市役所でお金を借りられる金額っていくらなの?利用の仕方を徹底紹介!

スポンサーリンク

市役所の生活福祉資金制度

市役所には色々な制度やサービスがありますが、最初に紹介しておきたいのが生活福祉資金制度です。これは社会福祉制度の一つであり、社会福祉協議会が実施しています。この生活福祉資金制度には総合支援資金、福祉支援資金、教育支援資金、不動産担保型生活資金の4つがあり、状況によって選べます。利用対象者としては低所得者などが当てはまりますが、低所得であればハローワークを経由して申し込むということが多いのも特徴です。連帯保証人がいれば無利子で借りることができますが、連帯保証人が居ない場合にでも年に1.5%の利子で借りられることも押さえておきましょう。この社会福祉制度を申し込む際には審査がありますが、そういったことも合わせて深く掘り下げていきましょう。

借りられる金額はどのくらい?

この生活福祉資金制度で借りられる金額は種類によって異なってきます。例えば総合支援資金であれば生活支援費として単身世帯で付き15万円、住居入居費として40万円、一時生活再建費として60万円以内の支援が受けられます。また、福祉資金であれば福祉費として580万円以内、緊急小口資金として10万円以内の支援が受けられます。教育支援資金であれば、高校の子供がいる場合は月に3.5万円以内、大学生であれば月に6.5万円以内の支援が受けられます。また、就学支援金として50万円内の支援が受けられることもポイントです。他にも不動産担保型生活資金であれば、月に30万円以内の支援が受けられます。このように額としては十分なものがありますから、安心してお金を借りることができるでしょう。

実際に利用する際には

この生活福祉資金制度を実際に利用する際には市役所に行くか社会福祉協議会に行ってみてください。他にも、地域の民生委員もこの生活福祉資金制度の窓口になっています。申し込みの際には申込書や住民票、収入証明書などなどが必要になります。いずれにしても申し込む際や興味が有る際はまずは社会福祉協議会に電話してみると良いでしょう。申込方法や貸出額についても詳しく教えてもらえます。また、注意しておきたいのが他の制度との関連です。この生活福祉資金制度は他の制度とは併用できないことがあります。例えば失業保険を受けている場合にはこの生活福祉資金制度は貰えません。しかし、生活保護を受けている場合にはこの生活福祉資金制度も利用できますので押さえておきましょう。

こんな場合には断られることも

この生活福祉資金制度に申し込んでも場合によっては断られることがあります。まず注意しておきたいのが借金があるといった場合です。借金があれば返済能力がないと見なされて生活福祉資金制度の申し込みを断られることがあります。また、無職の場合にも借金をしている場合と同様に返済能力がないと見なされて断られてしまいます。また、前述したように他の制度を利用している場合にはこの制度を利用できないこともあります。このように断られてしまう場合はいろいろありますから、気をつけましょう。また、審査にも時間がかかりますから、しっかりと余裕を見て申し込むことが欠かせません。

お金を借りる以外にも頼れる市役所

市役所ではこの生活福祉資金制度にも色々な支援制度が存在しています。例えば事故や災害で生活できなくなった場合に援助してくれる制度もあります。他にも、社会保険料などが払えなくて困っているのであれば、条件に寄っては保険料を減額してくれたり免除してくれることがあります。また、地域によってはその市独自の制度を設けていることもあります。特に地方の市役所であれば起業資金の貸付なども盛んです。また、UIJターンをする人に向けて生活資金を貸し付けてくれるといった市役所もあります。このように市役所では色々なサービスを提供していますが、こういった制度があることを知らないと利用することもできません。そのため、お金で困っているのであればまずは話を聞きに言ってみると良いでしょう。

とりあえずどんなサービスが有るか知っておこう

このように市役所からは色々な方法でお金を借りたり援助を受ける事ができます。今は利用し無いという人でもとりあえずどういった制度が自分の住んでいる地域の市役所にはあるか知っておくと良いでしょう。

(PR)ビットコイン買うなら『coincheck』
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
(PR)ふるさと納税なら「さとふる」

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*