おまとめローンの審査のための超重視ポイントを伝授!

スポンサーリンク

おまとめローンの審査とは?

おまとめローンは、通常のローンとは違い、返済専用のローンとなるので、完済証明を求められるものになり、返済以外の使用はできません。

ですが、多重債務者のために作られた乗り換えローンのことで、いくつもある債務を一本にしてくれる心強いローンです。

おまとめローンは金利や毎月の返済の負担が減り、さらには総量規制の対象外でもあり、すでに総量規制のかかった人も新たに借り入れすることができます。

普通のローンとの審査の違いといえば、借入件数の多さがどう評価されるかというところ。

そして消費者金融でおまとめローンの専用コースがあるのは、プロミス・アコム・アイフルの3社のみとなっています。

割とおまとめローンに消極的な銀行もあり、そういった銀行や消費者金融で審査を通過するためにチェックしておきたいものを紹介します。

おまとめローンの審査のチェックポイント【その1】

まずは「他社借入件数」。これは実は、借金の総額よりも重視されるポイントになります。
それは、1社あたり200万ほど借入できる場合には、最低1年以上の返済実績があり信頼されているからなのです。

件数は少なければ少ないほどよく、3件以内であれば融資の可能性があります。逆に5件を超える場合にはその時点でアウトになりやすいです。

2つ目は「多重申し込み」。これは短期間のうちに複数の業者に申し込んでいないかどうかのチェックです。1か月のうちに3回以上申し込むのは危険です。

業者側は審査の時に信用情報機関で申し込んだ人の信用情報を確認します。この信用情報機関には、ローンに申し込んだだけで掲載されるので、短期間に複数のローンへ申し込み履歴があった場合には要注意人物という扱いを受けてしまいます。

ローンの申し込み履歴は6か月間掲載されるので、その期間は空けるようしましょう。

おまとめローンの審査のチェックポイント【その2】

次の2つは特に重要になります。

3つ目が「事故情報」。今までにローン返済でトラブルを起こすと、信用情報に事故情報が載ります。

主に、3か月以上の延滞、踏み倒し、債務整理などがあります。

事故情報の保存期間は、5年から10年で、その期間の審査の通過はかなり厳しいでしょう。
こういった事故を起こさないことも大切なポイントです。

過去の返済履歴でも、滞納や未納が1度もない状態であればより理想的です。

そして4つ目は、「勤続年数」。
通常のキャッシングとしては3カ月や6か月基準ですが、おまとめローンの基準では最低1年は同じ会社で努めていることが大切です。審査を通過するのであれば、5年以上同じ会社で努めているほうがいいです。

もし、最初に借りたときよりも、長い勤続年数、年収役職アップがあれば、審査を通る可能性が十分にあります。

職業順では、公務員を先頭に、大手のサラリーマン、次に、中小のサラリーマン、そして自営業、パート、アルバイト、派遣社員となります。この場合には、返済できる額よりもやはり長く勤続しているほうが信用が高いといえます。

おまとめローンの審査が通りやすい時期

おまとめローンの申し込み審査が比較的通りやすい時期があります。

それが、「年度末」。金融会社にとって年間の売り上げ目標が達していないときに融資を増やし売り上げ確保を狙うことがあります。
さらに、就職や転勤などで引っ越しが多く、ローンの需要が増えるので、その流れに乗りやすい時期ともいえます。

また、ローン会社が暇な時間帯もおすすめです。暇な時間帯の12時~17時ごろであれば、相談に行っても、いろいろとシミュレーションを含めローンを検討してもらえます。

月の間では、月末が一番、週であれば木曜日や金曜日なども相談しやすいでしょう。

また、この年度末や月末の時期に、自分から行うのではなく、金融会社からの案内を待つという手もあります。

案内以後の申し込みであれば、審査通過率がたかくなったり、通常よりも金利が下がる可能性も高いのです。

おまとめローンの審査で通らない人とは

おまとめローンだけでなく、すべての審査でも言えることですが、審査に通らない人に共通点がいくつかありますので、紹介したいと思います。

自分が、こうなっていないかチェックしてみましょう。

まず、審査で嘘をつく人。審査に通りたいがために年収を高く報告したり、借入金額を安く見積もったりすることがありますが、すぐに調べることができるのでばれてしまいます。

特に、借入金額のウソは、絶対に審査にとおりません。

他には、収入証明書を提出しない人も通りにくいです。収入証明書は、提出すると明確な返済計画を立てている人というアピールができるので、提出したほうがメリットは多いです。個人事業主であれば、確定申告書や源泉徴収書などでも効果はあります。

おまとめローンの審査を通過するために

おまとめローンで通過するために必要なのは「過去に返済事故がないか」「勤続年数はたりているか」「5件以上借入件数がないか」ということになります。
申し込みには、ミスがないようにし、嘘はつかないことが大前提で、年末時期に申し込むようにしましょう。

(PR)ビットコイン買うなら『coincheck』
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
(PR)ふるさと納税なら「さとふる」

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*