【親に貯金が無い】学生がお金を借りる時のメリットを徹底解説

スポンサーリンク

代表的なお金を借りるところとして学生ローンがあります

学生がお金を借りるところとして、学生ローンが一番わかりやすいです。学生ローンとは学生を融資の対象にしている消費者金融の一つになります。銀行などでもお金を貸すことがありますが、これは学生の保護者に対して行われていることであり、名称としては教育ローンになります。学生自身がお金を借りるのは、学生ローンが一番やり易い方法であるといえます。一般的に大手消費者金融においては、20歳未満であり、また、学生である人には基本的にはお金を貸していないです。これは定期的な収入が少ない、場合によってはないからです。しかし、学生でも消費者金融サービスを受けられるようにしたのが、学生ローンであり、名称の通り、学生が良く借りているわけです。

学生ローンのメリットとは

学生ローンを利用することの最大のメリットとしては、アルバイト程度しかしていない学生、つまりは、安定収入がなくても貸してくれる可能性がある点にあります。また、大手の消費者金融と同じようにATMなどで自由に借りて、そして返すことができるようになっているので利用のやり方としては極めてメリットがあるといえます。但し、お金を借りる行為に関してはかなり慎重になるべきです。しかし、いざと言う時に、お金が足りない時には気軽にお金を借りることができるのは良いサービスといえるのは確かです。最近ではカードの発行などをしてもらうことによって、それを利用して借りることが多いです。いつでも借りることができるように事前に作ってもらう、と言うのも十分にありです。

学生ローンにはデメリットもあります

学生ローンにはデメリットも当然ですがあります。その一つとして、やや金利が高目である、と言うのがあります。銀行カードローンなどに比べるとどうしても金利の設定が高めです。大凡、実質的な金利としては16パーセントから18パーセントはあると考えておいた方が良いでしょう。これは上限金利ギリギリであり、ほぼ最高の金利で借りているといってもよいです。そこが厳しいことであるといえますが、次の月に返せる計画であれば、特に問題がないことのほうが多いです。では、銀行のカードローンのほうがよいと考えるかもしれませんが、それは正しい認識になります。しかし、そもそも銀行のカードローンが借りられないから、学生ローンで借りているわけです。仕方ないことであると受け入れないといけない点です。

お金を借りるということ

学生ですから、18歳から20歳前後であるわけです。或いは半ばと言うこともありますが、とにかく、社会人経験がないわけです。その為、お金を借りる、という行為に関してよく理解していない人が意外と多いです。よくあることが、自分のお金だと思って好きなように使ってしまった、歯止めが利かなかった、と言う失敗談をよく聞きます。お金を借りる、と言うことは返済の義務があるわけです。しかも、それに利息をつけて返していきます。大凡、年収の三分の一を超えると返済が厳しくなるという指標を知っておくべきです。簡単に借りれるようになっていますがお金を借りるという行為は、重い、と言うことをよくよく理解してからどうしても必要なお金だけを借りるようにしたほうがよいでしょう。

ローンと言うのは一体何か?

消費者金融での個人融資は20歳を超えますと貸してくれるようになる可能性があります。しかし、学生では厳しいですし、18歳、19歳で大学生と言う人が多いわけですから、通常の消費者金融ではなく、学生ローンと言う形になってしまうのは仕方ないです。しかし、ローンと言うのがいまいちよく理解していない人が多いです。学生であり、まだまだ知識や経験が足りない分は仕方ないです。ですが、ローンとは分割でお金を返すことである、人のお金である、と言うのは理解しておくべきです。正直なところ、親から借りることができる人は素直にそちらに頭を下げたほうがよいです。それができない場合に学生ローンなどを利用しましょう。まさに最終手段であると言えるのが学生ローンです。もし、借りた場合は金利は高目ですから、早めに返済をしたほうがよいです。

借りるしかない時には借りる

学生でも借りることができる学生ローンと言うのがあります。お金がどうしてもない時には借りるしかないですが、素直に最初は親と言う選択肢があるならば、そちらにするべきです。ですが、どうしても駄目な場合は金利はやや高目ではありますが、計画的に学生ローンを利用することです。

(PR)ビットコイン買うなら『coincheck』
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
(PR)ふるさと納税なら「さとふる」

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*