無職でも大丈夫!お金を借りる方法まとめ

無職の人が一番困ることが多い問題が金銭的な問題です。仕事がある人と違って定期的な収入がない無職の人にとってはこれが一番切実な問題です。しかし、そのような事実に反して実際には無職の人はお金を返済できない可能性が高いとしてどこの金融機関でもお金を貸したがりません。しかし、大丈夫です。無職の人でもお金を借りる方法はあります。今回の記事では無職の人でもお金を借りるための方法についてまとめました。

スポンサーリンク

仕事がある人がお金を借りる場合

定期的な収入がある仕事についている場合、一気に融資の幅は広がることになります。これは雇用形態を問いません。確かに正社員で安定した企業に勤めているという方が理想的ではありますが、契約社員やアルバイトといった形であっても融資を受けられる可能性は無職の場合よりは広がってきます。このような定期的な収入がある仕事を持っている人の場合であれば、お金が必要になったその日に融資を受けることも可能です。これがいわゆる即日融資というものになります。下記では無職の人でもお金を借りることができる方法を述べていきますが、無職の人がお金を借りるというのは非常に困難を伴うのは事実です。したがって、できればアルバイトやパートのような形でもいいので定期的な収入が見込まれる仕事についてみることもおすすめします。

無職の人がお金を借りる場合

さて、ここからの話は無職の人がアルバイトやパートといった形の仕事にもつかず、無職のままでお金を借りる場合です。無職の人がお金を借りる場合に必要なお金をその日のうちに借り入れるという即日融資に関しては難しいと言わざるを得ません。無職の人がお金を借りる場合、キーポイントとなるのは2点です。それが「親などの家族の収入」、「対面式で申し込みを行うこと」になります。
親などの収入が安定している場合、親の収入を担保として融資の審査が下りる場合もあります。また、もう一つ対面式で融資の申し込みを行うということもポイントです。無職であれば、まず貸す相手の人柄が分からないネットを介した申し込みでは審査が通りません。実際に担当者にあって、自分の人柄やお金を借りる事情、返済可能であるという事実をしっかりとアピールするようにしましょう。

無職の人がお金を借りるための方法は?

無職の人がお金を借りるための方法としては3つの選択肢があります。それが「専業主婦の配偶者貸付制度の利用」、「総合支援資金の利用」、「闇金を利用すること」の3つになります。無職である人に配偶者がいる場合、「専業主婦の配偶者貸付制度」というものを利用できることになります。これは配偶者の収入を担保としてお金を借り入れることができるという制度になります。また、低所得者世帯のために国が準備している公的な融資制度である「生活福祉資金」の中の「総合支援資金」というものも無職でも利用できる制度となっています。そして、最後が闇金になります。ただ、闇金からの借り入れは非常にリスクが高くなります。闇金にお金を借りるのはおすすめできません。

無職の人がお金を借りるのにおすすめの方法は?

上記で述べてきた方法のうち、無職の人がお金を借りる場合に現実的な選択肢となってくるのは「専業主婦の配偶者貸付制度の利用」、「総合支援資金の利用」の二つです。特に専業主婦であれば前者の制度をおすすめします。なぜなら、「専業主婦の配偶者貸付制度」であれば、即日融資を受けることが可能になるためです。ただ、その場合の注意点としては上限額の問題があります。この「専業主婦の配偶者貸付制度」には上限額があり、その上限額は配偶者の年収の1/3までの金額になります。この場合、配偶者の借り入れとの合計額が上限になるので、配偶者の収入が300万円で配偶者が50万借り入れているという場合、本来であれば100万円の借り入れ枠がありますが、実際には50万までしか借りることができません。
一方、借入したい無職の人が専業主婦ではない場合には「総合支援資金」しか選択肢はありません。

無職の人がお金を借りる場合の注意点は?

無職の人がお金を借りようとする場合、無職の人の弱い立場に付け込んで、業者があたかも助け舟のような形でうまい話を装って、後々問題になるような提案をしてくることがあります。その代表例が「クレジットカードの現金化」です。このクレジットカードの現金化というのは、例えば「15万円借りたい時、クレジットカードを持っている人に貸金業者が20万円のテレビをクレジットカードの枠内で購入してくれれば、18万円貸しますよ」といった形で提案してきます。一見、特をしているようですが、この場合一月後には20万円の返済がクレジットカードからくることになります。現在無職でお金が必要なあなたが18万円の借りたお金をさらに2万円増やして返済することはできるでしょうか。そのあたりのことをしっかりと考えていけば、おのずとクレジットカードの現金化という方法を選ぶことのデメリットが分かってくるはずです。

無職でお金を借りることについてのまとめ

上記では無職の人でもお金を借りることができる方法を見てきました。しかし、逆説的にはなりますが、簡単な仕事でもいいので収入があるアルバイトやパートといった仕事についた方が融資を受けられる可能性は一気に高くなります。職に就くことも一度検討してみましょう。

(PR)ビットコイン買うなら『coincheck』
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
(PR)ふるさと納税なら「さとふる」

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*