お金 借りる

銀行でのお金の借り方も金融技術で進化する!?今までになかった銀行でのお金の借り方とは

商品によって、お金の借り方が様々に

 金融技術やインターネットの普及により、従来は店舗に出向くのが当たり前だった、お金の借り方が変化しています。現在は、基本的に担保が不要な融資は店舗に出向く必要はなく、担保が必要な融資は店舗に出向く必要があります。これは、担保設定が必要な融資は最終的に抵当権の登記が必要になり、銀行だけでなく、司法書士などとの打ち合わせも必要となるためです。

一方で、銀行側にとってはコスト削減が急務となっており、インターネットや店内等のローン契約機、コールセンターを活用することで審査体制を集約させ、同時にスピード回答も可能なように整備しています。今回は、カードローン、目的別ローン(無担保、有担保)、住宅ローンに別けて、それぞれのお金の借り方について解説していきたいと思います。

カードローンは競争激しく、最も借りやすい

 カードローンは高い利ざやが見込めるため、各行とも利便性の強化に力を入れています。申し込み方法は、インターネットバンキング、ローン契約機、コールセンター、郵送、窓口と最も間口が広くなっています。また、本人確認がとれており、収入証明書が不要な場合は、審査書類提出を不要にし、利便性の向上を計っています。

さらに最短30分で審査を完了させ、審査結果も9時~21時まで伝えることで、申し込み形態によっては即日利用を可能にしています。また、便利なのが自行のATMだけではなく、コンビニに設置されたATMも手数料無料で利用できることです。このように考えると、カードローンはお金の借りやすさという面から考えると、最も進化していると言えるでしょう。

目的別ローン(無担保)は、1度だけ出向く必要あり

 目的別ローンとは、教育ローン、マイカーローン、フリーローンの総称です。どの商品も商品構成が似通っているため、基本的には同じ審査手法を採用しています。金利は、資金使途に鑑みて、教育ローンが最も低く、自動車ローン、フリーローンの順に高くなっていきます。これらの目的別ローンには、マイカーローンを除いて、無担保型と有担保型があり、有担保型の方が多額のお金を借りられるようになっています。

まず、無担保型についてです。無担保型はカードローンの審査と近いところがあり、手続きもカードローンに準じた取り扱いとなっています。申し込み方法も、インターネット、ローン契約機、コールセンターとなっており、即日審査されます。カードローンと違うのは、審査結果の連絡後、契約手続きのために1度だけ店舗かローン契約機に行く必要があるということです。それでも、以前に比べて便利になっています。

目的別ローン(有担保)は住宅ローンに準じる

 一方で、有担保型の目的別ローンは、住宅ローンに準じた取り扱いとなっています。店頭で申し込みを行い、審査の上、債務者が死亡したら債務がなくなる団体信用生命保険への加入、万が一、債務者が延滞した場合のための保証会社の保証が受けられること、自宅への抵当権の設定登記などが必要になります。

従って、申し込みから融資完了までは時間がかかり、複数の契約書類を締結する必要があります。ただしその分、審査が通れば多額のお金を借りることが出来、教育ローンで数千万円、フリーローンではそれ以上の金額に上ります。無担保型か有担保型かは必要資金による所が大きいですが、手続きの品雑さを考えると無担保型にしたい所です。ただし、無担保型は銀行側の債権保全の関係から、金利は有担保型よりも高くなっています。

住宅ローンは店舗に出向く代表格

 住宅ローンはインターネットで申し込める商品があるものの、最終的には上記と同様に、団体信用生命保険への加入や保証会社の保証が受けられること、自宅への抵当権の設定登記などが必要となるため、店舗へ出向き、複数の契約書類を締結する必要があります。

また、住宅ローンは不動産業者も介在してくるため、他のローンとは別のルールが多数存在します。恐らく、銀行でお金を借りる事例としては、もっとも時間がかかると思いますが、将来のマイホームという観点から見ると、それだけ時間をかける価値があるとも言えます。住宅ローンで他のローンと違うのは、様々な特約が充実していて、万が一の保障に備えることが出来るようになっていることです。これは、借入額が多く、返済期間も長い、住宅ローンの特長と言えます。

金融技術の発達で今後はますます便利に

 フィンテックと呼ばれる、金融とITの融合は確実に進歩しています。今後は自動審査システムなどが開発され、お金を借りる人はますます便利になるかもしれません。しかし、便利な商品はつい多用しがちです。自分に必要な金額はいくらなのか、しっかり見極めることも大切です。

知ってる?警察でお金を借りられる制度とは

財布がないのに気づいたらどうする?

電車の中で定期券や切符の入った財布がなくなっていたりショッピング中に財布がないことに気がついたらまず警察に行きますよね?大学生以上なら財布の中には現金の他に銀行のカードやクレジットカード、名刺などが入っていることもあります。取りあえず「誰か優しい人が落とした財布を拾って警察に届けているかもしれない」と考え近くの交番に行ってみますよね?
詳しく財布の特徴や中に入れてあったカードの説明をした後に交番に届いていたらラッキーです。届けてくれた人に後で謝礼を渡しましょう。でも届いていなかったら悲劇です。
自宅まで歩いて帰るには半日以上かかる距離のこともあります。携帯電話で親や友達に電話をしても誰も出てくれなかったりと不幸は重なるものです。そんなときは歩いて帰れないことを警察官にしっかりと伝えてお金を借りましょう。

警察官からいくら借りられるの?

