借金地獄を回避しよう!学生がお金を借りる時の5つの注意点

スポンサーリンク

学生がお金を借りるとはどういうことか

学生の身分で、お金を借りることを検討し始めた場合、まずは学生がお金を借りるとはどういうことか、そのことを考えなければなりません。なぜなら学生がお金を借りることは、社会人がお金を借りることと、また意味が変わってくるからです。社会人であれば、毎月定期的な収入があるので、返済計画を作りやすく、計画的にお金を借りる事は難しいことではありません。しかしながら学生となると、大学の試験や、就職活動と借金の返済が重なることがあり、そうなるとアルバイトの収入が月によって大きく変動する可能性が高いのです。すると月によってお金を返済できる月と、返済できない月が出てきてしまいがちです。もし借金が返済できないとなると、多くの場合、ストレスを抱えることになります。そのストレスが、大学の勉強や就職活動に影響してしまうケースも少なくは無いのです。だから学生の身分でお金を借りる場合は、ある程度不安定な収入であることを見込んだ上で、返済計画を考えなければならないのです。

どういうところでお金を借りるべきなのか

それでは学生でお金を借りることを考えた場合、どういうところでお金を借りるべきなのでしょうか。その場合は、できるだけ周りの友人や知人、もしくは知り合いが知っている信用のおける会社でお金を借りましょう。ほとんどの学生は、大手企業が運営している有名な学生ローンの会社がまず頭に浮かぶかと思いますが、1番信用できるのは自分の信頼できる人からの情報です。だからまずは友人や知人、できれば親にも相談しましょう。相談しているうちに、ひょっとしたらお金を借りる以外の解決策が生まれるかもしれません。これは甘い期待に終わる可能性もありますが、学生がお金を借りる事は、やはり大きな決断なので、相談しないよりもした方が確実に良いのです。だから学生でお金を借りることを考えた場合は、自分だけでインターネットからの情報で決断するのではなく、信頼のおける必ず友人や知人にも相談しましょう。もちろんデリケートな問題なので、人を選んで相談することも忘れてはいけません。

実質年率・金利が少しでも安いところから借りよう

学生の身分で、お金を借りることを決断した場合、実質年利・金利が少しでも安いところから借りるようにしましょう。誰かに相談することや、インターネットから仕入れた情報を比較検討することは当然大切なのですが、最終的に見極めるポイントは金利の低さです。なぜなら、この金利を甘くみて判断すると、お金を返済しても返済しても、借金がなかなか減らない、という状況に陥る可能性があるからです。10万円の10%は1万円です。そう考えると、1万円程度であれば問題ないか、とも思えるかもしれませんが、これはあくまでも借りるお金が10万円の場合です。100万円を借りた場合、100万円の10%は10万円です。つまり100万円をベースに考えたら1%が1万円となるのです。このように考えたら、1%の金利がどれほど高額となる可能性があるのか、分かりいただけるのではないでしょうか。そして利息は、返済が長期化すればするほど積み重なっていくものです。だから学生の身分でお金を借りる場合は、金利が少しでも安いところを選ぶことが大切なのです。

借金を返せなくなる原因とは?

学生の身分でお金を借りて、お金が返せなくなれば、そこはも、借金地獄の入り口です。できることがあれば、そういった状況にはなりたくないですよね。ではここからは、借金地獄を避けるために、借金を返せなくなる原因について言及します。多くの学生が借金を返せなくなる原因は、計画性の無さです。学生の身分でお金を借りること、借金をすることを甘く考えてしまって、返済計画をしっかり立てることなく、お金を借りてしまっている場合があるのです。しかしながらこれは、準備不足なために起きる事態なので回避できる可能性があることですよね。借金を返せなくなる原因は他にもあります。それは病気や事故です。学生の身分であったとしても、アルバイトを掛け持ちすれば、それなりの月収を確保することは難しいことではありません。しっかりと返済計画を作ることもできるでしょう。しながら病気や事故になってしまえば、その計画は全て崩れてしまうのです。だから実は学生の身分でお金を借りる場合は、自分自身の健康管理にも細心の注意を払う必要があるのです。

学生がお金を借りる時の5つの注意点

ここまで学生がお金を借りることについてお伝えしました。ここまでのポイントを踏まえ、学生がお金を借りる場合の注意点を以下にお伝えします。
1.有名な大手の業者を利用しよう
2.支払い計画を考えてからお金を借りよう
3.毎月のお金の出入りを管理しよう
4.健康を損なってはいけない
5.借金は潜在意識への継続的なストレスになることを忘れてはいけない
この5つのポイントを理解すること、そして守ることが大切です。特に大切なことは毎月のお金の出入りをしっかりと管理することです。学生生活を送っていると、学費や生活費や交際費等、細々とした出費はどうしても発生してしまうものですよね。これらの出費だけでなくアルバイトによる収入も、しっかりと管理する必要があるのです。なぜなら毎月の収入と支出をしっかりと管理することで、翌月になった時、先月どのようにお金を使ったのか、それを振り返ることができるからです。お金の出入りをしっかりと記録していれば、それを振り返ることで、無駄な出費などを発見して改めることができるようになります。だからお金をしっかり管理することが大切なのです。

借金は本当にお金に困った時の最期の手段だと考えよう

ここまで学生がお金を借りるときの5つの注意点について紹介しましたがいかがでしたか。学生の身分でお金を借りる事は、決して簡単なことでは無いことをお分かりいただけたのではないでしょうか。借金は、自己投資として効果的にするのであれば、人生にとってプラスになる可能性があります。しかしながらその反面のリスクがあることを忘れはいけません。借金は本当にお金が困った時の最後の手段だと認識しておくことが大切なのです。

(PR)ビットコイン買うなら『coincheck』
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
(PR)ふるさと納税なら「さとふる」

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*