絶対に抑えておきたい!銀行からお金を借りる有効な方法とは?

スポンサーリンク

銀行融資の特徴とは?

銀行の融資には特徴があります。その一つが消費者金融よりも低金利かつ長期間の貸入れができるということです。そのため、教育資金や住宅ローンといった長期間でお金を借りないといけない場合には銀行で融資を受けることが適しています。また、銀行で融資を受けることで、銀行口座を使って返済を行っていくということが可能なのも特徴です。加えて銀行融資でも返済が遅れるなどの事態が発生してしまうと信用機関に登録されてしまうことは気をつけておきたいものです。一度信用機関に登録されてブラックリスト入りしてしまうとその後数年はローンを契約するといったことも思うように行かなくなります。

自分にあったローンを選ぼう

銀行のローンには実に色々なものがあります。リフォームローンやカーローン、住宅ローンや多目的ローンといったように目的に応じてローンが用意されていますから、使途に応じて選びましょう。こういった銀行のローンでは目的以外に借りたお金をつかうことは基本的にできないこともポイントです。賢くお金を借りるためにもローンを実際に選ぶ際には他の銀行のローンとも比較してみることは欠かせません。その際に金利や返済期間、貸出額の3つは特に注目しておきたいものです。また、通常の銀行と一際違った特徴があるのがゆうちょ銀行です。ゆうちょ銀行のローンには独特なものがありますから、ゆうちょ銀行のローンも検討してみることは忘れないでおきましょう。

銀行の審査について

銀行からお金を借りる際には審査は避けては通れません。基本的に銀行の審査では「借りる額に対して返済能力があるか」どうかが重視されますが、銀行の審査も実に多様なものがあります。収入証明書がなくても大丈夫なところや専業主婦でも利用できるローンを提供している銀行もあります。また、事業資金を借りる際も個人で借りる際と大きな違いはありませんが、「反社会的勢力でないか」「事業の継続性はどうなっているか」といった点をチェックされます。また、銀行ごとに独自の審査基準もありますから、実際に借りられるかどうかは実際に審査に応募してみないことにはわからないというのが実際です。

急いでいるならカードローン

カードローンは数ある銀行の商品の中でも利用がし易いものです。カードローンは最短で即日融資をしてもらえたり、インターネットで24時間申込めるということが魅力ですが、他にも見逃せない利点があります。例えば、コンビニのATMなどでいつでもお金を借りることができるということや、口座を開設する必要性もないといったようなことはカードローンならではでしょう。何より、カードローンは借りたお金の使途を問いません。そのため、借りたお金を住宅ローンに充てることも、車の購入費に充てることも可能なのです。このようにメリットの多いカードローンですが、それだけ借りられる金額が少なかったり、借りやすいのでついつい使いすぎてしまうといったデメリットも意識しておきたいものでしょう。また、家族にカードローンを作っているのを隠したい場合には消費者金融のカードローンを利用してみることもオススメです。消費者金融ではカードローンの利用明細を送られてこないようにすることができるといった利点があるのです。これもカードローンを作る際には知っておきましょう。

お金を借りる際には必ず返済計画を立てよう

返済計画を立てることは銀行からお金を借りる場合には大事です。返済計画を立てるためにはまずは自分の将来がどうなるのか見なおしてみることが必要です。もしも転職や留学などをする予定があるのであれば、それも検討に入れて将来収入を計算してみましょう。借りる額はこういった将来収入にムリのない範囲であることがポイントです。このような返済計画は場合によっては銀行では立ててくれませんから、自分で立てないといけません。返済計画を立てておけば将来に対する不安も少なくなってきます。いずれにしても家族を持つと言う場合には住宅ローンやカーローンで多くの人が銀行からお金を借りないといけないようになります。そのため、こういった返済計画といったものにも慣れておくと良いでしょう。

銀行からお金を借りる方法は色々ある

銀行からは住宅ローンやカードローンといったように色々な方法でお金を借りられます。しかし、前述したようにしっかりと計画を立てておくことは欠かせません。賢く銀行の融資を利用してお金の不安を少なくしていきましょう。

(PR)ビットコイン買うなら『coincheck』
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
(PR)ふるさと納税なら「さとふる」

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*