公衆接遇弁償費((こうしゅうせつぐうべんしょうひ))ということばをご存知ですか?1968年に警視庁の地域部長が出した通達で警視庁ではこれに基づいて現在まで運用をしている制度です。この制度は緊急時のみ利用することが可能。制度の要件で一般的に利用が多いのが、外出先で盗難や紛失により所持金がなく交通費を借りたい場合です。上限は千円とされています。
いきなり交番に行って口頭でお金が借りられるわけではありません。きちんと借受願書(借受の申請書)に住所や氏名、職業、連絡先などを記入して申請を行います。
地方から東京に遊びに来ていて交通費が千円以上掛かる場合もありますよね?この場合は警察署の地域課長の決裁が必要になります。その他、もし優しい警察官なら個人的にお金を貸してくれることに期待することもできます。優しい警察官があなたをタイプだとしたらこの場合はそれ以上の金額をゲットできるかもしれません。
でも気をつけてください。この制度はお金を借りる制度なので返さなければいけません。

ピンチ、交番に誰もいないときは?

交番にはいつも警察官がいるわけではありません、パトロールや事件や事故のために現場に出向いていることもあります。いつ戻ってくるかはわかりません。そんなときは警察署に行くか走っていくパトカーを止めて相談しましょう。パトカーは緊急時の場合にはサイレンw鳴らしているのでサイレンを鳴らしていないパトカーを狙い事件や事故などで急いでいないのでお金を借りることが可能です。

借りたお金に利息は?いつまでに返すの?

公衆接遇弁償費は警察の温情で作られた制度なので利息は不要です。また、返還までの期限は決まっていませんがなるべく早めに返しましょう。

公衆接遇弁償費を悪用する人っているの?

公衆接遇弁償費は緊急時に利用できますが洋服を買うのに500円が足りない、携帯電話の支払いに千円足りないなどの理由では借りることができません。
この制度を悪用した例としては2015年にネットカフェに泊まろうとした無職の男が20回にわたって財布を落としたと嘘をつき交番からお金を騙し取ろうし詐欺未遂容疑で逮捕されてます。警察相手に詐欺をしいようとするとやはりバレてしまいます。本当にお金を落として困ったときだけ利用しましょう。

公衆接遇弁償費の制度を知らないと?

この制度をもし知らないかったとしたらどうなるでしょうか?渋谷で財布を紛失し交番に行ってもどうせ届いていないはずだからと諦めて交番には行きません。
実家は地方で柏で一人暮らしのため友達に携帯電話。何人に掛けても誰も出てくれずメールも返信がなくついには携帯電話のバッテリーがなくなる。誰にも連絡が取れず仕方がないので他の手段を考えます。ヒッチハイクは事件に巻き込まれることもあり若い女性なら避けたいところ。カードローンを利用しようと思っても車の免許証は財布の中で財布がないので借りられません。タクシーで部屋まで帰るには3万円以上かかり部屋に帰れても部屋に3万円の現金がない。とりあえずブランド物のバッグでも持って買い物をしていればそのまま質屋に行くこともできますがお金と交換できそうなものは何も持っていない。仕方がなく数時間かけて東京の渋谷から千葉の柏まで歩いたて帰ります。もし、彼女が公衆接遇弁償費の制度を知っていたら活用したはずです。

まとめ

警察は本当に困った庶民の味方をしてくれます。公衆接遇弁償費の制度はいざというときは利用できます。制度だけ利用してお金を返さない人も多いのでいつまで制度が続くのかはわかりませんが緊急時に利用できる制度としてみんなが活用できるように借りたお金は後日きちんと返しましょう。

こんなにある!?個人でお金を借りる方法あれこれ

お金で困ったら

給料日前にお金がなくなった、結婚資金が急に必要になった、など人生においてお金が必要になることはたくさんあります。こんな時に利用できる銀行などを知っておくことで、急場をしのぐこともできるようになるでしょう。そんな個人がお金を借りる際に知っておきたいのがカードローンです。カードローンは急にお金が必要になった際に頼れる強い味方であり、審査も緩いだけでなく、気軽に借りれて返済ができます。そのため、個人でお金を借りるといった際にはまずはこのカードローンを試してみるのが最善です。また、カードローンは色々なものがあり、「他のカードローンでは融資が通らなかったけれども、この会社のカードローンだったら大丈夫だった」なんてことがしょっちゅうです。また、カードローンは借りれる額が少ないですが、幾つかの会社のカードローンを組み合わせることで大金が借りれます。このようにカードローンの利用度は高いですから、積極的に利用しておきたいものでしょう。

掲示板でお金を借りる!?

銀行や消費者金融以外からもお金を借りる方法は色々あります。その一つが掲示板でお金を貸してくれる人を募ることでしょう。ネット上にはお金募集専用の掲示板が多数ありますから、個人でお金を借りたい、と言う場合には利用してみるのも良いでしょう。お金募集専用掲示板のメリットとして、「直ぐにお金を借りやすい」「場合によっては多額の融資も受けられる」といったものがありますが、他にも「長期的に支援してくれるパトロンを探せる」というのもその一つでしょう。でとはいえ、このような掲示板でお金を募集する際にもお金を貸してくれる人の身になって考えることは大事です。「一体自分にお金を貸すとどのようなメリットがあるのか」といったことをしっかりと書き込んだり、それまでの自分の経歴を記して信用があることを示すことで、より効果的にお金を借りて行くことができるでしょう。また、このような掲示板でお金を借りる際にもしっかりと契約書は作成しておきましょう。契約書がないと後々「幾ら借りたのかどうか」といったことで騒動が起こることもあります。また、相手に口座番号などを教える際には注意も必要です。どんな個人情報であれ、悪用される危険性があるからです。そのため、心配な場合にはPAYPALなどのシステムを利用してみるのもオススメでしょう。

