最も安全なお金の借入先

スポンサーリンク

お金がないっ!借りるしかない時には?

人生が何事も上手くいっているならば問題ないですが、様々な事情により、お金を借りないといけない状況になる場合もあります。個別の案件ではありますが、借金をしないと資金が用意出来ない状況になってしまった、というのはよくある話です。そうした時にどうするのか、と言うのは二つあります。一つは処分できる財産をすべて処分して、資金を作ることです。そしてもう一つが借金です。この借金と言うのに注意が必要になります。お金を借りるわけですから、少なからず利息の支払いをすることになります。ですが、それは金融機関や友人から借りたときの話です。端的に言ってしまえば親から借りれば、絶対ではないですが利息は取られないことが多いので、そちらのほうがお勧めできます。

親からの借金は返さなくていいの?

何かと良いことがある親からの借金ですが、返さなくてよいのかというとそうではないです。お金を借りた以上は返済義務があります。これは勘違いしてはいけないポイントになります。それと親としては貸したというのは名目であり、ほぼ援助をしただけという認識をしている場合もあります。それは有難いことであり、親に感謝するべきでしょうが、それが後々の争いになる可能性もありますから、キチンとはっきりとさせておいたほうがよい点でもあります。個人的に借りていた分は生前に遺産相続された分、として認定されてしまうことがあります。どのような形で貸してもらったのかはキチンと書類にしておいたほうが揉める要素を少なくできます。親から借りても返済義務はあるのです。

金利の支払いはどうなるの?

お金を借りた以上、金利が発生するのは当然です。金融機関などはそれが商売ですから、原則的に無利息で貸すことはないです。いくらか無利息期間というのを儲けている消費者金融やカードローン会社もありますが、それはサービスの一環であり、本質ではないです。では、親からの借金の場合は金利はどうなるのか、という疑問があるでしょう。それは契約次第になります。当然ですが、法定金利以上は取れないようになっています。ですが、特に金利の定めのない借金の場合でも相手は年に5パーセントの金利を取って良いことになっています。但し、貸し手、つまりはこの場合は親ですが、この人がいらないといった場合は特に請求されることはないですし、支払いも不要になります。

贈与にはならないの?

親から借りているわけですから、そのまま借りっぱなし、と言う人も沢山います。事実上の贈与になってしまう場合は、贈与税が発生する可能性があることをよく理解しておいた方が良いでしょう。借金と言っても、援助と言う形になっていて、それが法律的に認められる場合もあります。特別税制でそのようなことがいくつかあります。住宅ローンの援助であったり、孫の為の学資援助だったりすることに多少の優遇策が採られています。但し、ずっとではないですし、後で変わる可能性もありますから、よくよく確認してから、親から援助をしてもらうことです。借金と言う名の援助と言うのは実際によくある話しであり、銀行や友人などから借りるよりは遥かに良いやり方といえます。

親から借りるデメリットは?

お金を借りる先と言うのは意外とあるわけですが、親がお勧め出来る理由はデメリットが少ないからです。あくまで親であるわけですから、もう返済できなくても裁判沙汰になる可能性は極めて少ないです。返済できない時のことも考えて借りるのが基本的なやり方ですから、これは覚えておくべきです。銀行などから借りる場合はやはり取り立てがありますし、もし返せなくて任意整理や自己破産をするとなったら、金融信用情報に傷がつくことになります。仕事次第では辞めないといけない場合にも陥ります。しかし、親からの借金であれば親から不満は出るでしょうが、金融信用情報に傷がつくことはないです。そこがメリットであり、デメリットが少ない理由といえます。

借りるならば親からがベストです

お金を借りる時には親から都合してもらえるならば、それがベストです。金融信用情報の問題や金利などの面で極めてメリットが多く、デメリットが少ないことは確かであるからです。まずは親に相談するのが賢明といえます。

(PR)ビットコイン買うなら『coincheck』
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
(PR)ふるさと納税なら「さとふる」

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*