キャッシング

流行中のジオキャッシングとは?その人気の理由を徹底解説

ジオキャッシングという言葉を聞いたことがありますか。ジオキャッシングは今や世界中で流行っている一種の宝探しゲームのことです。そもそもジオキャッシングのジオは地球を意味しており、キャッシュは「隠すこと」を意味していることもポイントです。楽しみ方は簡単で、ジオキャッシングのサイトを見て、隠されたキャッシュ(宝物)の情報や座標を集めます。

 その座標を元にまちなかや山林に隠されているキャッシュやアイテムを見つけるというのがジオキャッシングの基本です。現在では見つけられるキャッシュの数は100万個を超えており、飽きることなく宝探しゲームができることもこのジオキャッシングの魅力です。ジオキャッヤーと呼ばれるジオキャッシングのプレイヤーも今では500万人を超えると言われており、大規模なイベントが開かれることもあります。

 このジオキャッシングは2000年にアメリカで生まれた比較的新しいゲームですが、その誕生の背景にはインターネット技術やGPS技術の発展も関係しています。また、アウトドアとしての一面もあるところも面白いところでしょう。

 また、ジオキャッシングはキャッシュを探すことだけが楽しみなのではありません。自らキャッシュを隠して、他のプレイヤーに探してもらうこともできます。これは決して難しくなく、キャッシュを隠したら、その隠し場所のヒントとともに座標をジオキャッシングの公式サイトに登録すれば良いだけです。

 また、ジオキャッシングをするのに必要なものとしては、GPSと携帯が必須です。とはいえ、GPS機能がある携帯があれば、GPSは要りません。しかし、町中で行うジオキャッシングはかなり正確な座標特定が必要とされることもあり、携帯に付いているようなGPS機能ではやはり不十分なこともあります。GPSと言っても最近では1万円以下で手に入るものも出てきていますから、ジオキャッシングを楽しむ際には入手しておくと良いでしょう。

 また、ジオキャッシングのイベントによってはこういったGPSを貸し出してくれることもあります。このようなイベントに参加すればGPSを特別に購入する必要性もありません。他にも、できれば筆記用具などもあると良いでしょう。ジオキャッシングによっては多数のスポットを探索しないといけないこともあるからです。また、ジオキャッシングは長距離を歩きますから、履きなれた靴も必要でしょう。特にアウドドアで行われるジオキャッシングでは本格的な装備も必要になってきます。

 キャッシュの種類についても押さえておきましょう。ジオキャッシングで使われるキャッシュには色々なものがありますが、その中でも一般的なのがトラディショナルキャッシュです。トラディッショナルキャッシュはタッパーなどに宝物が入れられており、ひと目の付きにくいところに隠されています。他にも、マルチキャッシュもあります。

 マルチキャッシュはいくつかの座標やヒントを手がかりにして、最終的なキャッシュの場所を見つけ出すタイプのキャッシュです。マルチキャッシュはジオキャッシングのイベント時には主流です。他にもミステリーキャッシュもあります。ミステリーキャッシュはヒントが複雑になっており、暗号になっていたりします。

 そのため、謎解きをより楽しみたいといった人にはおすすめのキャッシュでしょう。また、アースキャッシュもあります。これは地質学的に特色があるような座標を目当てにして宝探しゲームをするキャッシュです。このようにキャッシュには色々なものがあり、それぞれに楽しみ方も異なってきます。

 そんなジオキャッシングを楽しむ際にはなるべく多人数でやったほうが楽しみが増します。友人とキャッシュを競争して探せば、実際の現実世界でRPGをしているような気分になるでしょう。また、ジオキャッシングの大規模なイベントも多数開催されていますが、こういったイベントの楽しみは格別です。最初にキャッシュを見つけた人は表彰されることもありますが、こういったイベントに参加すれば友人の輪も直ぐに広がっていくでしょう。

 また、楽しみを広げるためにもジオキャッシングのプレミアムメンバーになっておくと良いでしょう。プレミアムメンバーになればより色々なことができるようになります。特にキャッシュを隠す側になるのであれば、プレミアムメンバーになっておくことのメリットは大きいものです。