国からもお金は借りれる

国からお金を借りることもオススメです。起業などの際には国からまとまったお金を借りることができますから、事業を起こしたい際には利用してみましょう。また、住んでいる自治体が融資を行ってくれることもあります。このように国や自治体からお金を借りる方法は色々ありますから、まずは「自分の住んでいる地域ではどういった融資制度があるのか」といったことを調べてみると良いでしょう。

会社から前借りしよう

勤め先から前借りするのは昔からある方法です。とはいえ、この方法は効果的な面もあります。会社から借りることで返済も月毎にしていけますし、しかもまとまった額を借りれるのも利点です。また、会社としても生活などに困った社員にお金を貸す事を渋るということは少なくなっています。とはいえ、会社からお金を借りることで「自己管理がなっていない」とみなされたり、昇進に影響が出るということもあります。このように会社から前借りするのは諸刃の剣でもあり、利用する際には気をつけておきたい方法の一つなのです。

ヤミ金は最後の手段

色々と試したけれども結局お金を借りれなかった、といった際に最後に頼りたいのがヤミ金です。むしろヤミ金はそこまで切羽詰まらないと利用スべきではないといっても良いでしょう。それだけヤミ金は危険が多いだけでなく、「お金に困ったら闇金を利用すればよい」といった悪い習慣を作ってしまうことにもつながります。ヤミ金を利用する際にもなるべく”大手のヤミ金”を利用するようにしましょう。ヤミ金にも色々あり、大手のヤミ金であればそこまで無理な取り立てもしてこないからです。また、借りる額も必要最小限度で納めるとともに、「必ず返せる」というプランを立ててから利用することが大事でしょう。
加えて闇金を利用する際にはなるべく自宅から遠い業者を利用していくのも大事でしょう。ヤミ金があまりに近いと採りたての際にもより苦労します。また、ヤミ金が遠ければ再利用する気持ちも起こりにくくなるでしょう。
このように個人がお金を借りる方法は色々なものがあります。いずれにしてもお金を借りる際にはしっかりとしたプランを立てて計画的に借りて行くといったことが欠かせません。くれぐれも気軽な気持ちで無計画にお金を借りるといったことはしないようにしましょう。

友達からお金を借りる時に無条件で借りるのはよくないのか。

どこからお金を借りるのか?

人生ではどうしてもお金を借りないといけない状況になってしまうことはあります。その時にお金を借りる先がいくつもあるのは有難いことです。一つとして両親があります。或いは親族でもよいですが、血の繋がりによって信用してもらうことができますから、お金を借りることができる可能性が高いです。しかし、それができない人もいます。そうした人は金融機関から借りると良いでしょう。こちらは完全に契約という形になりますから、シビアですし利息の支払いもかなりしっかりとあります。それでも義理ではなく契約になりますから、精神的には楽ともいえます。そして、問題となるのが友人から借りることです。これはかなりの注意が必要であり、最悪の場合、友達を失う可能性もあります。

どうして友達は厳しいのか?

原則的に友達からお金を借りるのは避けるべきです。どうして厳しいのか、といいますとなぁなぁで貸し借りをする可能性が高いからです。場合によっては借用書なども書かないことがあります。友人だから、という理由で無条件で信用してくれる人すらいます。それはそれで素晴らしい友情であるとはいえますが、甘えることなく、しっかりと返済をすることです。借用証書を書いて、出来れば利息に関する取り決めもしたほうがよいです。利息はいらない、という人もいるでしょうし、それは有難いですから返済の方をしっかりとやれると確信しているならば、利息は入らないといわれたら素直に受けた方が良いです。困っているから借りるわけですから、返済額は少ない方が後の為になります。

借用証書の書き方って?

友人間の貸し借りであろうとも借用証書は書くべきです。しかし、そんなことに慣れている人は殆どいないといってもよいでしょう。ですが、そんなに難しいわけではないですし、今はネットでテンプレートを探すことができますから、いくつかのポイントを押さえて書けばまったく問題なく、有効な借用書を作ることができます。借りた日付、返済日、借りた金額、貸付先、借り入れた人の名前、そして、印鑑とサインが必要です。このあたりがしっかりと出来ていれば法律的に問題なく、有効であると判断されます。特に印鑑は実印であることがポイントになりますが、実はサインも極めて信用評価の高いことになりますから、印鑑の横に署名をする、或いはしてもらうのがベストです。

揉める原因となってしまうのは確か

お金を借りるのはトラブルの元になります。ですから、お金を絶対に友人間では貸し借りはしない、という強い意志を持っている人も多いです。これは間違った認識ではないですし、その人個人の考え方ですから非難されることではないです。ですが、やはり困っている友人を助けたいと考える人も多いですし、必要なので貸して欲しいと考える人もいるわけです。けじめに関することがしっかりと出来るのであれば友人間の貸し借りでも揉めることはないです。そのけじめこそが借用書であり、担保などです。但し、貸した金はあげたつもりで、と言うのが友人間の借金の原則でもあります。しかし、それに甘えることなく、借りたほうはキチンと返済をするように努力するべきです。それがトラブルにならないコツになります。

法律的に友人間の貸し借りはどうなの?

