即日キャッシングの利用において大切な5つのポイント

スポンサーリンク

即日キャッシングを利用すれば、申込日に借入金を手にできる

キャッシングは、担保も保証人も用意することなく借入することができる便利な金融サービスですが、その利便性をさらに向上させたのが即日キャッシングです。
即日キャッシングは、消費者金融を中心としたカードローンで展開されているサービスです。キャッシングに申し込んだその日のうちに借入金を入手できるのが即日キャッシングの特徴となっています。

この即日キャッシングを利用すれば、突発的な出来事に巻き込まれた場合に対応することが可能となります。
日常生活を送っていると、急にお金が必要になる場合があります。
事故に巻き込まれたり、冠婚葬祭の祝儀や香典を用意する必要に迫られたり、あるいは身内の不幸で遠方まで出向く旅費を調達しなければならなかったりします。

このような予測もしない出来事により突然の出費が迫られる場合がありますが、そのような時に頼りとなるのが即日キャッシングです。

即日キャッシングを利用すれば、親類や知人に借金を頼む必要もなくなります。
簡単な手続きで、申し込みから最短で1時間以内に借入金を入手できるため、即日キャッシングはもしもの時には頼りになる存在なのです。

即日キャシングでも通常の審査が行なわれる

即日キャッシングは便利なサービスですが、無条件に誰でも利用できるわけではありません。
借入を行うキャッシングである以上、通常のキャッシングと全く同じ審査手続きが行なわれます。キャッシングの審査においては、信用情報や勤続年数や勤務先といった返済能力について審査が行なわれることとなります。

即日キャッシングを利用するために必要となる第一の条件は、定職についていて定期収入があるということです。
職業については正社員に限りません。契約社員でもパートやアルバイトでも問題ありません。二十歳以上の大学生でもアルバイトをしていれば、消費者金融の即日キャッシングは利用可能となっています。

次に大切となるのが、信用情報です。
過去のキャッシングやクレジットカードの利用において、大きな延滞を発生させていないことが大切です。また他社から多額の借入をしていなければ、問題なく審査を通過できるようになっています。

消費者金融を選択したほうが、確実性を高められる

即日キャッシングを提供しているのは主に消費者金融です。銀行カードローンも三菱東京UFJ銀行の「バンクイック」など、即日キャッシングに対応している金融機関はあります。しかし申込み当日に、確実に借入金を入手するためには、銀行カードローンよりも消費者金融を選択したほうが、間違いありません。

即日キャッシングを利用する際に重要となるのは審査スピードと審査の柔軟性です。
消費者金融と銀行カードローンを比較した場合、消費者金融のほうが審査スピードが早くなっています。大手消費者金融における審査時間はどこも30分から1時間程度です。

一方、銀行カードローンの審査時間は最短30分となっているものの、2,3時間を要する場合が多いのです。

さらに消費者金融の審査通過率は、銀行カードローンのほぼ2倍となっています。 審査基準についても銀行カードローンよりも消費者金融のほうが柔軟性が高くなっているのです。

即日キャッシングを利用する場合には、急いで借入金を入手する必要に迫られています。
そのような時、審査で落とされては見も蓋もありません。また審査スピードが速ければ、その分早く借入金を入手可能となります。そこで即日キャッシングを利用するのであれば、消費者金融を利用したほうがより確実性を高められるのです。

即日キャッシングを利用する方法は2つ

即日キャッシングの利用方法は主に2つあります。
キャッシングのローンカードを入手して提携ATMから借入金を引き出す方法と、銀行振込によって借入金を申込者の銀行口座へ振り込んでもらう方法です。
通常のキャッシングでは、インターネットから申し込んでローンカードを郵送で受け取るのが一般的です。しかしローンカードの郵送には数日を要するため、即日キャッシングを利用する場合にはカードローン会社の店舗か自動契約機を訪れ、その場でローンカードの支給を受ける必要があります。

なお自動契約機から申込手続きをすることも可能ですが、あらかじめインターネットから申込をし、審査結果の通知を受けてから自動契約機を訪れ、ローンカードを受け取ることも可能となっています。
ローンカードを受け取れば、コンビニのATMなどから借入金をいつでも引き出せるようになります。

自動契約機まで出向くのが面倒である場合、手続きをインターネット上で完結させる方法もあります。
カードローン会社のホームページ、あるいはスマートフォンのアプリを利用して申込手続きを済ませ、審査が完了したら、借入金を銀行振込で受け取るように手続きを行うのです。

銀行振込で借入金を受け取れば、頻繁に利用する銀行や銀行のATMから借入金を受け取れるようになります。

銀行振込で利用する場合には、午後2時までに申し込むことが必要

銀行振込で即日キャッシングを利用すると、カードローンの店舗や自動契約機に出向く必要がないため便利なものです。しかし注意が必要となるのが銀行の振込手続きについてです。

銀行では営業時間が終了する午後3時以降に受け取った振込み依頼については、翌日の振込扱いとなってしまいます。
そこで午後3時以降にキャッシングを申し込むと、せっかく審査に通過してても、銀行振込の関係で翌日にならないと借入金を手にできない場合がでてくるのです。

消費者金融では審査完了まで30分から1時間の時間がかかります。
この審査時間を考慮し、銀行振込で即日キャッシングを利用する場合には、午後2時までには申込手続きを済ませる必要がでてきます。
もし銀行振込が間に合わないのであれば、ローンカードを利用してキャッシングするしか方法はありません。
自動契約機は午後8時または午後9時まで営業しており、夜でも利用可能です。またコンビニの提携ATMは24時間営業しているため、ローンカードさえあれば夜でも借入金を引き出せます。

なお、カードローン会社は大手銀行と提携関係にあります。

そこで提携銀行の口座に対してキャッシングの振込を行うと、即時に借入金の振込みが可能となります。銀行の営業時間とは関係なく、いつでも銀行口座へ借入金を振り込めるようになるため、提携銀行の口座を所持していると、より便利に即日キャッシングを利用できるようになります。

即日キャッシングなら利便性の高い消費者金融が選択肢となる

即日キャッシングは、突然の出費に迫られた時に頼りとなるサービスです。通常のキャッシングと同様の審査が行なわれますが、定職に就いていて信用情報が悪化していなければ問題ありません。
審査スピードと柔軟性が優れた消費者金融を利用すると、より確実に即日キャッシングを利用できるようになります。

(PR)ビットコイン買うなら『coincheck』
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
(PR)ふるさと納税なら「さとふる」

SNSでもご購読できます。