 このようにジオキャッシングは大変楽しいものですが、何よりキャッシュを見つけた時の喜びは代えがたいものです。中には本当に「宝物」と呼ぶことができるようなキャッシュもありますが、ジオキャッシングの楽しみはキャッシュを見つけることだけにとどまりません。知らない地域を散策したり、友人と協力してキャッシュを見つけるといったように、色々な楽しさがあるのがジオキャッシングなのです。是非ともあなただけのジオキャッシングの楽しみ方を見つけてみてください。

即日キャッシングの利用において大切な5つのポイント

即日キャッシングを利用すれば、申込日に借入金を手にできる

キャッシングは、担保も保証人も用意することなく借入することができる便利な金融サービスですが、その利便性をさらに向上させたのが即日キャッシングです。
即日キャッシングは、消費者金融を中心としたカードローンで展開されているサービスです。キャッシングに申し込んだその日のうちに借入金を入手できるのが即日キャッシングの特徴となっています。

この即日キャッシングを利用すれば、突発的な出来事に巻き込まれた場合に対応することが可能となります。
日常生活を送っていると、急にお金が必要になる場合があります。
事故に巻き込まれたり、冠婚葬祭の祝儀や香典を用意する必要に迫られたり、あるいは身内の不幸で遠方まで出向く旅費を調達しなければならなかったりします。

このような予測もしない出来事により突然の出費が迫られる場合がありますが、そのような時に頼りとなるのが即日キャッシングです。

即日キャッシングを利用すれば、親類や知人に借金を頼む必要もなくなります。
簡単な手続きで、申し込みから最短で1時間以内に借入金を入手できるため、即日キャッシングはもしもの時には頼りになる存在なのです。

即日キャシングでも通常の審査が行なわれる

即日キャッシングは便利なサービスですが、無条件に誰でも利用できるわけではありません。
借入を行うキャッシングである以上、通常のキャッシングと全く同じ審査手続きが行なわれます。キャッシングの審査においては、信用情報や勤続年数や勤務先といった返済能力について審査が行なわれることとなります。

即日キャッシングを利用するために必要となる第一の条件は、定職についていて定期収入があるということです。
職業については正社員に限りません。契約社員でもパートやアルバイトでも問題ありません。二十歳以上の大学生でもアルバイトをしていれば、消費者金融の即日キャッシングは利用可能となっています。

次に大切となるのが、信用情報です。
過去のキャッシングやクレジットカードの利用において、大きな延滞を発生させていないことが大切です。また他社から多額の借入をしていなければ、問題なく審査を通過できるようになっています。

消費者金融を選択したほうが、確実性を高められる

即日キャッシングを提供しているのは主に消費者金融です。銀行カードローンも三菱東京UFJ銀行の「バンクイック」など、即日キャッシングに対応している金融機関はあります。しかし申込み当日に、確実に借入金を入手するためには、銀行カードローンよりも消費者金融を選択したほうが、間違いありません。

即日キャッシングを利用する際に重要となるのは審査スピードと審査の柔軟性です。
消費者金融と銀行カードローンを比較した場合、消費者金融のほうが審査スピードが早くなっています。大手消費者金融における審査時間はどこも30分から1時間程度です。

一方、銀行カードローンの審査時間は最短30分となっているものの、2,3時間を要する場合が多いのです。

さらに消費者金融の審査通過率は、銀行カードローンのほぼ2倍となっています。 審査基準についても銀行カードローンよりも消費者金融のほうが柔軟性が高くなっているのです。

即日キャッシングを利用する場合には、急いで借入金を入手する必要に迫られています。
そのような時、審査で落とされては見も蓋もありません。また審査スピードが速ければ、その分早く借入金を入手可能となります。そこで即日キャッシングを利用するのであれば、消費者金融を利用したほうがより確実性を高められるのです。