ちなみに貸金を仕事にするのには、金融庁の許可が必要になります。要するに貸金業をする、ということになります。但し、社会通念上の友人間の借金、お金を借りる行為に関していちいちそんなことをしている手間をかけるのは面倒なので常識的な範囲内であれば問題ないです。百万円でも一千万円でも一億円でも問題ない行為になります。業としてやるのではなく、個人として友人に貸す、借りるのであれば関係ないことです。そして、ここで一つ理解しておきたいのが金利です。当然ですが、金利の上限は法律に準ずることになりますが、何もそのことを書かないで貸すことが友人間には多いです。実はその時には年に五分という金利で貸したことになります。但し、そのような場合は、貸し手は金利は貰ってもよいですし、貰わなくてもよいことになっています。

友人からお金を借りるのはよいですが

友人からお金を借りるのはよいですが、けじめはしっかりとすることです。なぁなぁで借りるのではなく、しっかりとした借用証書を書いてやり取りをするのが賢明といえます。それが後々のトラブルにしない為に必要です。

役所からお金を借りるための◯◯制度

事業資金を貸してくれるの?

役所では事業資金を貸してくれる制度がある場合があります。これは自治体によって違いますから、細かいことを調べてみることです。但し、これはその自治体で積極的に推奨している事業に貸していることが多いです。要するに殖産興業の一策であるわけです。ですが、これは審査がしっかりとありますし、金額がそんなに高くなく、また返済も早いことが多いです。しかしながら、金利が極めて低い、場合によっては無利子で貸してくれることすらあります。こうした制度があるところは多いですから、もし事業を始めようとしているのであれば自治体の融資制度を使えないかどうかを調べて見たほうが良いです。これは活用するべき制度の一つといえるでしょう。

個人の生活資金を貸してもらうことが?

役所が貸してくれるお金として、生活費の緊急的な支援の制度があります。それが生活福祉資金制度と言うものであり、収入が極めて少ない世帯に金利をゼロか或いは極めて低金利で貸してくれる制度になります。この生活福祉資金制度は、セーフティーネットの一つになります。あくまで一時的な生活資金を貸してもらって、自己の生活を立て直すわけです。他のセーフティーネットとの大きな違いとしては、給付金ではなく貸付金になることです。ですから、返済の義務がしっかりとありますし、金利も必ずゼロとは限らないわけです。それでもこうした制度がある、と言うのは知っておいてそんはないです。いざと言う時に助かることは確かであるからです。こうしたことは学校などで教えてくれる情報ではないので、意外と知らない人が多いです。

貸してくれる方向性が違うのです

役所が貸してくれるお金の方向性として、生活支援と事業資金があるわけです。貸してくれる、と言うことにおいては同じですが、方向性がまったく違うことを理解しておくべきです。具体的には、大抵の場合、役所からお金を借りるといいますと生活支援の為の借金のことを指す場合が多いです。事業資金を貸してくれる制度は実に素晴らしい物ではありますが、本当に困窮している人を助けてくれる制度はやはり生活福祉資金制度であるからです。お金を借りることには違いないですが、事業資金に関してはほかにも選択肢があるわけです。ですが、生活福祉の為のお金として貸してくれるのは自治体、国しかないわけです。いざと言う時にはどちらも助かります。

生活福祉資金制度はどんな人が利用できるの?

生活福祉資金制度を借りるときの金利ですが、ゼロであることもありますが、金利が取られることが基本です。ですが、当たり前ですが別に儲けるを目的にしていないので民間の金融機関よりは安く設定されています。生活福祉資金制度の金利としては、1.5パーセントから3パーセントになります。但し、そこに連帯保証人がいれば無利子で貸してくれることになっています。そして、どんな人が借りるコトガできるのか、と言えば収入が低い人、高齢者や障害者になります。当たり前ですが、低収入の人、斜快適弱者の人に対する制度ですからこうした人達が対象になっているわけです。細かい証明の書類がありますから、それは役所などで揃える必要がありますから、手間はかかります。

実は返済能力も重要なのです

この役所から借りることができる、生活福祉資金制度での借り入れですが、実は返済の当てがあってこそ、貸してくれるタイプの貸付になります。つまりは、返せない人には貸さないわけです。金融機関としては当たり前ですが、役所の福祉制度としてはそれはどうなのか、と考えている人もいますが、これは生活保護などとは趣が異なるから仕方ないことであるのです。元々は連帯保証人がいないと貸してくれない制度でもありました。それが平成21年に改正されて、連帯保証人がいなくても貸してくれるようにはなったわけです。それでもあくまで返済してくれる見込みがある人にはしか貸さない制度であり、生活保護とはそこが一線を画しているところとなっています。

役所から借りるお金と言えば

役所から借りることができるお金、と言えば生活福祉資金制度になります。但し、これは貸してくれる条件が細かく、また返済の当てがあってこそ貸してくれる貸付制度になっていますから、生活保護とはかなり趣が違うことになります。

親にバレずに、大学生がお金を借りる方法

大学生はどうして借りにくいの?

大学生がどうしてお金を借りにくいのか、といいますと収入がないからです。しかし、いくらでもその例外はあります。それはアルバイトです。アルバイトをしている大学生はいくらでもいます。ですから、貸してくれる可能性はあります。消費者金融などから借りる時にはまず、職業と収入と借金歴などによって決められるようになります。学生の場合は非正規雇用であることが殆どですから、そこが貸してくれるときのネックになります。ですが、キチンと長い間、アルバイトをしているのであれば、それなりに収入があると認めてくれるようになります。在籍確認などをされることもありますが、それでも大学生でもお金を借りることができる、と言うのは知っておくべきです。

親から借りるのがベスト

どうしてもお金を借りるしかない、と言う状況の学生もいます。そうした時に親などに頼ることができるならば、それが最もよいでしょう。借金ではありますが身内にしているわけですから、金融情報が悪くなることがないからです。大学生でも借りることができるところは、意外と沢山ありますし、最近ではハードルも低くなっていますが、親から借りることができるのであれば、まずはそれからお願いして見たほうが自分の為です。お金が必要な理由を話して、素直に頭を下げたほうが何かとメリットがあります。まず、少額小口融資の場合は金利が高いからです。ですが、親から借りるのであれば、金利は大抵は不要です。それだけでも親から借りるメリットがあると言えます。

業者から親や職場にバレない?

