ニートでもお金を借りることができるのか?

スポンサーリンク

貸してくれる理由とは?

そもそも常識的に考えてみて、ニートのような収入がない、或いは殆ど親頼みの人に関して、お金を貸してくれる理由をよく理解してみると良いです。簡潔に言えば、それは裏の信用があるからです。自分自身の信用ではなく、不動産があるとか親が健在であり、十分の保証人としての能力がある、という場合は問題なく貸してくれる可能性が高いです。さすがに目的ローンは厳しいことが多いでしょうが、フリーローンであれば原則的に保証人はつけないですが、親がいるのでそちらに最悪の場合、返済してもらうということができるので意外と貸してくれる可能性はあります。但し、かなり希望的な観測であり、絶対的ではないです。そもそもニートですから、貸してくれるほうが少ないのです。

お金を貸してくれるところはどこ?

まず、これは別にニートにだけ言えるわけではないですが、お金を貸してくれるところと言うのはいくらか限定されます。そこも理解しておいた方が良いでしょう。要するに金融機関であり、これは金融庁から許可を得ていることです。融資、貸金と言うのは実は極めて単一であり、定期的ではない、友人や知人間での貸付でもない限りは、キチンとした許可が必要になります。金利に関する上限の法律もありますし、実は何かと大変な業務になっています。しかし、簡単に言えば銀行や信用金庫、組合、或いは消費者金融などから借りるのが普通であり、これはニートであろうと社会人であろうとまったく同じです。借りるところは大抵の場合、そのあたりになります。

信用というステータスとは

お金を貸すとき、つまりは金融機関側から見たときには信用はステータス化されることになります。これは年齢、収入、貯蓄額、職業、担保となるような資産などから計算されることになります。収入という一点において、ニートは最悪です。働いていないわけですし、働く気もない人であるわけですから、不労所得でもない限りはこのステータスが最低といえます。ですから、借りるところがないとはいいませんが、なかなか貸してくれない可能性が高いのは覚悟しておくべきでしょう。しかし、担保となる物件や債権があったりしますとそれは一変することになります。他のステータスを補って余りある状況であれば、金融機関も問題なく貸してくれるようになります。

消費者金融は貸してくれるのか?

少額小口融資としては、消費者金融が最も一般的です。特徴としては、保証人不要、担保不要であることがあるからです。これはとても大きな利点であり、サラリーマンなどであれば、他所に多くの借金がない限りは貸してくれる可能性が高いです。しかし、ニートではほぼ不可能になりつつあります。これは総量規制という法律が消費者金融においては適用されているからです。年収の三分の一以上は貸してはいけない、という法律です。ですから、収入がないニートの人にとっては実は消費者金融は最も使いにくいところの一つであるといえます。逆に銀行のカードローンなどは総量規制を受けていないので、上手くすれば実は借りることができるようになります。

どこから申し込みをするべきか?

ニートである、と言うのは一時的なことである場合もあります。つまりは、充電期間とかそうした時期である時もあるわけです。正確に言えばそれはニートとは言い難いですが、世の中にはそうした人がいますし、人生ではそんな期間があってもよいと考える人も多いです。それは悪いことではないですが、お金という切実な問題があるのも確かです。ですから、ニートでもお金を借りることはありますし、それは仕方ないことでしょう。せめて、少しでも多くの金融機関を知り、金利が安いところから借りるべきです。そもそも貸してくれることが極端に少ないのは確かですが、それも絶対ではないのでまずは比較的に金利が安めである、銀行のカードローンから申し込みをしてみることです。

金利が安く、借りやすいところがよい

ニートであるからこそ、お金が足りなくなることはあります。借りても良いですが、金利と返済計画はよく注意した方がよいです。貸してくれるところが少ないでしょうが、それでもないわけではないのでよく探して、早めに仕事を見つけるようにするべきです。

(PR)ビットコイン買うなら『coincheck』
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
(PR)ふるさと納税なら「さとふる」

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*