知っておくと役立つ!意外と皆知らない国からお金を借りる方法

スポンサーリンク

国からお金を借りるということ

国からお金を借りる際の共通したポイントとして「手続きに時間がかかる」ということは見逃せないポイントです。国からお金を借りる際には窓口が限定されていたり、銀行のようにネットから申し込めない、平日に窓口に行かないといけないといった不便もあります。とはいえ、国からお金を借りると低金利で借りやすいといったことは知っておきたいメリットでしょう。加えて、長期間の借り入れが可能なことも国から借りる場合ならではの事です。また、通常の銀行からお金を借りられない際にも利用できることがあるのも国からお金を借りることのメリットです。このように国からお金を借りるとメリット、デメリットがあるのですが、こういったポイントをしっかりと押さえて利用していきたいものです。

総合支援資金貸付制度とは?

この総合支援資金貸付制度は仕事を失って収入がなくなった、といった場合に利用できる国の貸付制度です。借りられる額は生活支援費の場合、単身世帯で付き額15万円まで借りることができます。また、一時生活再建費としては60万円以内、住宅入居費としては40万円以内の貸与が利用できます。このように色々な項目でお金を借りることができ、仕事をなくしてしまいお金に困った際には真っ先に利用しておきたい制度です。返済が始まる期間も最後の貸付から6ヶ月以内となっており、それまでに仕事が見つけられるように配慮されています。返済期間は最長で20年と長く設定されていることも魅力でしょう。

総合支援資金貸付制度を利用する際の注意点

この総合支援資金貸付制度を利用する際には条件があることは知っておきましょう。まず大前提として「仕事を探す意欲があって自立に意欲的」ということは大事なポイントです。他にも、住宅の確保が見込まれる人であることや、生活が苦しい状況に陥っていると認められること、といったように細かい条件があります。特に、総合支援資金貸付制度以外の貸付を受けられるとこの総合支援資金貸付制度が利用できないこともありますから注意しておきましょう。総合支援資金貸付制度を利用する際に窓口となるのがハローワークや社会福祉協議会などです。これらの機関に相談をして総合支援資金貸付制度の利用ができるかどうか話します。申し込みの際には自立計画書や入居予定住宅の状況通知書などが必要となってきます。申し込み後には審査もありますから、貸付までにある程度時間がかかることは覚悟しておきましょう。また、連帯保証人が原則として必要になってきますが、なくても利用できます。この場合には貸付利子がつくことは知っておきましょう。いずれにしても、この制度を利用する際にはハローワークや社会福祉協議会に行って話をしてみることからはじめましょう。

総合支援資金貸付制度を利用する際の注意点

開業資金がなくて困った際には政策金融公庫を利用しましょう。政策金融公庫は通常の銀行と違い、個人事業であったり、実績のない会社であっても借りやすくなっていることがポイントです。日本政策金融公庫から借りる際には無担保であったり、長期化仕入れができるというメリットが有りますが、他にも格安の金利であることも魅力的な点でしょう。また、1千万円以上の高額貸付も可能になっていることもポイントです。このように開業資金で困った際にはまずはこの政策金融公庫を頼ってみたいものでしょう。政策金融公庫の貸付制度には色々なものがありますから、自分にあったものを選んで利用していきましょう。

緊急小口資金貸付とは?

緊急小口資金は「入院などで急にお金を要する場合」や「年金支払などで生活費がなくなってしまった場合」に利用できる国の貸付制度です。この緊急小口資金では最高で10万円まで借りることができ、無利子で利用することができます。このように緊急小口資金は困ったときには役に立つ制度ですが、申し込の際には印鑑登録証明書や健康保険証など、色々と書類が必要になってきますから用意しておきましょう。返済は融資を受けてから3ヶ月目からとなっており、返済までに時間的な余裕があることもこの緊急小口資金の魅力です。

銀行以外にも選択肢がある

このように国からも色々な方法でお金を借りることができます。お金を借りる際には銀行だけでなく国からも借りられるということを知っておくだけで救われることもあるでしょう。とはいえ、手続きに時間がかかるといったデメリットはしっかりと押さえておきたいものです。

(PR)ビットコイン買うなら『coincheck』
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
(PR)ふるさと納税なら「さとふる」

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*