親から借りるのがベストではありますが、それができない人もいます。それは家の経済的な理由であることもありますし、個人的な見栄の場合もあります。借金をしようとしている段階で見栄も何もないのですが、それでも親に頭を下げることができない人もいるでしょう。そうした人の為にカードローンや消費者があるわけです。こうした業者はその点のことをかなり配慮してくれます。在籍確認や実家がそこであっているのかどうかなどをキチンと電話などで確認されるわけですが、別に消費者金融であることを言うことはないです。つまりは、特にバレることはないわけです。だからこそ、使いやすいわけです。親から借りるのがよいでしょうが、それができない人は、素直に金融業者を使うことです。

貸してくれるようになるには?

貸してくれる条件やポイントとしては、まず学生である以上は正規雇用はほぼないです。また、相手もそれを期待はしていないです。ですから、アルバイトをしているのかどうかが重要です。これも立派な定期的な収入になります。そこがまずは最も重要なポイントであると言えます。そして、もう一つ重要なのが年齢です。カードローンは18歳でも大丈夫なことがありますが、消費者金融は20歳以上であることがほぼ必須になります。また、親に関する情報なども聞かれることがあります。要するに家族構成であるわけですが、これも立派な審査の対象になる要素です。嘘をつくことはできないでしょうが、キチンと受け答え、書類を提出することです。ちなみに何に使うのか、と言うのも聞かれます。

実際に借り易いの?

色々な金融業者がありますが、実際に借りやすいのか、と言うことがあります。これは個人の状況次第ではありますが、確かに少額小口融資であれば大学生でも不可能なことではないです。担保も保証人も必要ないので借りやすいのは確かであり、どうしても資金が必要になった時には借りることを検討したほうがよいでしょう。別にキチンと金融庁が許可を出しているところがやっているわけですから、極度に恐れることはないです。但し、キチンと返済計画を立ててから借りることです。学生ですから、贅沢品や旅行や遊びなどに使う資金を借りることもあるでしょう。良い行為とはいえないですが、仕方ない側面もあります。付き合いが意外と大学生には多いのです。ですが、返済のことも考えて借りることです。借りやすいのは間違いないですが、返済も間違いなくあるわけです。

学生でも借りることは可能

学生でもお金が必要になることはあります。親から借りたほうが良いですが、業者から借りることもできます。学生ですから、アルバイトなどであり、定期収入が乏しいのは確かですが、お金を借りることができる業者はあります。よく業者を探すことです。

会社でお金を借りるには!5分でわかる銀行の財務分析

金融庁マニュアルを理解すれば審査の全てがわかる

あたたが、銀行からお金を借りる際に、申し込みを受けた担当者は、どのような枠組みで案件を眺めるでしょうか?銀行の審査基準というのは、非公開だと思われがちですよね。でも、実はすべての銀行の審査基準のベースとなっているものは、誰でも見れるようになっています。銀行というのは、貸出についてかならず金融庁の検査を受けるわけですが、この金融庁の中小企業貸出の検査マニュアルというのは、金融庁のホームページで公開されているため、誰でも見れるのです。もし、金融関係の用語などが苦手ではない方は、そちらを見ると、実際に銀行の審査部が採用している審査の考え方のほぼ全容を把握することができます。地方銀行や信用金庫などは、金融庁ではなく各地方財務局が検査を担当していますが、当然基準は統一されていますので、同じ考え方が通用します。

融資案件が審査される枠組

金融庁マニュアル自体は専門用語も多く、一般の人にはなかなかポイントがわかりにくいと思われますので、ここでは要点をわかりやすくまとめていきましょう。
ある会社がお金を借りに来たとします。この時銀行が見るポイントは、以下の二点です。

1.企業審査
2.案件審査

1番でひっかかれば、当然2番はありません。金融庁のマニュアルでは、1番が債務者区分と呼ばれるもので、「正常先」「要注意先」「破綻懸念先」「実質破綻先」「破綻先」といった区分です。銀行では、「要注意先」以下の貸出先に融資をする場合、貸した瞬間に引当を積まなくてはいけないため、厳しい上司だと、貸すだけで背任行為とか言われます。また、1番の債務者区分に応じて、案件毎に回収可能性に応じて、Ⅰ分類からⅣ分類といった、貸出分類がされ、それぞれの分類に応じた引当率で引当が積まれます。

銀行審査における会社の見られ方

会社が見られるポイントというのは、細かいところを端折ると、意外とシンプルで、以下の三点が見られます。

1.赤字じゃないか
2.債務超過じゃないか
3.借入過多じゃないか

といったところです。
1番と2番は簡単ですね。ただ気をつけなくちゃいけないのは、銀行もいろいろな会社を見てきています。単純に決算書の表面つらを見るだけではなく、実体に引き直そうとします。例えば関係者との売上を消すとか、不動産の価格を時価に引き直すとかです。その点だけ気をつければ基準はシンプルです。
問題は3番、借入過多じゃないか?です。ここは計算の仕方は各銀行微妙に違ったりするとは思いますが、保守的に見るなら、総金融機関借入を、経常利益+減価償却費で割ってみましょう。それが、実質総借入の償還可能年数です。あなたの会社が、借りたお金を何年で返す収益力があるかということです。これが10年以内であれば、基本的に正常先ですが、10年を超える場合は、もしかしたら要注意先として見られているかもしれません。

