金欠でも大丈夫?交番でお金を借りる方法

スポンサーリンク

交番でお金は借りられる

皆さんの近所にある交番・派出所では、お金に困っている際にお金を借りられるシステムがあります。お金に困っている場合、「公衆接遇弁償費」という扱いで、警察側からお金を借りる事ができます。
さて、この公衆接遇弁償費として借りられる額ですが、概ね1000円前後が相場となっています。ただし、地域やその際の状況によって、借りられる額の上限を多少は増やす事は出来るようです。例えば、遠方から出向いてき方が、財布を紛失したり盗難にあった場合などは流石に1000円ではどうしようもないですので、交通費もしくは宿泊費として1万円程度までは借りられる模様です。
この辺は、本人の状況や交番側との交渉次第といったところでしょう。ただ数万円、数十万円といったレベルの額は極めて特別な事がない限り難しい模様です。

どういった人が交番でお金を借りられる?

職業、年齢関係なく誰であっても交番でお金借りる事はできます。ただし、交番でお金を借りられるのは基本的には以下の様な状況の場合のみです。

・財布を紛失したり盗難されたりした場合の交通費
・災害や事故などに見舞われ、一時的に金銭が無くなった場合の経費
・交通事故などでの人命救助に必要な経費
・その他公衆接遇の適正を期するために必要な経費
など

基本的にはこういったトラブルが原因して、お金が無くなった、お金が必要といった場合にのみ交番でお金を借りる事ができます。欲しいものを買いたいから交番からお金を借りるという事はもちろん出来ませんし、貧困による生活困難で交番からお金を借りるというのも基本的にはできない様です。

交番からお金を借りる方法、やり方

さて、交番からお金を借りる具体的な方法をご紹介していきます。
まずは近くの交番に出向き、駐在している警察官の方に「交通費がないのでお金を貸してください」といった様に理由を混ぜてお金を借りたい旨を伝えます。そうしますと、警察官が詳しい理由、背景を尋ねてきます。警察官の質問に答えていきましょう。述べた理由に問題がなければ警察官が必要書類を用意してくれますので、そこに住所・名前・借りる理由などを記載していきます。もし、財布の紛失・盗難でお金を借りる場合は、この際に紛失盗難届も一緒に提出する形となります。
これで手続き自体は完了となり、必要に応じた金額を警察官から手渡されます。手続きはそれほど複雑でないため、時間としては、交番に出向く~お金を受け取るまで概ね30分程度です。

交番から借りたお金は返す必要がある?

お金を借りたら返済するのが当たり前ではありますが、実際、交番から公衆接遇弁償費として借りたお金を返済する人の割合は100%ではない様です。
警察官も自分のお金を貸している訳ではないので、例え貸したお金の返済がなくても余り糸目を付けない様です。また警察を含めた行政組織は、注意勧告はできても金銭の取立て自体は法律上出来ませんので、もし返済をしなかった場合でもうやむやになるケースが多い模様。
ですので1000円程度の金額を交番から一度だけ借り、そのまま忘れて放置しまってもそこまで大きな問題となる事はないかと思われます。
ただし、あくまで貰ったお金ではなく”借りたお金”ですので、本来であれば返済する必要(義務)があります。

上手く誤魔化せば悪用できる?

ここまでを読んで、「もしかしたら、上手く誤魔化せば生活費としてのお金を交番から借りる事もできるんじゃない」、「返済しない人もいるんならどんどん交番から借りた方がお得なんじゃない」と思った方もいらっしゃるかと思います。
たしかに、交番からお金を借りる際に何か特別な証明書を出す必要もないので、上手く誤魔化せば生活費やプライベートに使うお金を交番から借りる事は出来るかもしれません。また前述した通り、返済しなくても問題ない事もある様ですので、考え方によってはお得な話かもしれません。
ただし、そういった行為はもちろん違法となります。また、実際に自分の欲しい物を買うために交番から何度も公衆接遇弁償費としてお金を騙し取り、逮捕されたケースも何件かあります。ですので、悪用な目的で交番にお金を借りる事は絶対にやめましょう。

トラブルで金欠となった場合は交番に行こう

いかがでしたでしょうか。
この様に、財布の盗難・紛失や災害時など一時的なトラブルの様な状況であれば交番でお金を借りる事はできます。もしそういった状況に見舞われた際は、まずは交番に相談してみましょう。

(PR)ビットコイン買うなら『coincheck』
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
(PR)ふるさと納税なら「さとふる」

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*