【あなたの借入金、そのままで大丈夫?】借入返済に必要な計算と対策、知っていますか?

スポンサーリンク

【返済額を把握しているだけでは損をする?】

「月々の返済額を把握して毎月支払いを行っていれば大丈夫」等と思っていませんか?
自分の借り入れにについて詳細を把握することはとても大切なことです。
少しでも有利な対策を講じるためには、借入状況を正しく理解することが先決です。
返済計画に無駄な部分があれば、それは即ち「損」な部分ということだからです。
まずは、自分が借り入れをしたローン金利、又は借り入れしようとしているローン金利と返済条件等について確認しましょう。

返済額のシュミュレーションを行うことで、月々の返済額と総支払額等が把握できます。
自分がいくらの金利相当分を支払うのかを知ることで、「もっと金利支払い分を減らしたい」という欲求を芽生えさせる効果も出てくると思います。
このように、自分を行動に移させるための動機を得ることも有効な対策の一つと言えるでしょう。

返済シュミュレーションについては、ネット上にも無料ツール等が存在しますが、金融電卓(ローン電卓)があると細かな比較がしやすいです。
金融電卓は、借入額・金利・借入期間等を入力するだけで月々の支払額と総支払額を算出することができる為、金利によってどれくらいの差が出るのかを比較する際に大変便利です。

【返済額を減らせる方法はある?】

自分の借入状況を把握したら、返済額を減らすための手段を検討したいところ。
借入前であれば、各社の条件や金利を比較すれば答えが出せますが、借入後の場合には手段が限られてきます。

もし、金利の高い借入先を利用してしまっている場合、借り換えの検討をしてみましょう。
親族等から一時的に借り入れができる状況であれば、一度既存のローンを返済して今後の計画を立て直すこともできます。
※契約内容によって、一括返済が禁じられている場合がありますので注意が必要です。
複数のローンがある場合、「おまとめローン」の審査を受けてみるのも良いでしょう。
ローンを一本化することで金利を抑えられる場合があります。
面倒くさがらずに、自分の信用力で最も有利な借入先を徹底検討してみましょう。
安易になんとなく借りていると、自分にとって一番有利な手段があることにも気付かず、ただ高い金利を支払う事になってしまいます。

【借金返済に有効な対策って何?】

借金返済に有効な対策は、なんと言っても金利と残債を減らすことです。
金利の支払いを抑えるには、少しでも低金利のローンを利用し、支払期間を短くするしかありません。
支払期間の設定によって、どれくらい支払額に差がでるかを計算(シュミュレーション)するようにして意識を高めてください。

返済期間の比較をして数万円程度の違いしか出ない場合、「なんだ、それくらいならいいや」等と考えがちです。
しかし、その数万円のお金を今すぐ現金でまとめて支払うことを想像してみてください。
例え1万円でも、今すぐに財布から消えるとなると、大きな出費だと感じてくるのではないでしょうか。
借入金額が大きければ、金利総額が二桁の金額になることもあるのですから、正しい感覚を持つように心がけましょう。
分割で支払うと痛みが少ないので錯覚を起こしやすくなりますが、お金の価値は分割でも一括でも同じだと再認識することも有効な対策の一つと考えたいものです。

返済期間を少しでも短くするためには、支払いに充てられる最大金額を高く設定しなければなりません。
これは、毎月の生活に密接な部分なので、誰もが少し余裕を持って設定するものだと思います。
しかし、そこで余裕を持たせたお金が余剰資金として使われているなら、返済に充てたほうが良い場合もあるはずです。
あと5千円、あと1万円という感覚で月々の支払額を増やせれば、その分だけ将来支払う金利が減ることになり、支払う総額が減少します。
ローンを完済してしまえば、毎月の返済額だったお金がそっくりそのまま余剰資金になるわけですから、できるだけ早く返済期間を設定するのが得策なのです。

また、少し例外的な対策としては、「過払い請求」というものがあります。
国の定める利息制限を上回る年利で貸された借入が対象で、完済から10年以内の期限付きで請求できるものです。
要するに、「国が定めた金利よりも高すぎる場合は、返してもらえるよ」という制度です。
他社と比較してもかなり高い金利での支払いだったと感じる場合は、専門の法律事務所等に問い合わせをしてみると良いかもしれません。
過払い請求については、該当しないケースも多いと思いますので、参考程度に覚えておくと良いでしょう。

【まとめ】

まずは、自身の借入内容についてきちんと把握をし、正しい選択と計画をしてください。
そして、日々のコスト削減、有利になる借り換えや繰り上げ返済について積極的に検討して、一日も早く身軽になることを目指しましょう。

(PR)ビットコイン買うなら『coincheck』
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
(PR)ふるさと納税なら「さとふる」

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*