銀行でのお金の借り方も金融技術で進化する!?今までになかった銀行でのお金の借り方とは

スポンサーリンク

商品によって、お金の借り方が様々に

 金融技術やインターネットの普及により、従来は店舗に出向くのが当たり前だった、お金の借り方が変化しています。現在は、基本的に担保が不要な融資は店舗に出向く必要はなく、担保が必要な融資は店舗に出向く必要があります。これは、担保設定が必要な融資は最終的に抵当権の登記が必要になり、銀行だけでなく、司法書士などとの打ち合わせも必要となるためです。

一方で、銀行側にとってはコスト削減が急務となっており、インターネットや店内等のローン契約機、コールセンターを活用することで審査体制を集約させ、同時にスピード回答も可能なように整備しています。今回は、カードローン、目的別ローン(無担保、有担保)、住宅ローンに別けて、それぞれのお金の借り方について解説していきたいと思います。

カードローンは競争激しく、最も借りやすい

 カードローンは高い利ざやが見込めるため、各行とも利便性の強化に力を入れています。申し込み方法は、インターネットバンキング、ローン契約機、コールセンター、郵送、窓口と最も間口が広くなっています。また、本人確認がとれており、収入証明書が不要な場合は、審査書類提出を不要にし、利便性の向上を計っています。

さらに最短30分で審査を完了させ、審査結果も9時~21時まで伝えることで、申し込み形態によっては即日利用を可能にしています。また、便利なのが自行のATMだけではなく、コンビニに設置されたATMも手数料無料で利用できることです。このように考えると、カードローンはお金の借りやすさという面から考えると、最も進化していると言えるでしょう。

目的別ローン(無担保)は、1度だけ出向く必要あり

 目的別ローンとは、教育ローン、マイカーローン、フリーローンの総称です。どの商品も商品構成が似通っているため、基本的には同じ審査手法を採用しています。金利は、資金使途に鑑みて、教育ローンが最も低く、自動車ローン、フリーローンの順に高くなっていきます。これらの目的別ローンには、マイカーローンを除いて、無担保型と有担保型があり、有担保型の方が多額のお金を借りられるようになっています。

まず、無担保型についてです。無担保型はカードローンの審査と近いところがあり、手続きもカードローンに準じた取り扱いとなっています。申し込み方法も、インターネット、ローン契約機、コールセンターとなっており、即日審査されます。カードローンと違うのは、審査結果の連絡後、契約手続きのために1度だけ店舗かローン契約機に行く必要があるということです。それでも、以前に比べて便利になっています。

目的別ローン(有担保)は住宅ローンに準じる

 一方で、有担保型の目的別ローンは、住宅ローンに準じた取り扱いとなっています。店頭で申し込みを行い、審査の上、債務者が死亡したら債務がなくなる団体信用生命保険への加入、万が一、債務者が延滞した場合のための保証会社の保証が受けられること、自宅への抵当権の設定登記などが必要になります。

従って、申し込みから融資完了までは時間がかかり、複数の契約書類を締結する必要があります。ただしその分、審査が通れば多額のお金を借りることが出来、教育ローンで数千万円、フリーローンではそれ以上の金額に上ります。無担保型か有担保型かは必要資金による所が大きいですが、手続きの品雑さを考えると無担保型にしたい所です。ただし、無担保型は銀行側の債権保全の関係から、金利は有担保型よりも高くなっています。

住宅ローンは店舗に出向く代表格

 住宅ローンはインターネットで申し込める商品があるものの、最終的には上記と同様に、団体信用生命保険への加入や保証会社の保証が受けられること、自宅への抵当権の設定登記などが必要となるため、店舗へ出向き、複数の契約書類を締結する必要があります。

また、住宅ローンは不動産業者も介在してくるため、他のローンとは別のルールが多数存在します。恐らく、銀行でお金を借りる事例としては、もっとも時間がかかると思いますが、将来のマイホームという観点から見ると、それだけ時間をかける価値があるとも言えます。住宅ローンで他のローンと違うのは、様々な特約が充実していて、万が一の保障に備えることが出来るようになっていることです。これは、借入額が多く、返済期間も長い、住宅ローンの特長と言えます。

金融技術の発達で今後はますます便利に

 フィンテックと呼ばれる、金融とITの融合は確実に進歩しています。今後は自動審査システムなどが開発され、お金を借りる人はますます便利になるかもしれません。しかし、便利な商品はつい多用しがちです。自分に必要な金額はいくらなのか、しっかり見極めることも大切です。

(PR)ビットコイン買うなら『coincheck』
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
(PR)ふるさと納税なら「さとふる」

SNSでもご購読できます。