【ブラックでも大丈夫?】お金を即日借りる方法とは

スポンサーリンク

そもそも「ブラック」とはどういう状態なの?

キャッシング業者を利用している人の中には、金融事故を起こした人もいるでしょう。
例えば、返済がうまくいかなくて延滞してしまったようなケースです。
多重債務を抱えた揚げ句、債務整理や自己破産をせざるを得なくなった人もいるでしょう。
このような金融事故を起こしたことは、情報機関に一定の期間、保存されています。
キャッシング業者も慈善事業ではありませんので、貸し倒れという事態は避けたいのです。
そうしたリスクがあるかどうかを調べるため、情報機関を利用しています。
もしそこにそうした金融事故の情報があった場合、どう判断するでしょうか。
貸し倒れのリスクがあるので融資は避けたいと判断してしまうのが自然ですよね。
こうした状態を俗に「ブラック」というのです。

あちこちの業者を回っても「ブラック」になる

「ブラック」とは、金融事故を起こしたケースだけではありません。
短期間でいろいろなキャッシング業者を回るのも問題なのです。
上にも書きましたが、キャッシング業者は貸し倒れを恐れています。
多重債務は、貸し倒れのリスクを抱えていると判断されてしまいます。
例えば1カ月の間にいくつもの業者を回ったようなケースは危ないです。
多重債務のリスクがあると判断された「ブラック」になってしまうからです。
具体的には3社以上、最近では2社でもリスクがあると判断される場合もあるようです。
金融事故で「ブラック」になった人は、なかなかお金を借りられません。
このため、なんとかしようと次々にいろいろな業者を回ることがあります。
でも、これははっきり言って逆効果だといっていいでしょう。

大手がダメでも「街金」がある

「ブラック」な人は、上にも書いたように情報機関に名前が載っています。
大手キャッシング業者は、必ずこうした情報機関を利用しています。
データベースにアクセスすれば、そうした金融事故の情報が簡単に把握できるのです。
従って「ブラック」な人は、大手業者で融資を受けることはまず不可能です。
でも、そんなあなたにも融資をしてくれる可能性がある業者があるのです。
それがいわゆる「街金」という、地域密着型の中小業者です。
街金は大手に比べて審査が甘いところもあるため、融資してくれる可能性があるのです。
融資の判断も「ブラック」かどうかを必ずしも重視していません。
場合によっては即日融資をしてくれるかもしれません。
こうした業者が見つかったら大切に利用し、二度と延滞などを起こさないようにしましょう。

「街金」を装った「闇金」に注意

問題は「街金」を装った「闇金」の存在です。
「街金」は規模こそ大きくないですが、貸金業登録をした正規の業者です。
これに対して「闇金」は貸金業登録をしていない違法業者です。
違法業者ですから、利息の方も極めて高いものになっています。
取り立ても暴力的で厳しいものだとされています。
こうした違法業者にかかわると、人生がめちゃくちゃになってしまいます。
最近は貸金業登録をしているように偽装した「闇金」もあります。
「ブラック」な人はなかなか融資が受けられないため、精神的に余裕がありません。
もしそこに「ブラックな人でも大丈夫」という手が差し伸べられたらどうなるでしょう。
「街金」を装った「闇金」に引っかかってしまう可能性があるのです。
こうした被害が後を絶たないのが現状だといっていいでしょう。

「闇金」はこうやって見分ける

では「街金」と「闇金」はどうやって見分けるのでしょうか。
一番手っ取り早いのは、金融庁のホームページを利用することです。
登録貸金業者情報検索入力ページで、検索をかけてみましょう。
入力欄に登録番号を入れて、検索開始ボタンを押すだけです。
上記のように貸金業登録をしているように偽装している「闇金」があります。
そういう業者は、検索してもヒットしないか、別の業者名が表示されます。
逆に「街金」ならば、その業者の名前がヒットするでしょう。
また、キャッシング業者の広告には固定電話の記載が義務付けられています。
携帯電話の番号しか記載されていなければ「闇金」の可能性が高いです。
「街金」を利用する前には、そうしたことをチェックしておきましょう。

即日融資を受けられても「ご利用は計画的に」

「ブラック」な人が即日融資を受ける方法は「街金」を利用することです。
ただ「ブラック」な人はすでに金融事故を起こした経験があるのです。
再び事故を起こせば「街金」でも借りることができなくなってしまいます。
くれぐれも「ご利用は計画的に」。

(PR)ビットコイン買うなら『coincheck』
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
(PR)ふるさと納税なら「さとふる」

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*