役所からお金を借りるための◯◯制度

スポンサーリンク

事業資金を貸してくれるの?

役所では事業資金を貸してくれる制度がある場合があります。これは自治体によって違いますから、細かいことを調べてみることです。但し、これはその自治体で積極的に推奨している事業に貸していることが多いです。要するに殖産興業の一策であるわけです。ですが、これは審査がしっかりとありますし、金額がそんなに高くなく、また返済も早いことが多いです。しかしながら、金利が極めて低い、場合によっては無利子で貸してくれることすらあります。こうした制度があるところは多いですから、もし事業を始めようとしているのであれば自治体の融資制度を使えないかどうかを調べて見たほうが良いです。これは活用するべき制度の一つといえるでしょう。

個人の生活資金を貸してもらうことが?

役所が貸してくれるお金として、生活費の緊急的な支援の制度があります。それが生活福祉資金制度と言うものであり、収入が極めて少ない世帯に金利をゼロか或いは極めて低金利で貸してくれる制度になります。この生活福祉資金制度は、セーフティーネットの一つになります。あくまで一時的な生活資金を貸してもらって、自己の生活を立て直すわけです。他のセーフティーネットとの大きな違いとしては、給付金ではなく貸付金になることです。ですから、返済の義務がしっかりとありますし、金利も必ずゼロとは限らないわけです。それでもこうした制度がある、と言うのは知っておいてそんはないです。いざと言う時に助かることは確かであるからです。こうしたことは学校などで教えてくれる情報ではないので、意外と知らない人が多いです。

貸してくれる方向性が違うのです

役所が貸してくれるお金の方向性として、生活支援と事業資金があるわけです。貸してくれる、と言うことにおいては同じですが、方向性がまったく違うことを理解しておくべきです。具体的には、大抵の場合、役所からお金を借りるといいますと生活支援の為の借金のことを指す場合が多いです。事業資金を貸してくれる制度は実に素晴らしい物ではありますが、本当に困窮している人を助けてくれる制度はやはり生活福祉資金制度であるからです。お金を借りることには違いないですが、事業資金に関してはほかにも選択肢があるわけです。ですが、生活福祉の為のお金として貸してくれるのは自治体、国しかないわけです。いざと言う時にはどちらも助かります。

生活福祉資金制度はどんな人が利用できるの?

生活福祉資金制度を借りるときの金利ですが、ゼロであることもありますが、金利が取られることが基本です。ですが、当たり前ですが別に儲けるを目的にしていないので民間の金融機関よりは安く設定されています。生活福祉資金制度の金利としては、1.5パーセントから3パーセントになります。但し、そこに連帯保証人がいれば無利子で貸してくれることになっています。そして、どんな人が借りるコトガできるのか、と言えば収入が低い人、高齢者や障害者になります。当たり前ですが、低収入の人、斜快適弱者の人に対する制度ですからこうした人達が対象になっているわけです。細かい証明の書類がありますから、それは役所などで揃える必要がありますから、手間はかかります。

実は返済能力も重要なのです

この役所から借りることができる、生活福祉資金制度での借り入れですが、実は返済の当てがあってこそ、貸してくれるタイプの貸付になります。つまりは、返せない人には貸さないわけです。金融機関としては当たり前ですが、役所の福祉制度としてはそれはどうなのか、と考えている人もいますが、これは生活保護などとは趣が異なるから仕方ないことであるのです。元々は連帯保証人がいないと貸してくれない制度でもありました。それが平成21年に改正されて、連帯保証人がいなくても貸してくれるようにはなったわけです。それでもあくまで返済してくれる見込みがある人にはしか貸さない制度であり、生活保護とはそこが一線を画しているところとなっています。

役所から借りるお金と言えば

役所から借りることができるお金、と言えば生活福祉資金制度になります。但し、これは貸してくれる条件が細かく、また返済の当てがあってこそ貸してくれる貸付制度になっていますから、生活保護とはかなり趣が違うことになります。

(PR)ビットコイン買うなら『coincheck』
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
(PR)ふるさと納税なら「さとふる」

SNSでもご購読できます。