多重債務者むけおまとめローンは審査は甘くないし、必ずしも便利というわけではない

スポンサーリンク

おまとめローンとはどういうローンでどういうメリットがある?

おまとめローンとは複数の金融機関に対して借り入れがある多重債務者向けに、
そのローンを一本化して一つの期間で返済をするという方法です。
今の金利よりも低金利になること。
金利が低くなることや借り入れを一本化することで、総返済額が減額になることができ、月々の返済額も抑えられるということがメリットとしてあげられています。
また一本化することで煩雑な手続きがなくなり、精神的にも安定するようなメリットも
あるようです。
一本化することで、返済計画が立てやすくなり、目標もさだまるので、生活のリズムも整ってくるなどともいわれています。
そんなよいことばかりのおまとめローンですが、甘い言葉だけではないようです。

おまとめローンにしても思ったより金利は下がらない

一般的に、消費者金融で借りるよりも金融機関の方が低金利で借りられるようです。
しかし、おまとめローンは再度借りなおすということになるので、再度審査が必要になります。
また、一般的に低金利といわれている金融機関の方が、消費者金融より審査が厳しいといわれています。
そのため、借り入れしているローンの状況によっては、提示されていたおまとめローンの金利よりも高い金利になってしまうことふがあり、結果として、おまとめローンにしたけれど金利は前とあまりかわらないということが起こることがあります。
逆に高くなってしまうこともあるようなので、注意が必要です。

おまとめローンにするには、再度審査が必要になる

おまとめローンは、今借りている複金融機関のローンをおまとめローンを借りる金融機関が返済し、債務者がおまとめローンをしている金融機関に返済していくということになります。そのため、再度審査が必要になります。金融機関は、債務者が本当に返済してくれるのかという返済能力を確認します。
そのため、借り入れ額や延滞などの情報、また職業についているかどうかや勤続年数などを調べます。
その結果、借りたくても借りられない場合もあります。
そのため、審査に通るにはというような情報もネットには流れています。
おまとめローンは、簡単に借りれるほど甘くないようです。

今のローンがグレーゾーン金利で借りていた場合は借りる前に確認

今借り入れしている金利が、利息制限法に定める上限利息、いわゆるグレーゾーン金利である場合、過払いになっている可能性があります。
おまとめローンを借りる場合に、審査にとおったあと、返済額計算する場合、グレーゾーン金利で借り入れしている金利そのままで残額を再計算します。
そのため、せっかくおまとめローンにしたとしても多く返済してしまうことになります。
もちろん、過払い請求期間であれば、おまとめローンにしてからでも手続きができますが、
弁護士や司法書士などに依頼する必要がでてきて、報酬費用や諸費用などの別途費用もかかります。
おまとめローンにする前に、自分の借り入れているローンがグレーゾーン金利ではないかどうかを確かめる必要があります。

おまとめローンにして状況が前より悪くなる場合も

前よりも状況をよくするために、おまとめローンにしますが、おまとめローンにしてかえって状況が悪くなる場合があります。
例えば、審査の結果、保証人が必要だったり、不動産などの担保が必要になったりとまわりの人を巻き込むようなことが起こってしまうこともあります。
また、おまとめローン関連の詐欺などもあり、保証金を要求されるようなこともあるようですので、おまとめローンの金融機関も注意した方がよいです。
あとは、めったにないですが、多重債務者の場合は、せっかく審査に通って、月々の返済額が減ったら、また別のところで借り入れをしてしまうということも起こる場合があるようです。

おまとめローンは、そんなに甘いものではないということ

おまとめローンをみるとメリットばかり書いてあるので、よいことばかりを
思い浮かべがちですが、実際には、債務者の状況などによって大きくかわるということが
いえます。
甘い言葉にだまされないよう、自分の状況を把握しておまとめにした方がメリットがあるかどうかをよく調べてから変更した方がよさそうです。

(PR)ビットコイン買うなら『coincheck』
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
(PR)ふるさと納税なら「さとふる」

SNSでもご購読できます。