近づいてくる業者には注意してください。

まとめ

債務整理後の借り入れは絶対できないわけではありませんが、手続きから数年の間は新たな借り入れはほとんどできなくなります。
一回債務整理手続きを行ってしまうと二回目はほぼ認められません。借金に苦しむ日々に戻らないためにも安易な借り入れは避け、堅実な生活再建を第一に考えましょう。

(PR)ビットコイン買うなら『coincheck』
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
(PR)ふるさと納税なら「さとふる」

SNSでもご購読できます。