銀行審査における案件の見られ方

案件の見方はさすがにいろいろなパターンはあるものの、審査のお勉強上は2パターンしかありません。きれいにそのパターンにはまる方が珍しいですが、、、

1.運転資金
2.設備資金

1番の運転資金というのは、会社経営者の皆さんは、社長個人が遊びに使うお金以外はなんでもかんでも運転資金みたいな考え方をしますが、実は銀行が言う運転資金というのは
「運転資金」=「売掛債権」+「在庫」-「仕入債務」
これだけです。
中小企業においては、この範囲を超えるお金は、ほぼ保証協会などの制度にはまっていないと貸してくれないとか、代表者の資産がよっぱどあるとか、強力な言い訳が用意されてないと貸してくれません。
2番の設備資金は、わかりやすいですね。設備を購入するのに必要なお金です。これが、設備投資をした影響によって発生する「利益」で返せる返済年数と金利というのが、適正な組み立てとなります。

お金を借りる際にありがちな意見の食い違いはなぜ起こる?

審査の現場と、会社経営者が、同じ決算書を見ながら必ず感覚が食い違うのは、「税金」に対する対し方に原因があることがほとんどです。銀行は、出来上がった税務署提出用の決算書を見てしか審査ができません。一方で、利益が上がっている会社経営者のほとんどは、いかにして税金を少なくするかということが、経営のメインテーマです。ゼロになるにこしたことはないといった感じです。しかしながら、利益がゼロなら、銀行が審査の際に見る借り入れの償還能力もゼロです。ここが、自分の会社は安定しているはずなのに、銀行は渋いこと借り言うという感想が持たれがちなところです。残念ながらできあがった決算書だけから、いかなる税金対策がなされているかを判断して審査資料に反映させることができる営業担当者は、ほとんど皆無です。実際のところ、銀行も人材不足なので、場合によっては審査担当や、下手すると審査部の審査担当まで、そのへんのスキルを持ち合わせていないということも実際にあります。ここは、銀行の実力不足をなげいてもしょうがないので、会社経営者として、本来上げることができる利益については、面倒がらずに証拠付でレクチャーしましょう。

銀行審査のポイントを理解して上手にお金を借りましょう

どうでしたでしょうか。もう目の前にあるお金を借りる需要に対しては、ぶっちゃけた話審査のポイントを理解したところで、お金が出てくるわけではないのですが、以上のようなポイントを踏まえて、税理士さんなどと話をして決算書を作っていけば、銀行にとって優良取引先として見られることにより、有利な条件で、必要な時に必要な資金が借りられるのではないでしょうか。

どの銀行で借りる?借入れで決してやってはいけない事とは!

「銀行借入れで決してやってはいけない事とは?」

銀行からお金を借りる場合、必ず借り入れのための審査があります。
源泉徴収票や本人確認のための書類等、所定の書類を提出して銀行が審査をします。
この際、決してやってはいけない事がいくつかありますので覚えておきましょう。

1.現時点で抱えている借入金を隠さず告知する

最も大事なのは、隠し事をしないということです。
具体的には、現時点で抱えている借入等の情報についてです。
現在抱えている借入には、学資ローン等も該当します。
カードローンや車のローン等、買い物について使用している短期のものでも必ず銀行に伝えておきましょう。
銀行側の目線で考えれば、限度額100万円のクレジットカードを所持している人は、いつでも100万円の借金をすることができる人ということになります。
ですから、クレジットカードの枚数についても、銀行側からすれば重要な審査内容であることも覚えておきましょう。

2.過去に債務の遅延・滞納があれば正直に伝える

過去に借りた債務の返済で滞納したことがある場合等も要注意です。
個人信用情報機関というものあり、銀行は必ず照会をかけます。
その際、審査対象者の情報をチェックする為、事前に弁明の必要がある事柄については、全て告知しておく必要があるのです。
滞納の記録は、完済から5年間保存されますので、支払いを忘れた事がある場合は正直に伝えておきましょう。

3.借入ができなくなる病気がある

団体信用生命保険に加入することが必要要件になっている商品の場合、健康についての情報も正直に告知しておく必要があります。
団体信用生命保険とは、借入者が病気等で死亡してしまった場合に残債の支払いを代わりに弁済してもらえる保険です。
病気の種類によって加入ができない場合がありますので、非常に大事な情報となります。

「借入先の選別には何が一番大事?」

数多くの金融機関の中から、どの金融機関が適しているのかを判断するのは容易ではありません。
最も自分に合う商品を選びたいところですが、各個人によって条件が異なるために答えが存在しないのが実情でもあります。
そこで、最低限の判断基準と知識を持っておくことが大切になってきます。

一般的に、メガバンクのほうが金利が低く有利なことが多いのですが、だからといってメガバンクで審査をすれば良いというわけではありません。
銀行審査で最も大事なのは、審査が通り易い金融機関から順番に打診するということなのです。理由は、貴方の信用度を落とさないためです。

最初に審査した金融機関が、借入不可という審査結果を出すと、その結果は他行も知ることができる仕組みになっています。
この為、「過去に断られたことがある人」になるのは大きなデメリットになるのです。
銀行審査では、金利条件が悪くても確実に承認が得られそうなところから当たるのが最善なのです。

当然のことながら、金利メリットの高い銀行は審査基準が厳格な傾向があります。
メガバンクでの審査に自信が持てない場合には、一行目の金融機関を慎重に検討しましょう。

最も大きな要素としては、職業と年収と家族構成です。
離職率の高い職業は信用が低く、借入の限度額が少なくなる傾向があります。
勤め先のメインバンクが有利な場合もありますので、確認しておくと良いでしょう。
自分の職業の信用度を把握しておくことも、金融機関選びには重要なポイントとなります。

