親にバレずに、大学生がお金を借りる方法

スポンサーリンク

大学生はどうして借りにくいの?

大学生がどうしてお金を借りにくいのか、といいますと収入がないからです。しかし、いくらでもその例外はあります。それはアルバイトです。アルバイトをしている大学生はいくらでもいます。ですから、貸してくれる可能性はあります。消費者金融などから借りる時にはまず、職業と収入と借金歴などによって決められるようになります。学生の場合は非正規雇用であることが殆どですから、そこが貸してくれるときのネックになります。ですが、キチンと長い間、アルバイトをしているのであれば、それなりに収入があると認めてくれるようになります。在籍確認などをされることもありますが、それでも大学生でもお金を借りることができる、と言うのは知っておくべきです。

親から借りるのがベスト

どうしてもお金を借りるしかない、と言う状況の学生もいます。そうした時に親などに頼ることができるならば、それが最もよいでしょう。借金ではありますが身内にしているわけですから、金融情報が悪くなることがないからです。大学生でも借りることができるところは、意外と沢山ありますし、最近ではハードルも低くなっていますが、親から借りることができるのであれば、まずはそれからお願いして見たほうが自分の為です。お金が必要な理由を話して、素直に頭を下げたほうが何かとメリットがあります。まず、少額小口融資の場合は金利が高いからです。ですが、親から借りるのであれば、金利は大抵は不要です。それだけでも親から借りるメリットがあると言えます。

業者から親や職場にバレない?

親から借りるのがベストではありますが、それができない人もいます。それは家の経済的な理由であることもありますし、個人的な見栄の場合もあります。借金をしようとしている段階で見栄も何もないのですが、それでも親に頭を下げることができない人もいるでしょう。そうした人の為にカードローンや消費者があるわけです。こうした業者はその点のことをかなり配慮してくれます。在籍確認や実家がそこであっているのかどうかなどをキチンと電話などで確認されるわけですが、別に消費者金融であることを言うことはないです。つまりは、特にバレることはないわけです。だからこそ、使いやすいわけです。親から借りるのがよいでしょうが、それができない人は、素直に金融業者を使うことです。

貸してくれるようになるには?

貸してくれる条件やポイントとしては、まず学生である以上は正規雇用はほぼないです。また、相手もそれを期待はしていないです。ですから、アルバイトをしているのかどうかが重要です。これも立派な定期的な収入になります。そこがまずは最も重要なポイントであると言えます。そして、もう一つ重要なのが年齢です。カードローンは18歳でも大丈夫なことがありますが、消費者金融は20歳以上であることがほぼ必須になります。また、親に関する情報なども聞かれることがあります。要するに家族構成であるわけですが、これも立派な審査の対象になる要素です。嘘をつくことはできないでしょうが、キチンと受け答え、書類を提出することです。ちなみに何に使うのか、と言うのも聞かれます。

実際に借り易いの?

色々な金融業者がありますが、実際に借りやすいのか、と言うことがあります。これは個人の状況次第ではありますが、確かに少額小口融資であれば大学生でも不可能なことではないです。担保も保証人も必要ないので借りやすいのは確かであり、どうしても資金が必要になった時には借りることを検討したほうがよいでしょう。別にキチンと金融庁が許可を出しているところがやっているわけですから、極度に恐れることはないです。但し、キチンと返済計画を立ててから借りることです。学生ですから、贅沢品や旅行や遊びなどに使う資金を借りることもあるでしょう。良い行為とはいえないですが、仕方ない側面もあります。付き合いが意外と大学生には多いのです。ですが、返済のことも考えて借りることです。借りやすいのは間違いないですが、返済も間違いなくあるわけです。

学生でも借りることは可能

学生でもお金が必要になることはあります。親から借りたほうが良いですが、業者から借りることもできます。学生ですから、アルバイトなどであり、定期収入が乏しいのは確かですが、お金を借りることができる業者はあります。よく業者を探すことです。

(PR)ビットコイン買うなら『coincheck』
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
(PR)ふるさと納税なら「さとふる」

SNSでもご購読できます。