こんなにある!?個人でお金を借りる方法あれこれ

スポンサーリンク

お金で困ったら

給料日前にお金がなくなった、結婚資金が急に必要になった、など人生においてお金が必要になることはたくさんあります。こんな時に利用できる銀行などを知っておくことで、急場をしのぐこともできるようになるでしょう。そんな個人がお金を借りる際に知っておきたいのがカードローンです。カードローンは急にお金が必要になった際に頼れる強い味方であり、審査も緩いだけでなく、気軽に借りれて返済ができます。そのため、個人でお金を借りるといった際にはまずはこのカードローンを試してみるのが最善です。また、カードローンは色々なものがあり、「他のカードローンでは融資が通らなかったけれども、この会社のカードローンだったら大丈夫だった」なんてことがしょっちゅうです。また、カードローンは借りれる額が少ないですが、幾つかの会社のカードローンを組み合わせることで大金が借りれます。このようにカードローンの利用度は高いですから、積極的に利用しておきたいものでしょう。

掲示板でお金を借りる!?

銀行や消費者金融以外からもお金を借りる方法は色々あります。その一つが掲示板でお金を貸してくれる人を募ることでしょう。ネット上にはお金募集専用の掲示板が多数ありますから、個人でお金を借りたい、と言う場合には利用してみるのも良いでしょう。お金募集専用掲示板のメリットとして、「直ぐにお金を借りやすい」「場合によっては多額の融資も受けられる」といったものがありますが、他にも「長期的に支援してくれるパトロンを探せる」というのもその一つでしょう。でとはいえ、このような掲示板でお金を募集する際にもお金を貸してくれる人の身になって考えることは大事です。「一体自分にお金を貸すとどのようなメリットがあるのか」といったことをしっかりと書き込んだり、それまでの自分の経歴を記して信用があることを示すことで、より効果的にお金を借りて行くことができるでしょう。また、このような掲示板でお金を借りる際にもしっかりと契約書は作成しておきましょう。契約書がないと後々「幾ら借りたのかどうか」といったことで騒動が起こることもあります。また、相手に口座番号などを教える際には注意も必要です。どんな個人情報であれ、悪用される危険性があるからです。そのため、心配な場合にはPAYPALなどのシステムを利用してみるのもオススメでしょう。

国からもお金は借りれる

国からお金を借りることもオススメです。起業などの際には国からまとまったお金を借りることができますから、事業を起こしたい際には利用してみましょう。また、住んでいる自治体が融資を行ってくれることもあります。このように国や自治体からお金を借りる方法は色々ありますから、まずは「自分の住んでいる地域ではどういった融資制度があるのか」といったことを調べてみると良いでしょう。

会社から前借りしよう

勤め先から前借りするのは昔からある方法です。とはいえ、この方法は効果的な面もあります。会社から借りることで返済も月毎にしていけますし、しかもまとまった額を借りれるのも利点です。また、会社としても生活などに困った社員にお金を貸す事を渋るということは少なくなっています。とはいえ、会社からお金を借りることで「自己管理がなっていない」とみなされたり、昇進に影響が出るということもあります。このように会社から前借りするのは諸刃の剣でもあり、利用する際には気をつけておきたい方法の一つなのです。

ヤミ金は最後の手段

色々と試したけれども結局お金を借りれなかった、といった際に最後に頼りたいのがヤミ金です。むしろヤミ金はそこまで切羽詰まらないと利用スべきではないといっても良いでしょう。それだけヤミ金は危険が多いだけでなく、「お金に困ったら闇金を利用すればよい」といった悪い習慣を作ってしまうことにもつながります。ヤミ金を利用する際にもなるべく”大手のヤミ金”を利用するようにしましょう。ヤミ金にも色々あり、大手のヤミ金であればそこまで無理な取り立てもしてこないからです。また、借りる額も必要最小限度で納めるとともに、「必ず返せる」というプランを立ててから利用することが大事でしょう。
加えて闇金を利用する際にはなるべく自宅から遠い業者を利用していくのも大事でしょう。ヤミ金があまりに近いと採りたての際にもより苦労します。また、ヤミ金が遠ければ再利用する気持ちも起こりにくくなるでしょう。
このように個人がお金を借りる方法は色々なものがあります。いずれにしてもお金を借りる際にはしっかりとしたプランを立てて計画的に借りて行くといったことが欠かせません。くれぐれも気軽な気持ちで無計画にお金を借りるといったことはしないようにしましょう。

(PR)ビットコイン買うなら『coincheck』
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
(PR)ふるさと納税なら「さとふる」

SNSでもご購読できます。