自営業者への貸し出しに積極的な金融機関等、各行での審査基準には特徴があります。
金融機関への問い合わせをする際には、どのような案件に有利な審査基準であるかに着眼した質問をすると良いと思います。

「自分に合った借り方とは?」

審査が通った金融機関の中で、最も金利の低いところを選ぶのがベストですが、お金の借り方(金利の発生方式)には色々とあります。

一般的に、金利が変動するタイプは、適用金利が低い代わりに先々の金利上昇リスクがあります。金利を固定するタイプは、固定年数が長いほど金利が高くなりますが、支払額は固定されて予定が立てやすくなります。
金利については、今後の経済情勢をどう見るかによっても左右される部分ですので選択が難しいところです。

また、ボーナス時の追加返済を併用したり、変動金利と固定金利を設定金額に合わせて併用できる商品もあります。
このような選択をどう決断するのかによって、総返済額が大幅に変わってくることもあります。
むしろ、金融機関を決定してからのほうが重要な決断が多いのだということを認識しておくと良いと思います。

まとめ

住宅ローンの場合、不動産会社や建築会社の担当者が銀行との折衝をしてくれる場合も多いと思いますが、他人任せにするのではなく、きちんと金融機関や商品を把握しながら付き合っていくことが大切です。信用できる第三者に協力を仰ぐのも一考だと思います。
最も自分に合った借り方を徹底的に模索して、少しでも総返済額を減らす努力をしたいですね。

彼女から上手にお金を借りる方法

その1.普段からマメな行動をする

普段から女性を喜ばすことが大切です。デートでお金がないとしても5回に1回はロマンティックな場所に連れて行くことを忘れてはいけません。ロマンティックといってもイルミネーションでも構わないのでお金はかかりません。たまには非日常の場所や二人の思い出の場所などをデートする気持ちを忘れてはお金は借りられません。

その2.デートは自宅だけはNG

彼女が一人暮らしの場合はついつい彼女の自宅がデートの場所になってしまうことがあります。着込んだスウェットやパジャマでゴロゴロしDVDやゲームに彼女の手作りのご飯を待っているだけ。洋服も脱いだまますべて彼女が掃除に洗濯、料理と忙しい。待ってください。彼女はあなたのお母さんじゃありません。いつもそれでは彼女からはお金は借りられません。

その3.自分の価値を見せましょう

あなたに一生懸命に尽くしてくれる彼女がいたらたまには自分の価値を彼女に見せましょう。彼女の部屋でデートをするのが基本ならたまには高いところを掃除しきれいにして彼女を喜ばせましょう。手頃な価格で手に入る家具を組み立てられるようにしておきましょう。手が込んだものでなくても良いので誰に食べさせても必ず「美味しい」と言われる料理を二~三品は作れるようにしておきましょう。たまにがんばるだけで彼女は喜んでくれます。

その4.借金の理由はギャンブルはNG

ところで彼女に借金をしたい理由は色々あると思います。しかし、「ギャンブルにハマッて生活費がまったくない」などの理由は避けるべきです。一般にギャンブルは勝つこともあるが負けることが多くしかも勝ったときよりも負けたときのほうが金額は大きい。計画性がない性格だと悟られてしまっては100年の恋も冷めるかもしれません。「遊びで付き合っている都合の良い女」としてしかあなたは見ていないかもしれませんがそもそも、都合の良い女は他の男から見ても都合が良いのであなたが別れたら最後。二度と付き合えないのでお金を継続して借りることはできません。

その5.借金の理由は夢が必要

借金の理由が「コンパの飲み代が足りない」、「奨学金の返済で生活費が足りない」「車を買いたいが頭金が少し足りない」、「ゼミの合宿の交通費がない」、「どうしても欲しい物がある」、「他の女にプレゼントが買いたい」など色々あると思います。しかし、本当の理由は必要ありません。もちろん、車の購入などわかってしまうものはありますがあなたの付加価値が上がるものなのでこの場合は正直に話してよいでしょう。
しかし、それ以外の場合はどうでしょうか?消費者金融と同じ融資を受けられるか否かを考えましょう。
「コンパの飲み代が足りない」場合、一度だけなら貸してもらえますが、それ位のお金も無いのかとあきれられることも。「奨学金の返済で生活費が足りない」場合は結婚を夢見ている彼女のなら受け入れてもらえる理由の可能性が高いです。早く返済して結婚をしたいなど彼女も夢に投資ができます。少し返すのが遅くなっても大丈夫かもしれません。」、「ゼミの合宿の交通費がない」場合は安くてもお土産は買って帰りましょう。ラインで送る写真は厳選し不快感を感じさせないように気を配りましょう。
「どうしても欲しい物がある」があるが言えないでは誰もお金を貸してはくれません。「他の女にプレゼントが買いたい」は口に出せない理由なのは言うまでもありませんが他の理由をつけて借りても何か彼女にもプレゼントを買いましょう。最低限の人間性は失わないようにすることがいつかあなたの価値をさらに高めます。
売れないミュージシャンであってもロースクールの学生であっても彼女は一緒に夢を見てくれるかもしれません。投資のような感覚で夢に付き合ってくれることもあります。借金の理由が現実的なものでも構いませんが夢がある理由を好きな女性も多くいます。

まとめ

彼女からお金を借りたら返しましょう。返すことによって次に必要なときにはもっと借りることができます。たまには安くてもプレゼントを渡す気配りができれば彼女はにっこり笑顔でお金を貸してくれます。