即日キャッシングを利用する方法は2つ

即日キャッシングの利用方法は主に2つあります。
キャッシングのローンカードを入手して提携ATMから借入金を引き出す方法と、銀行振込によって借入金を申込者の銀行口座へ振り込んでもらう方法です。
通常のキャッシングでは、インターネットから申し込んでローンカードを郵送で受け取るのが一般的です。しかしローンカードの郵送には数日を要するため、即日キャッシングを利用する場合にはカードローン会社の店舗か自動契約機を訪れ、その場でローンカードの支給を受ける必要があります。

なお自動契約機から申込手続きをすることも可能ですが、あらかじめインターネットから申込をし、審査結果の通知を受けてから自動契約機を訪れ、ローンカードを受け取ることも可能となっています。
ローンカードを受け取れば、コンビニのATMなどから借入金をいつでも引き出せるようになります。

自動契約機まで出向くのが面倒である場合、手続きをインターネット上で完結させる方法もあります。
カードローン会社のホームページ、あるいはスマートフォンのアプリを利用して申込手続きを済ませ、審査が完了したら、借入金を銀行振込で受け取るように手続きを行うのです。

銀行振込で借入金を受け取れば、頻繁に利用する銀行や銀行のATMから借入金を受け取れるようになります。

銀行振込で利用する場合には、午後2時までに申し込むことが必要

銀行振込で即日キャッシングを利用すると、カードローンの店舗や自動契約機に出向く必要がないため便利なものです。しかし注意が必要となるのが銀行の振込手続きについてです。

銀行では営業時間が終了する午後3時以降に受け取った振込み依頼については、翌日の振込扱いとなってしまいます。
そこで午後3時以降にキャッシングを申し込むと、せっかく審査に通過してても、銀行振込の関係で翌日にならないと借入金を手にできない場合がでてくるのです。

消費者金融では審査完了まで30分から1時間の時間がかかります。
この審査時間を考慮し、銀行振込で即日キャッシングを利用する場合には、午後2時までには申込手続きを済ませる必要がでてきます。
もし銀行振込が間に合わないのであれば、ローンカードを利用してキャッシングするしか方法はありません。
自動契約機は午後8時または午後9時まで営業しており、夜でも利用可能です。またコンビニの提携ATMは24時間営業しているため、ローンカードさえあれば夜でも借入金を引き出せます。

なお、カードローン会社は大手銀行と提携関係にあります。

そこで提携銀行の口座に対してキャッシングの振込を行うと、即時に借入金の振込みが可能となります。銀行の営業時間とは関係なく、いつでも銀行口座へ借入金を振り込めるようになるため、提携銀行の口座を所持していると、より便利に即日キャッシングを利用できるようになります。

即日キャッシングなら利便性の高い消費者金融が選択肢となる

即日キャッシングは、突然の出費に迫られた時に頼りとなるサービスです。通常のキャッシングと同様の審査が行なわれますが、定職に就いていて信用情報が悪化していなければ問題ありません。
審査スピードと柔軟性が優れた消費者金融を利用すると、より確実に即日キャッシングを利用できるようになります。

買い物だけじゃない!キャッシングにも強いイオンカード

キャッシングも便利なイオンカード

付帯特典やポイントサービスが充実していることで知られるイオンカードですが、キャッシングサービスも充実しています。
イオンカードというと主婦や若者に人気がある日常の買い物向きクレジットカードというイメージを持たれがちですが、キャッシングサービスも他のクレジットカードに劣るものではありません。

特に利便性の面では数あるクレジットカードの中でもトップクラスなので、いざというときの備えとしても非常に頼もしいカードといえるでしょう。

必要なときに直ぐに現金を借りられる

イオンカードのキャッシングサービスを利用すれば、現金が必要になった時にすぐに借りることが可能です。急な出張なのに手元に現金がない、結婚式やお葬式が続いて手持ち資金が心もとない、生活費が一時的に足りなくなってしまったといった時でも直ぐに現金を手にすることができます。

キャッシングサービス破断利用しないという方も多いですが、いざというときに現金を手に入れられる手段があると安心感が違います。イオンカードを一枚持っているだけで現金が調達できない不安からは解消されるでしょう。

