借金返済1本化ならこのローンがお得!

スポンサーリンク

借金返済を一本化するメリット

消費者金融会社や信販会社、クレジット会社など複数社から借金していると毎月各社返済することが必要です。
月末の混んでいる金融機関のATMに並んで一社ずつ返済するのでは時間がかかって大変です。
最近ではインターネットでも返済手続はできますが何社もあると手間がかかってしまいます。
そんな時は一社に一本化すると毎月一社だけに返済すれば良いのですから楽になります。
一本化する前は各社返済期日がバラバラになり、うっかり返済期日を忘れて遅延する恐れがありました。
もし遅延すると遅延損害金のお支払というペナルティーが待っています。
余計な出費がかさんでしまいますが、一本化すればそんな心配が少なくなります。
一本化する前は毎月の返済額がいくらなのか分かり難いですが、一本化すればそれが明確になるというメリットがあります。

利息のお支払分を節約できる

金利の低い借入先に一本化するだけで利息のお支払い分を節約できるのが大きいです。
貸金業者は利息制限法により10万円未満の借金で金利は年20%までと決められています。
さらに10万円以上100万円未満で年18%、100万円以上で年15%と借金額が多くなると上限金利が低くなる仕組みがご用意されています。
5万円未満の借金を5社から行っていると仮定します。
この場合は各社合計25万円の借金がある計算です。
利息制限法による上限金利は各社20%になりますが、一本化するだけで年18%へと2%金利が低くなります。
借金額が少ない場合は2%くらいならわずかではありますが、借金額が多くなると2%でも結構大きいです。
複数社からお金を借りている方は経済事情が厳しいことが多いです。
そんな経済事情の場合、例え少しでも節約できたほうが有難いものです。

複数の借金返済を一本化する方法は

複数の借金返済を一本化する際に良くご利用されているのがおまとめローンです。
おまとめローンはお金を借りるのが目的ではなく借金返済を楽にするためのローン商品です。
特に銀行のおまとめローンは限度額が高く、金利が低い傾向があり一本化しやすくなっています。
担保や保証人は不要というおまとめローンが多く、手続きが簡単なのが良いところです。
その代わりに年収200万円以上といったお申し込み条件が付いているおまとめローンがあるので年収の少ない方は注意が必要です。
審査に無事に通過し契約を結ぶと口座に振り込みされますので、そのお金を複数社の借金返済に回して一本化します。
一本化するためのローン商品ではありますが、5社以上とあまり借入件数が多いと審査に落ちる可能性が高まります。
審査落ちを繰り返すと時間も手間もかかりますので一度のお申込みで済ませたいところです。
借金総額は減らなくても良いので、4社以下まで借入件数を減らしてからお申込みしたほうが良いです。

不動産担保ローンに一本化

不動産担保ローンはおまとめローンより限度額が高く、金利が低い傾向があります。
より有利な条件で一本化できるのが一番のメリットです。
なぜ限度額が高く金利が低いのかその理由は不動産を担保に入れて貰っているからです。
無担保のおまとめローンより、不動産担保ローンのほうがリスクが少ないため限度額を高く金利を低くできるのです。
その代わりに返済に困ってしまうと担保に入れた不動産が差し押さえされてしまうというデメリットがあります。
おまとめローンでは事務取扱手数料はかからない場合が多いですが、不動産担保ローンではかかる場合があります。
手数料まで計算に入れてからお申込みされたほうが良いです。
地価が下がって担保価値が下がると追加担保を要求する不動産担保ローン、繰り上げ返済すると手数料がかかる不動産担保ローンもありますので事前に確認しておいて下さい。

おまとめローンに多い返済方式

元利均等返済はおまとめローンに良くみられる返済方式です。
住宅ローンにも多いですが、この返済方式では元金と利息を併せた約定返済額が毎月一定という特徴があります。
返済当初からずっと変わらないので毎月いくら返済すれば良いのか分かりやすいです。
その他にも元金均等返済という返済方式があります。
この返済方式では元金が毎月一定でそれに利息を加えて返済していくという違いがあります。
元利均等返済より返済当初の約定返済額が多めですが、完済までが早くなり総返済額が少なくなるというメリットがあります。
返済当初の約定返済額は多めでも大丈夫なので、なるべく早く完済してお支払する利息分を節約したいという方にピッタリです。
返済方式によって総返済額が変わってきますので事前にシミュレーションしてから一本化することが大切です。

終わりに

おまとめローンは金融機関選びからまずは始まります。
良い金融機関が見つかりましたらお申込み、審査、契約へと流れます。
一本化した結果、かえって損にならないように慎重に金融機関を選ぶことが大切です。
金利だけじゃなく返済期間にも注意して一本化してみて下さい。

(PR)ビットコイン買うなら『coincheck』
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
(PR)ふるさと納税なら「さとふる」

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*