「ブラック」でもお金を借りれる業者ってあるの?

スポンサーリンク

そもそも「ブラック」とはどういうものなの?

キャッシング会社も慈善事業ではなく、利息を取ることによる利益を得る目的で融資を行っています。
貸したお金が戻ってこなかったり、相手が利息を払ってくれなくなったりするのは困ります。

このため、キャッシング会社は信用情報機関から情報を得ています。
これによって、お金を貸すリスクのある相手かどうかの判断材料を得ているわけです。

自己破産や任意整理を行ったり、延滞を繰り返したりした人は、信用情報機関がそれを把握しています。
あなたがそういう状態なら、信用情報機関を通じてキャッシング業者に伝わってしまいます。

こうなると、主だったキャッシング業者からお金を借りれる可能性は低くなってしまいます。
俗に「ブラック」と言われるのはこういう状態です。

「ブラック」の具体的なデメリットとは?

上にも書きましたが「ブラック」のデメリットは、お金を借りにくくなることです。
特に、大手キャッシング業者に関しては絶望的といっていいでしょう。

上にも書きましたように、キャッシング業者はあなたのお金に関する履歴を把握しています。
「ブラック」な人は、少なくとも1度は「失敗」していることが露呈しているのです。

大手キャッシング会社は、利子を払ってくてる顧客がそれなりに多くいます。
このため、あえてリスクのある顧客にお金を貸す必要がないため、借りれる可能性は低くなります。

ちなみに、この時に焦っていろいろな業者を回るのは禁物です。
なぜなら、あなたがいろいろな業者を回ったことも信用情報機関に知られているからです。
これによって、キャッシング業者から、さらにリスクの高い顧客だと判断されてしまうのです。

どういう業者が「ブラック」な人にオススメなの?

こういう「ブラック」な人の場合、どこからお金を借りれるのでしょうか。
それは「街金」と呼ばれる、地域密着型の中小キャッシング業者です。

街金は合法的な金融業者ですが、顧客を増やすために審査を甘くしているところもあります。
こうした業者でしたら「ブラック」な人でもお金を借りれる可能性があるのです。

上にも書きましたが、大手キャッシング業者で借りれる可能性はほぼ皆無です。
いろいろな業者を回る前に、審査の甘そうな街金に絞って相談するのが効率的です。

肝に銘じてほしいのは、お金を借りる際にはきちんと返済計画を立てておくべきだということです。
上にも書きましたが、そもそも「ブラック」な人は少なくとも1度、失敗しているのです。
同じことを繰り返していては、本当に借りるところがなくなってしまいます。

街金からお金を借りるときは、可能であればちゃんとした返済計画書を提示しましょう。
それによって、お金を借りれる可能性が多少は高くなるからです。

合法業者を装ったヤミ金がいるって本当なの?

くれぐれも注意してほしいのは、街金を装ったヤミ金があることです。
ホームページには貸金業登録番号を記載し、合法的な業者に見せかけているのです。
もしそういう業者に出合ってしまったら、悲惨なことになってしまいます。

ヤミ金は非合法業者ですので、利息も法律に定められた上限を上回っています。
そういう業者にお金を借りた場合、早期に返済に窮してしまいます。

しかも、ヤミ金は違法な取り立てを行うこともよく知られています。
ひたすらファクスを送り続けたり、勤務先に押し寄せたり、やりたい放題です。
これでは普通の生活を送れなくなってしまうでしょう。

上にも書きましたが「ブラック」な人は、お金を借りれる方法は少ないです。
それだけに、焦ってヤミ金にだまされる可能性が高いのです。

違法業者はどうやって見分けるの?

一番いい方法は、金融庁の登録貸金業者情報検索入力ページを利用することです。
ここにホームページに記載されている貸金業登録番号を打ち込み、検索をかけるのです。

もし番号がそのキャッシング業者名でヒットすれば、合法的な業者です。
逆に、番号がヒットしなかったり、違う業者名が表示されたりした場合は、ヤミ金の可能性が高いです。

それ以外にも、その業者が固定電話の番号を記載しているかどうかも判断材料になります。
貸金業者は固定電話の連絡先を記載しなければならないからです。
もし、携帯電話の番号のみが掲載されているなら、ヤミ金を疑った方がいいでしょう。

ちなみに、こういうところに限って「ブラックでもお金を借りれる」ことを売り文句にしています。
上記の街金が、宣伝に関しては比較的地味なのとは対照的です。
この手のキャッチフレーズも、基本的に疑ってかかった方がいいでしょう。

くれぐれも「ご利用は計画的に」

繰り返しますが「ブラック」な人は失敗の経験者です。
街金がお金を貸してくれるからといって調子に乗っていては、同じことの繰り返しです。
そうなると、借りれるところが減ってしまい、街金を装ったヤミ金に引っかかる可能性も大きくなります。
キャッシング業者の広告ではありませんが「ご利用は計画的に」を肝に銘じてください。

(PR)ビットコイン買うなら『coincheck』
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
(PR)ふるさと納税なら「さとふる」

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*