全国のATM・CD機が利用可能

キャッシングサービスを利用するときに気になるのが、現金を手にするための手段です。限られた窓口、限られたATMしか利用できないのでは必要なときに現金を手にすることができませんが、イオンカードのキャッシングサービスなら全国に設置されたATM・CD機が利用可能なのですみやかに現金を受け取ることが可能です。

イオンカードのキャッシングで利用可能なATM・CD機は全国のイオン系列店舗に設置されたATM・CD機に加え提携の都市銀行・地方銀行・信用金庫のATMやショッピングモール、コンビニエンスストアに設置されたATM・CD機も利用可能。全国各地に利用可能なATM・CD機が設置されているので場所を選ばずどこでも便利に融資を受けることができます。

イオン銀行ATMなら利用手数料は無料

提携ATM・CD機を利用してキャッシングサービスを利用する場合は定められた利用手数料を支払う必要があります。利用金額1万円以内であれば手数料と消費税で108円、1万円超であれば216円がかかります。

1円でもお金を節約したい方はイオン銀行ATMでキャッシングサービスを利用しましょう。イオン銀行を通じてキャッシングの手続きを行えば、ATM利用手数料は無料になります。イオン銀行ATMはイオン系列店を中心に全国各地に設置されているので、お近くのATMを探して利用すれば手数料無料でサービスを利用可能です。

インターネットを利用したネットキャッシングサービス

忙しくてATMまで出向く時間がない、という方にオススメなのがインターネットを通じてキャッシングを行うネットキャッシングサービスです。

ネットキャッシングサービスは事前に指定しておいた銀行口座にキャッシングの借入金を振り込んでもらえる便利なサービスで、カードの設定口座がイオン銀行の口座であれば365日24時間いつでも即時振込してもらえます。イオン銀行以外の銀行口座でも銀行の営業時間内であれば即時振込してもらえますから、公共料金や携帯電話料金の引き落とし予定日なのに残高が不足しているときに非常に便利です。

振込手数料は無料なので、近所に無料でキャッシングが利用できるイオン銀行のATMがない方は無料で引き出せる銀行口座にキャッシングの融資金を振り込んでもらうことで実質手数料無料で現金を手にすることができます。

電話からのキャッシング申し込みも可能

インターネットだけでなく、電話からもキャッシングサービスを利用可能です。

申し込み方法は簡単で、指定の電話番号に電話をかけたら音声ガイダンスに従って情報を入力していくだけで簡単に融資金を設定口座に振り込んでもらうことができます。パソコンが苦手な方でも簡単に利用できますし、固定電話からなら電話料金無料のフリーダイヤルで申し込めます。

借入れ額は最大300万円まで

イオンカードのキャッシングによる借入額は最大300万円です。

ただし、すべての利用者が300万円まで借りられるわけではなく、個人それぞれに設定される利用限度枠内まで融資を受けることができます。融資金額は1万年単位ですが、イオン銀行ATMからの申し込みに限り千円単位で金額を指定できます。

利率は7.8%~18.0% リボ払いも可能

融資にかかる利率は7.8%~18.0%となっています。
返済は1回払いとリボ払いによる分割払いが選択可能で、最長で57回まで分割で払うことができます。

リボ払いも経済事情に応じて柔軟な返済が可能となっており、余裕が有るときに一時的に返済額を増やしたり毎月の返済額を増額したり一括返済することができます。

最初は分割払いを考えていたけれど金利負担を減らしたいからまとめて返済する、といったように事情に合わせて返済プランを変えることができるので無理の無い返済計画が立てられます。

イオンカードのキャッシングの利用は計画的に

利便性に優れるイオンカードのキャッシングサービスですが、利用に際してはきちんとした返済計画をたてた上で慎重に利用しなくてはいけません。

便利で気軽に利用できるからこそ、利用者本人の字画と磁性が求められます。賢く使えば非常に便利なサービスなので、イオンカードの魅力をさらに活用しましょう。

キャッシングの審査が甘い会社というのは都市伝説レベル

日本の信用情報機関の歴史

日本の信用情報機関は、経済産業省が指定する『個人に関する指定信用情報機関』とされる、銀行系が主体となって作られた全国銀行個人情報センタークレジットガード、信販会社系が主体となって作られた株式会社シー・アイ・シー消費者金融系が主体となって作られた 株式会社日本信用情報機構の3社があります。

