普通に暮らせる?任意整理後の生活で変わることと変わらないこと

スポンサーリンク

任意整理とは

任意整理とは借金を整理する方法の一つで、裁判所の力を借りずに借金を返せる範囲内まで整理・減額して借金完済を目指します。

任意整理では弁護士などの専門家を代理人として債権者と交渉を行い借金の整理を目指しますが、裁判所は通さずに手続きを進めるため自己破産や個人再生など裁判所を通じた法律的な解決を目指すのに比べて問題解決までのスピードが早いのが特徴です。書類作成や手続きも最低限で済むので、借金整理に伴う時間と手間を大きく省けます。

任意整理はあくまでも債権者と債務者の合意に基づいて行われる借金整理手続きなので、双方の合意がなければ成立しません。利息制限法の上限を超えるような金利が加算されているケースであれば、借金を整理したうえに支払い過ぎた金利分を過払い金として返還請求することも可能です。

任意整理による影響

任意整理は自己破産や個人再生のような法律に基づく手続きではないので、実行後も法的な制限を受けることはありません。

自己破産や個人再生手続きで借金を整理すると一定金額以上の財産は処分される、手続きを行った事実と使命が漢方に掲載さいれて公表されるなどのデメリットが有りますが、任意整理では法律に基づくペナルティはありません。

ただし、法律で定められたものではない民間レベルでのデメリットは発生するので、任意整理後の生活にまったく影響がないということはありません。

新たな借り入れができなくなる

任意整理後の生活で最も大きな影響をうけるのが新規の借り入れです。
任意整理をした人物は金融機関や消費者金融業者が共有するブラックリストに使命が掲載されてしまい、新たな借入が認められなくなってしまいます。原則的には各金融機関の判断で借り入れ審査は行われるのですが、ブラックリスト入りしてしまった場合はまず間違いなく信用に問題ありと判断されてしまうため、事実上どこからも借り入れられなくなってしまいます。

信用情報やローンや借り入れ以外にもクレジットカードや分割払いにも影響するため、新たにクレジットカードを作成したり携帯電話を分割払いで購入することも不可能になります。

一度ブラックリストに名前が掲載されてしまうと最低でも5年間は情報が継続されるため、任意整理後5年は借り入れやクレジットカード作成はできなくなってしまいます。住宅や車など大きな買物をすることが非常に困難になりますが、日常の買い物に関しては全てを現金で支払うのであれば以前と変わりない生活をおくることができるでしょう。

ネット利用では不便を感じる場面も

インターネットでは決済にクレジットカードを利用するケースが多く、クレジットカードが身分や信用を保証してくれる場面も多く見られます。任意整理後はクレジットカードの作成が不可能になるので、ネット利用では不便を感じることが多くなるでしょう。
回線契約もクレジットカード以外で支払えるプロバイダしか利用できませんし、通販もカード払いで購入することができなくなってしまいます。銀行口座の開設に関しては任意整理の影響を受けないので、振り込みや代引などカード以外の決済手段の利用を強いられることになります。

返済義務は継続する

任意整理は借金を整理減額して無理なく返済することを目指す手続きなので、基本的には借金は残ります。残額に対する返済義務は継続されるので、任意整理後も毎月決められた金額をきちんと返済していく義務が発生します。
過払い金がある場合は借金の相殺も可能ですが、任意整理はあくまでも債権者と債務者の話し合いを通じて借金の完済を目指すための手続きなので大幅な減額などは望めません。利息負担の軽減などはあったとしても基本的には借りた分の金額と利息はきちんと返す必要があるので、手続きをしたからといって一気に生活が楽になることはありません。
その代わり、借金を整理して利息の低いものに借り換えたり一本化することは可能なので、返済負担そのものは軽くなります。専門家と協力して返済計画を建てることもできるので、完済までの道筋をつけ無理なく返済していけるようになります。

財産を強制的に処分されることはない

法律に基づく自己破産や個人再生では所有する財産を強制的に処分して借金の返済に当てる必要がありますが、任意整理では財産を強制的に処分されることはありません。返済計画の中で財産の処分を迫られることはありますが、強制力はないので財産を守ることは可能です。
例えば、自己破産手続きでは自宅不動産を所有していた場合は売却して返済にまわす必要がありますが、任意整理なら毎月の収入で返済できる計画を建てられるのなら自宅を所有し続けることが可能です。自動車や個人的な趣味の品なども処分対象にはなりません。

周囲にバレる心配はない

任意整理は債権者と債務者感の合意に基づいて行われる手続きであり、裁判所など公的な機関が仲介することはありません。そのため任意整理を行った事実に関しても公表されることはなく、職場や近所にバレる心配はいりません。
借金を整理した事実がバレるとその後の生活に大きな影響が出てしまい引っ越しや転職せざるを得ない状況に追い込まれる可能性もありますが、事実は公表されませんから任意整理後の生活も以前と同様に過ごすことができます。

影響はあるものの以前と変わりない生活を守れる

任意整理後はさまざまな面で生活に影響が現れますが、不便は生じるものの致命的なものはありません。
借り入れは不可能になりますが新たに借金を重ねてしまう心配がなくなると思えばメリットととらえることもできますし、クレジットカードが作成できなくても代替手段はいろいろと用意されています。

守りたい財産はきちんと守率頭のない返済計画に基づいてきちんと借金を返していけるので、まじめに暮らしている限り任意整理後の生活も以前とほとんど変わらない日々を過ごせます。

専門家の力を借りれば任意整理の手続きで難しいことはひとつもありません。借金が少額のうちに手続きしたほうがより返済計画は楽になりますから、返済でお悩みの方は早めに法律事務所に相談してください。

(PR)ビットコイン買うなら『coincheck』
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
(PR)ふるさと納税なら「さとふる」

SNSでもご購読できます。