銀行のおまとめローンを契約するメリット・デメリットを知っておこう!

スポンサーリンク

借金の管理は大変!

最近、こんなCMを見たことはないですか?「借金をまとめて頭の中の借金に関する考え事を減らす」のような。借金は、消費者金融、カード会社のキャッシング、銀行カードローンなどとありますが、消費者金融やカード会社のキャッシングでもいわゆる総量規制という年収の3分の1までであれば会社がOKを出せば借りることができますし、銀行カードローンは総量規制の対象外ですから、ある程度までは出来てしまいます。最初は必要に応じて契約したとしても、使えるお金が多くなるものですから、色々手を出してしまって、気が付いたら借金で借金を返していたなんてことにもなりかねません。どこから借りたかによって、支払う利息も違いますし、返済日もまちまちです。これを管理するだけで、CMみたいに頭がいっぱいになってしまいます。

おまとめローンとは?

複数の借金をしている方が、できれば借り換えによって、借金の返済を気を付けなくても済むように、また、返済総額を減らす目的で、各金融会社は「おまとめローン」という商品を用意しています。「おまとめローン」とは、いわゆる借り換えにより、現在の契約している複数の金融会社の借金を1つの借金に統一して、返済日を1つにし、また金利を多少安く設定することで、そのまま借り続けるよりは利息面でお得になるローンのことです。金融会社から見れば、敵に見える存在ですが、それぞれの金融会社は通常のローン商品と並行して「おまとめローン」を出しています。これは、簡単に言えば、恩を売ることによりその人を顧客化するツールなのですね。おまとめローンは、総量規制の対象外なので、一時的に借入残高が年収の3分の1を超えても問題はありません。

おまとめローンは銀行でも出しているのですか?

おまとめローンは、金融会社がこぞって商品として出しています。銀行もその1つです。銀行のカードローンやフリーローンは、消費者金融やカード会社のように資金を銀行や出資者から拠出もしくは借り入れすることでそこから貸し出しをしているのに対し、銀行のローンは、自己資金で貸し出ししています。その分、利息制限法の制限金利よりはるかに少ない金利で貸し出すことができます。銀行も、かつては法人や富裕層が取引相手でしたが、現在はリテール層、つまり小口取引も積極的です。銀行間の競争も激しいため、顧客の獲得に躍起になっています。消費者金融会社と同様、銀行も顧客を獲得したいのです。複数から借金をしていても、延滞に陥っていない人はまだ完済してその後顧客になってくれる可能性があります。そういう方にアピールし、使ってもらうのが目的です。おまとめローンも消費者金融会社が出している商品より金利が安いことで知られます。

銀行のおまとめローンに借り換えする際のメリット

銀行が出しているおまとめローンに、現在の複数の借金を取りまとめる場合のメリットについて考えます。
(1)複数の消費者金融会社やクレジットカード会社のキャッシングを利用している場合は、金利が下がることで、返済総額を減らせる可能性が高いです。2006年以降に貸金法が改正されてから、利息制限法の上限を超える金利は課すことができなくなりましたが、今でも消費者金融会社やクレジットカード会社のキャッシングは上限に近い金利で貸すことが多いです。複数の借金がある場合、それぞれが金額が低めで、それゆえ金利も同法の上限近くの場合が多いと思われます。銀行のおまとめローンであれば、金利が安くなりますので、ほぼ間違いなく金利を含めた返済総額は利用前から減ります。

(2)複数から借金している場合、返済日がまちまちになっていますが、おまとめローンで借り換えすることにより、返済日が月1回になります。

(3)このおまとめローンによる借り換え行為は、債務整理には該当しません。よって、よく言われている、信用情報機関に登録されている個人情報に延滞などの住宅ローンなどを借りたりクレジットカードを作成する際に不利な情報を追加されることはありません。

銀行のおまとめローンに借り換えする際のデメリット

銀行が出しているおまとめローンに、現在の複数の借金を取りまとめる場合のデメリットについて考えます。
(1)おまとめローンは、返済専用ローンであることがほとんどです。借り換えを目的としているので、新たな借金はできないような商品です。つまり、借り換えと同時に、とにかく返済をしていくことに集中する必要があります。借り換えによりいくらかは浮くことになるので、それが貯まってきたときに新たにお金を使うという風に考えを変える必要があります。もし、他の金融会社に、新たな借り入れを申し込んで、それが発覚した場合、一括返済を求められる可能性もあります。

(2)おまとめローンは、ただでさえ金利を優遇しています。従って、審査は厳しいものになります。基本的に、これまでの返済を延滞していないことが前提です。貸す側も延滞無く返済してもらえることを期待しているのですから当然です。そして、銀行系のおまとめローンは、消費者金融系おまとめローンよりさらに厳しい審査となります。今後の顧客候補なわけですから、それに見合った人のみ受け入れたいからです。

(3)もし借金が銀行のものが主体の場合、金利的に不利になる可能性があります。元々の借金が銀行のローンであれば、低い金利だからです。

銀行のおまとめローンは金利で優位だがデメリットも考慮

いかがでしたか?おまとめローンは銀行でも扱っていますし、なにより低い金利が魅力です。また、審査が厳しく、おまとめローンの後で追加借り入れが難しくなるというデメリットもあります。借り換えの際には十分検討して利用するようにしましょう。

(PR)ビットコイン買うなら『coincheck』
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
(PR)ふるさと納税なら「さとふる」

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*