確かに、この3社は2009年頃までは個人信用情報の共有を行っておらず、各金融機関も情報は1社からしか取れない状態でした。その為、例えば消費者金融系で借入を行って、返済が遅延していて他の消費者金融は審査が落ちたのに、銀行系のローンは通ったりクレジットカードはそのまま使えたりなど事象が偶に見られたようです。

この印象が、「ドコドコの会社は審査が甘い」に繋がっているのだと思います。

3社体制で独自の情報管理を行っていた信用機関は現在では情報の共有を行っている

現在は2009年の貸金業法改正に伴い導入された「過剰貸付の禁止(いわゆる、年収の3分の1以上の貸付を行わない総量規制)が導入されたことにより、この3社の情報の共有が進んでいます。例えば銀行系ローンでキャッシング、クレジットカードでリボ払いの残額、消費者金融でのキャッシング、これらの情報は全て信用情報機関に登録されてしまいます。

リボ払いは総量規制の対象外ですが情報としてはキャッシング業者は取得し、審査の材料にするのです。

その他にも借入総額だけでなく、支払い遅延や延滞情報なども1社に行えば業界の垣根を越えタイムラグも殆ど無く全ての金融機関が情報を取得できるように共有されています。

キャッシング申し込みの時に銀行系ならでばれないだろうと他社の借入を申告しなくても、把握されてしまうのはこのためです。

現在では総量規制の枠を超えての融資を正規業者は行わない

昔は確かに大手のキャッシング業者も悪質な業者が多く、返せない金額を貸し付けるといった行為がありました。例えば、親や兄弟が払うだろうとあてがい貸し付ける、貸付の時に生命保険に入り、生命保険代で回収できるだろうと貸し付けグレーゾーン金利などが横行していた時代です。

では現在ではそのような業者がまだ居るのかと言うと、貸金業協会の自主規制の強化等もあり殆ど淘汰されているように思えます。つまり、年収の3分の1の総量規制を超えての貸付を行う正規業者はおらず、過剰な借入は出来なくなっています。審査が甘くなると言っても、貸出金額ではなく過去の延滞記録に目をつぶる程度の裁量の範囲でしょう。

それでも、審査が甘い業者を探したいなら狙い目としては

総量規制の範囲内の審査なのに、過去に若気の至りでちょっとだけ延滞してしまい、その記録が7年間残ってしまってる事により審査が落ちたと言う方に向けて、どの様な業者が比較的延滞記録に目をつぶってくれそうかを解説します。

・比較的新規参入の業者
新規参入の業者は顧客が少ない為、多少の延滞記録があっても他からの借入が少ない場合は審査を通すことがあります。

・審査通過率の高い会社
会社によっては、審査通過率を株主向けの決算報告で公表しているところがあります。審査通過率の高い会社はリスクをとってリターンを得ると言った商売っけのある業者です。そういった会社は高水準の貸付残高を維持する為、過去に延滞記録があっても、今現在に事故記録が無いのであれば目をつぶって融資してくれる可能性があります。

審査に落ちた場合は審査の甘い業者を探すので無く、一度落ち着いて状況を把握すべし

審査に通らなかった時、特に比較的甘いとされる大手の消費者金融から断られた時は貴方に何らかの問題があった場合なのです。それは、キャッシング以外のショッピングや車のローンを多く使いすぎている、子供が何人もいてお金がかかり、毎月のショッピング額が大きく明らかに買い物依存症のよう等、これ以上の貸出をすると返せなくなるだろうとキャッシング業者に思われているのです。

プロの何千人もの債務者を見ているキャッシング業者の目からみて危ないと思われているのですから、そのような場合は一度現在の状況を見直すいい機会かと思います。

総額でいくら借入があり、金利を払っていけるのか返していけるのか、それとも債務整理を考えないといけないのかと今後を見直していくターニングポイントと捕らえましょう。

審査の甘い業者を探して闇金にいかない事

ここまで読んでいただいた方は審査の甘い正規の業者なんてないなと理解していただいたと思います。稀に正規業者の審査が通らなくなったので闇金に手を出す人がいますがこれは絶対に止めてください。大手の審査が通らなくなったら諦めて、支出を減らし生活を小さくする、売れる資産があったら売る、弁護士に相談するなど債務を膨らませないようにしましょう。

