是非とも知っておきたい!お金を低金利で借りる方法とは?

給料日前にお金がない場合や結婚式費用など、色々な場面でお金を借りなければいけないことはあります。そんな際にはできるだけ安く借りたいものです。高い金利で借りてしまうと返すのも大変な負担になってしまうでしょう。実はお金を低金利で借りる方法は実に色々あるのです。そんなお金を借りる場合に知っておきたい情報を紹介していきましょう。

スポンサーリンク

お金を低金利で借りるメリット

まずはお金を低金利で借りるメリットから見ていきましょう。低金利で借りることによって、利息が減るということは誰もが知っている大きなメリットですが、他にも心理的なメリットも忘れてはいけません。低金利であればお金を返済した際にも金利を取られる割合も少なく、「お金を余計に支払っている」という気持ちも沸かなくて済みます。高金利でお金を借りてしまうと「毎月こんなに金利がかかっているなんて」とお金を借りているのが憂鬱になることも少なくありません。お金を低金利で借りる際には「手続きなどに時間をかける」ことも大事です。焦って手続きに時間がかからないところからお金を借りてしまうと思わぬ高金利でお金を借りないといけないこともありますから注意しておきましょう。そのためにも、お金が必要になってから金融機関に行くのではなくお金が必要になる数週間前から行動を開始することが大事なのです。

銀行からお金を低金利で借りるには?

まずお金を借りる際に真っ先に検討するのが銀行でしょう。銀行では色々なローンを提供していますが、ローンの酒類によって大きく金利も異なってきます。また、ローンにはそれぞれ対象としている人が違いますから、自分の目的にあったローンを選ぶことが肝心です。そうすることで、審査を通りやすくなるだけでなく、金利も少なくなってきます。銀行のローンには住宅ローンや自動車ローン、使徒自由のローンなど色々なものがありますが、基本的に使途にあったものを選びましょう。こういったローンを契約する際には審査には時間が1週間以上かかるだけでなく、求められる書類も多岐にわたることは覚悟しておきましょう。

カードローンがおすすめできない理由

銀行のローンではカードローンが人気を集めていますが、カードローンは低金利でお金を借りたいと言う際には決してオススメできません。カードローンは確かに審査も通りやすく、申し込んでその日の内にカードが発行されるなんてこともあります。とはいえ、カードローンはその分、利率も高くなっており、利率が10%を超えることは決して珍しくないのです。カードローンは基本的にその場しのぎのため、一時的に使用するのが正しい使用法で、長期的にお金を借りたい場合や、高額のお金を借りたい場合、低金利でお金を借りたい場合には避けることが肝心でしょう。加えて、カードローンはコンビニ等でも簡単にカードで借りれてしまうので、お金を借りることに慣れていない人は借りすぎてしまうこともおすすめできない理由なのです。

国から低金利でお金を借りる方法とは

お金を銀行ではなく国から借りることも可能です。例えば国のローンとして最も有名なのが教育ローンでしょう。教育ローンは国が運営している金融公庫からお金を借りるもので、金利が実に少ないだけでなく、返済期間も長く出来ることが利点です。金利は教育ローンの場合には年に3%未満を維持しており、銀行の教育ローンよりも低くなっています。加えて、返済期間は最長で15年まで延長できるので、大変余裕を持って返済できることが魅力でしょう。教育ローンは申し込む窓口も多いために、教育用途でお金を借りるのであれば真っ先に利用しておきたいものです。また、教育ローンにはお得な特典や裏ワザもあります。それも合わせて紹介していきましょう。

教育ローンの裏ワザとは?

教育ローンは基本的に学費用途で貸し出されますが、その用途は意外と自由なのです。例えば教育ローンでは「住宅ローンや車のローンもあって、学費を払うことが困難」といった場合には問題なく融資の対象になります。そのため、教育ローンで借りたお金を学費だけでなく、他の用途にも回すといったことも可能になるのです。加えて、教育ローンでは母子家庭などの場合にはよりお得にお金を借りることが出来る制度も存在します。また、子供が多ければそれだけ融資限度額も増えるといったことも押さえておきたいポイントでしょう。

お金を借りる際には計画的に

このように低金利でお金を借りる方法は実に色々なものがありますが、お金を借りるのですから甘く見てはいけません。いずれにしてもしっかりと計画を立ててからお金を借りるようにしたいものですね。

(PR)ビットコイン買うなら『coincheck』
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
(PR)ふるさと納税なら「さとふる」

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*