お金を借りる際に知っておきたい審査の仕組みとは?

スポンサーリンク

審査について詳しく知ろう

審査はどんなローンを利用する際にも必ず経なければいけないものです。銀行などの金融機関もビジネスでお金を貸していますが、そんな金融機関が最も恐れるのが「お金を返してもらえないこと」です。最近では債務整理の方法も増えてきていて、せっかくお金を貸したのに元が取れないなんてことにならないように金融機関も気をつけているのです。そのため、審査を設けているのですが、こういった審査がないような金融機関も存在します。それがブラック金融です。そのため、「審査がなくても借りられる!」といった宣伝文句の金融機関は避けておくのが一番でしょう。

審査の内容や条件について

審査では「お金を返していける安定した収入があるか」といったことが重視されます。これを調べるために職場に電話をしたり、収入証明書の提出を求めますが、他にも「信用機関に登録されていないか」も調べられます。過去にクレジットカードなどの返済遅滞があると信用機関に登録されてしまうのですが、基本的に信用機関に登録されているとお金を借りることはかなり難しいことは押さえておきましょう。また、審査の大前提として年齢条件もあります。基本的に満20歳以下は審査からはねられてしまいますから気をつけましょう。成人していれば学生であっても問題ありません。

審査が通らない原因とは?

審査に落ちてもその原因を教えてもらうことはできません。審査に落ちてしまう原因は実に色々ありますが、もしも審査に落ちたら「どうして審査に落ちたのか」分析していくことが大事です。そんな審査に落ちてしまう理由の一つが「返済能力がない」ことです。無職や専業主婦だとこれに当てはまりますが、仕事をしていても派遣などの定収入で安定していない仕事であれば、返済能力がないと見なされてしまうこともあります。また、前述した信用機関に登録されている場合も審査に落ちてしまいます。加えて、他社からの借入額が多いことによって審査が通らないことも良くあります。このように審査に通らない理由は実に多様ですから、次の審査に受かるためにも自分なりに分析していくことが欠かせません。

審査に受かりやすくするコツ

審査はちょっとした工夫で遥かに受かりやすくなります。例えば、融資希望額を下げることもその一つです。融資額が低ければそれだけ低い収入でも返済できるとみなされる可能性が高まり、審査を突破できるようになります。加えて、気をつけて欲しいのが印象についてです。例えば、窓口で申し込む際はしっかりとした服装で行く、丁寧な話し方に気をつけるといったように注意してみましょう。また、申込書類に記入する際には丁寧に書き込むことをオススメします。丁寧に文字を記入すれば自然と印象も良くなり、融資も受けやすくなることがあるのです。このように、お金を貸すかどうか審査する側も同じ人間ですから、より堅実な人の方がお金を貸したくなるのは当たり前です。文字を丁寧に記入するといったようなことは小さなことのように思えるかもしれませんが、「文字が汚くて落とされたのかも」といった余計な不安を消すためにもやってみてください。

審査が甘い業者はあるのか

審査が受からない際には「審査が甘い業者はないのか」といった思いを抱くものです。実際に審査が他の銀行や消費者金融よりも緩いところは存在します。こういったところでは無職や専業主婦でも借りれるようになっており、もしも働いていないのであれば活用しておきたいところです。また、他にも狙っておきたいのが新興の消費者金融です。出来たばかりの消費者金融では審査基準も甘くなることが多く、他の銀行や消費者金融では審査に受からなかった人でも審査に通る事があります。また、消費者金融よりも銀行の方が審査が厳格だと考える人もいますが、実はこれはそこまで根拠のあることではありません。銀行であっても消費者金融であっても、ブラックリスト入りしている人であれば融資を断られますし、返済能力があると認められればお金は貸してもらえます。そのため、余り銀行と消費者金融の違いにこだわる必要はないと行っても良いでしょう。

審査に通るかどうかはやってみないと解らない

このように審査に通るコツを紹介しましたが、実際に審査に通るかどうかはやってみないとわかりません。ブラックリスト入りしている人でも時間が立てばブラックリストから外されますから、何度も審査にトライしてみるのも一つの方法でしょう。

(PR)ビットコイン買うなら『coincheck』
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
(PR)ふるさと納税なら「さとふる」

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*