借金地獄を回避しよう!学生がお金を借りる時の5つの注意点

学生がお金を借りるとはどういうことか

学生の身分で、お金を借りることを検討し始めた場合、まずは学生がお金を借りるとはどういうことか、そのことを考えなければなりません。なぜなら学生がお金を借りることは、社会人がお金を借りることと、また意味が変わってくるからです。社会人であれば、毎月定期的な収入があるので、返済計画を作りやすく、計画的にお金を借りる事は難しいことではありません。しかしながら学生となると、大学の試験や、就職活動と借金の返済が重なることがあり、そうなるとアルバイトの収入が月によって大きく変動する可能性が高いのです。すると月によってお金を返済できる月と、返済できない月が出てきてしまいがちです。もし借金が返済できないとなると、多くの場合、ストレスを抱えることになります。そのストレスが、大学の勉強や就職活動に影響してしまうケースも少なくは無いのです。だから学生の身分でお金を借りる場合は、ある程度不安定な収入であることを見込んだ上で、返済計画を考えなければならないのです。

どういうところでお金を借りるべきなのか

それでは学生でお金を借りることを考えた場合、どういうところでお金を借りるべきなのでしょうか。その場合は、できるだけ周りの友人や知人、もしくは知り合いが知っている信用のおける会社でお金を借りましょう。ほとんどの学生は、大手企業が運営している有名な学生ローンの会社がまず頭に浮かぶかと思いますが、1番信用できるのは自分の信頼できる人からの情報です。だからまずは友人や知人、できれば親にも相談しましょう。相談しているうちに、ひょっとしたらお金を借りる以外の解決策が生まれるかもしれません。これは甘い期待に終わる可能性もありますが、学生がお金を借りる事は、やはり大きな決断なので、相談しないよりもした方が確実に良いのです。だから学生でお金を借りることを考えた場合は、自分だけでインターネットからの情報で決断するのではなく、信頼のおける必ず友人や知人にも相談しましょう。もちろんデリケートな問題なので、人を選んで相談することも忘れてはいけません。

実質年率・金利が少しでも安いところから借りよう

学生の身分で、お金を借りることを決断した場合、実質年利・金利が少しでも安いところから借りるようにしましょう。誰かに相談することや、インターネットから仕入れた情報を比較検討することは当然大切なのですが、最終的に見極めるポイントは金利の低さです。なぜなら、この金利を甘くみて判断すると、お金を返済しても返済しても、借金がなかなか減らない、という状況に陥る可能性があるからです。10万円の10%は1万円です。そう考えると、1万円程度であれば問題ないか、とも思えるかもしれませんが、これはあくまでも借りるお金が10万円の場合です。100万円を借りた場合、100万円の10%は10万円です。つまり100万円をベースに考えたら1%が1万円となるのです。このように考えたら、1%の金利がどれほど高額となる可能性があるのか、分かりいただけるのではないでしょうか。そして利息は、返済が長期化すればするほど積み重なっていくものです。だから学生の身分でお金を借りる場合は、金利が少しでも安いところを選ぶことが大切なのです。

借金を返せなくなる原因とは?

学生の身分でお金を借りて、お金が返せなくなれば、そこはも、借金地獄の入り口です。できることがあれば、そういった状況にはなりたくないですよね。ではここからは、借金地獄を避けるために、借金を返せなくなる原因について言及します。多くの学生が借金を返せなくなる原因は、計画性の無さです。学生の身分でお金を借りること、借金をすることを甘く考えてしまって、返済計画をしっかり立てることなく、お金を借りてしまっている場合があるのです。しかしながらこれは、準備不足なために起きる事態なので回避できる可能性があることですよね。借金を返せなくなる原因は他にもあります。それは病気や事故です。学生の身分であったとしても、アルバイトを掛け持ちすれば、それなりの月収を確保することは難しいことではありません。しっかりと返済計画を作ることもできるでしょう。しながら病気や事故になってしまえば、その計画は全て崩れてしまうのです。だから実は学生の身分でお金を借りる場合は、自分自身の健康管理にも細心の注意を払う必要があるのです。

学生がお金を借りる時の5つの注意点

ここまで学生がお金を借りることについてお伝えしました。ここまでのポイントを踏まえ、学生がお金を借りる場合の注意点を以下にお伝えします。
1.有名な大手の業者を利用しよう
2.支払い計画を考えてからお金を借りよう
3.毎月のお金の出入りを管理しよう
4.健康を損なってはいけない
5.借金は潜在意識への継続的なストレスになることを忘れてはいけない
この5つのポイントを理解すること、そして守ることが大切です。特に大切なことは毎月のお金の出入りをしっかりと管理することです。学生生活を送っていると、学費や生活費や交際費等、細々とした出費はどうしても発生してしまうものですよね。これらの出費だけでなくアルバイトによる収入も、しっかりと管理する必要があるのです。なぜなら毎月の収入と支出をしっかりと管理することで、翌月になった時、先月どのようにお金を使ったのか、それを振り返ることができるからです。お金の出入りをしっかりと記録していれば、それを振り返ることで、無駄な出費などを発見して改めることができるようになります。だからお金をしっかり管理することが大切なのです。

借金は本当にお金に困った時の最期の手段だと考えよう

ここまで学生がお金を借りるときの5つの注意点について紹介しましたがいかがでしたか。学生の身分でお金を借りる事は、決して簡単なことでは無いことをお分かりいただけたのではないでしょうか。借金は、自己投資として効果的にするのであれば、人生にとってプラスになる可能性があります。しかしながらその反面のリスクがあることを忘れはいけません。借金は本当にお金が困った時の最後の手段だと認識しておくことが大切なのです。