キャッシングの審査が甘い会社というのは都市伝説レベル

スポンサーリンク

日本の信用情報機関の歴史

日本の信用情報機関は、経済産業省が指定する『個人に関する指定信用情報機関』とされる、銀行系が主体となって作られた全国銀行個人情報センタークレジットガード、信販会社系が主体となって作られた株式会社シー・アイ・シー消費者金融系が主体となって作られた 株式会社日本信用情報機構の3社があります。

確かに、この3社は2009年頃までは個人信用情報の共有を行っておらず、各金融機関も情報は1社からしか取れない状態でした。その為、例えば消費者金融系で借入を行って、返済が遅延していて他の消費者金融は審査が落ちたのに、銀行系のローンは通ったりクレジットカードはそのまま使えたりなど事象が偶に見られたようです。

この印象が、「ドコドコの会社は審査が甘い」に繋がっているのだと思います。

3社体制で独自の情報管理を行っていた信用機関は現在では情報の共有を行っている

現在は2009年の貸金業法改正に伴い導入された「過剰貸付の禁止(いわゆる、年収の3分の1以上の貸付を行わない総量規制)が導入されたことにより、この3社の情報の共有が進んでいます。例えば銀行系ローンでキャッシング、クレジットカードでリボ払いの残額、消費者金融でのキャッシング、これらの情報は全て信用情報機関に登録されてしまいます。

リボ払いは総量規制の対象外ですが情報としてはキャッシング業者は取得し、審査の材料にするのです。

その他にも借入総額だけでなく、支払い遅延や延滞情報なども1社に行えば業界の垣根を越えタイムラグも殆ど無く全ての金融機関が情報を取得できるように共有されています。

キャッシング申し込みの時に銀行系ならでばれないだろうと他社の借入を申告しなくても、把握されてしまうのはこのためです。

現在では総量規制の枠を超えての融資を正規業者は行わない

昔は確かに大手のキャッシング業者も悪質な業者が多く、返せない金額を貸し付けるといった行為がありました。例えば、親や兄弟が払うだろうとあてがい貸し付ける、貸付の時に生命保険に入り、生命保険代で回収できるだろうと貸し付けグレーゾーン金利などが横行していた時代です。

では現在ではそのような業者がまだ居るのかと言うと、貸金業協会の自主規制の強化等もあり殆ど淘汰されているように思えます。つまり、年収の3分の1の総量規制を超えての貸付を行う正規業者はおらず、過剰な借入は出来なくなっています。審査が甘くなると言っても、貸出金額ではなく過去の延滞記録に目をつぶる程度の裁量の範囲でしょう。

それでも、審査が甘い業者を探したいなら狙い目としては

総量規制の範囲内の審査なのに、過去に若気の至りでちょっとだけ延滞してしまい、その記録が7年間残ってしまってる事により審査が落ちたと言う方に向けて、どの様な業者が比較的延滞記録に目をつぶってくれそうかを解説します。

・比較的新規参入の業者
新規参入の業者は顧客が少ない為、多少の延滞記録があっても他からの借入が少ない場合は審査を通すことがあります。

・審査通過率の高い会社
会社によっては、審査通過率を株主向けの決算報告で公表しているところがあります。審査通過率の高い会社はリスクをとってリターンを得ると言った商売っけのある業者です。そういった会社は高水準の貸付残高を維持する為、過去に延滞記録があっても、今現在に事故記録が無いのであれば目をつぶって融資してくれる可能性があります。

審査に落ちた場合は審査の甘い業者を探すので無く、一度落ち着いて状況を把握すべし

審査に通らなかった時、特に比較的甘いとされる大手の消費者金融から断られた時は貴方に何らかの問題があった場合なのです。それは、キャッシング以外のショッピングや車のローンを多く使いすぎている、子供が何人もいてお金がかかり、毎月のショッピング額が大きく明らかに買い物依存症のよう等、これ以上の貸出をすると返せなくなるだろうとキャッシング業者に思われているのです。

プロの何千人もの債務者を見ているキャッシング業者の目からみて危ないと思われているのですから、そのような場合は一度現在の状況を見直すいい機会かと思います。

総額でいくら借入があり、金利を払っていけるのか返していけるのか、それとも債務整理を考えないといけないのかと今後を見直していくターニングポイントと捕らえましょう。

審査の甘い業者を探して闇金にいかない事

ここまで読んでいただいた方は審査の甘い正規の業者なんてないなと理解していただいたと思います。稀に正規業者の審査が通らなくなったので闇金に手を出す人がいますがこれは絶対に止めてください。大手の審査が通らなくなったら諦めて、支出を減らし生活を小さくする、売れる資産があったら売る、弁護士に相談するなど債務を膨らませないようにしましょう。

(PR)ビットコイン買うなら『coincheck』
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
(PR)ふるさと納税なら「さとふる」

SNSでもご購読できます。