【審査に受からないけどどうして?】ブラックだとお金を借りるのは難しい?

スポンサーリンク

ブラックリストとは?

信用情報機関では信用情報を収集しています。
信用情報には過去のクレジットやローンの申込情報やクレジット情報、利用記録などが登録されています。
クレジットやローンにお申込みすると審査の段階でお申込者の信用情報をチェックします。
この信用情報は加盟の金融機関で共有されていますので会社を変えてお申込みしてもすぐに分かります。
ブラックリストはこの信用情報に登録されている事故情報のことを言います。
主な事故情報は3か月以上の延滞、自己破産や個人再生や任意整理などの債務整理、1か月に3社以上の多重申込などです。
信用情報機関や金融機関が正式にブラックリストと呼んでいるわけでは無いですが、このブラックリストに掲載されていると審査に受からないので、外部の人たちがブラックリストと呼んでいます。

日本には3つの信用情報機関がある

信用情報機関は一つだけではなく、日本では現在3つあります。
日本信用情報機構JICCと株式会社シーアイシーCICと全国銀行個人信用情報センターです。
JICCは主に消費者金融会社や信販会社、クレジット会社、銀行などが加盟しています。
CICは主に消費者金融会社や信販会社、クレジット会社などの貸金業者が加盟しています。
全国銀行個人信用情報センターは主に銀行が加盟と信用情報機関によって異なります。
それぞれの信用情報機関でホームページを開設しており、どんな信用情報を保有しているのかすぐに分かります。
一つの信用情報機関に加盟しているのではなく複数加盟している場合があります。
複数加盟している方が幅広く信用情報をチェックできると言うのがその理由です。

ブラックリストは削除される

ブラックリストは永久に登録されたままではなく登録期間が過ぎれば削除されます。
登録期間は事故情報の種類や信用情報機関によって異なります。
登録期間についても信用情報機関のホームページに記載されていますので、心当たりがある方はチェックしてみて下さい。
事故情報が登録中であると審査に受かる可能性が非常に低いですが、削除されたら審査に受かる可能性が高くなります。
急ぎでお金を借りると言ったことは難しいですが、削除されるのを待ってからクレジットやローンにお申込みしてみて下さい。
その代わりにクレジットやローン会社では社内ブラックの情報を保有していることが多いです。
これは信用情報の事故情報と違ってずっと残っています。
事故情報が削除された後でも、同じクレジットやローンではお金を借りるのが難しくなりますので,
他社に変更してお申込みすることが必要です。

中堅の消費者金融ならお金を借りられる可能性

ブラックリストに掲載中の場合は大手の消費者金融にお申込みしてもまず難しいです。
しかし中堅の消費者金融にはそんな方にもお金を貸しているところが見られます。
初めてお金を借りる方はまず大手の消費者金融にお申込みし、ダメだった時に中堅の消費者金融へお申込みすると言う手順を踏むことが殆どです。
中堅の消費者金融が大手並みの厳しい審査を行っていると顧客が少なくなってしまいます。
そこでブラックリストに掲載されている方にもお金を貸している中堅の消費者金融が見られるのです。
しかし一部の中堅の消費者金融に限られますので借り先は少なくなります。
100%借りられるわけでは無いですがお申込みしてみる価値はあると言えるでしょう。

ヤミ金被害に合わないように注意

もし中堅の消費者金融から断られてしまってもヤミ金には手を出してはいけないです。
10日で1割の利息を取るトイチや、さらに高金利なトサンやトゴでお金を貸しているヤミ金が多く見られます。
一度お金を借りると利息が利息を生み返済が困難になることが多いです。
返済を滞納するとご本人はおろか、家族や会社にまで取り立ての電話をかけてくることがあります。
中々手を切るのが難しくなりますが、そんなヤミ金被害に合われた時は専門の弁護士にご依頼すると良いです。
厳しい取り立てもストップしますので精神的にかなり楽になります。
まだ厳しい取り立てを続けるようなヤミ金にはヤミ金が使用している携帯電話を停止させたり、口座を凍結させたり徹底的に戦って貰えます。
ヤミ金の取り立てに応じてしまうと問題が長引いてしまいますので、ご本人の手を切ると言う覚悟が必要になります。
取り立てされた家族や会社の人にも応じないように説明しておいて下さい。

ブラックリストに掲載されないことが大切

これからお金を借りようと思っている方はブラックリストに掲載されると後々面倒なことになります。
ブラックリストに掲載されないようにお金の面ではきちんと管理された方が良いです。
ブラックリストに掲載されたかどうか分からない時は信用情報機関に開示請求するとご本人の信用情報をチェックすることが可能です。
気になる時は開示請求し問題無かったらクレジットやローンにお申込みされると良いでしょう。

(PR)ビットコイン買うなら『coincheck』
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
(PR)ふるさと納税なら「さとふる」

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*