即日キャッシングで我が身を救う方法

そんな即日キャッシングをしたい際に強い味方となるのが無人契約機です。銀行は3時になるとしまってしまい、実質的にそれ以降は契約できなくなりますが、無人契約機では時間を気にせずに申し込むことができます。また、無人契約機は完全に端末を通して申し込めるので、銀行員と話をしたくないといった場合にも最適でしょう。無人契約機は色々なところにあり、通勤前に利用するといったこともできます。無人契約機は外から見えないようなボックスになっていますから、匿名性もしっかり保証されているところも利点です。
 このような無人契約機は20時もしくは21時に閉まってしまうことが多いですが、これまでに申しこめば当日中にキャッシング出来る可能性はあります。また、無人契約機は朝の9時ごろからやっているところも利点でしょう。

 無人契約機の実際の利用法についても紹介しましょう。無人契約機に名前や住所などを入力することから始まりますが、即日キャッシングでは免許証などの顔写真入り証明書が必要になってきます。そのため、こういった証明書は必ず用意しておきましょう。免許証を機械に読み取らせて全ての入力が終わったら、10分から20分程度で結果が判明します。早い場合には数分でキャッシング可否が分かることもあります。キャッシング可能の場合には無人契約機内で契約書にサインをしてキャッシング用のカードが発行されるようになります。

 特にこういった無人契約機を使う場合には無人契約機コーナーを利用してみると良いでしょう。無人契約機コーナーは駅の一角やデパートの一角に設けられていることがあり、アコムを始めとする色々な無人契約機が設置してあります。そのため、「仕事をしていないからローンを契約できるかどうかわからない」といった場合でも数撃ちゃ当たるの精神で試していけます。

 このように大変無人契約機は便利に使っていけますが、基本的に銀行でカードローンなどが作れない場合には無人契約機だからといって作れるわけではありません。無人契約機は審査がはやいとはいっても、しっかりとあなたがブラックリスト入りしていないかどうかといったことは確認するのです。また、無人契約機は大変簡単に契約できるために、お金を借りる際の意識が緩みがちなこともポイントでしょう。むしろ、無人契約機を利用する際には銀行などでキャッシングをするよりも厳格な意識を持って計画的にお金を借りてみるのが大事です。

 他にも、ネットで契約するならばプロミスがオススメです。プロミスは22時までに契約をすればすぐにお金を口座に振り込んでもらえます。この際には功罪は三井住友銀行かジャパンネット銀行のどちらかでないといけません。
 また、プロミスは年中無休で土日祝日でも関係なく契約できることも利点でしょう。加えて、借りる際には銀行だけでなくコンビニでもカードを使ってキャッシングできるといった手軽さがあります。

 プロミスは50万以下の借り入れならば収入証明書が不要です。そのため、思い立った時にキャッシングを申し込むことができます。収入証明書などなくて済むので、上司にわざわざ必要書類を発行してもらう必要性もありません。そのため、よりバレずにキャッシングをしていくことができます。プロミスをネットで申し込めば郵送物もありませんから、妻や家族にバレずにカードを作りたい際にも最適でしょう。

 利息の転でもプロミスは優れています。プロミスであれば30日間利息がかかりませんから、30日以内に返せば利息の問題を気にしなくて済みます。そのため、定期収入があるといったサラリーマンの人には特にオススメしたいのがこのプロミスなのです。プロミスは限度額も500万円までと高くなっていることも知っておきたい点でしょう。

 このようにプロミスはオススメなのですが、他にもみずほ銀行のカードローンもおすすめです。このカードローンも即日で作れるのですが、エグゼクティブプランであればなんと最低利率が3%で借りれることができます。また、最高利息も7%と大変安く設定されていますから、長期間借りたいといった場合でもオススメしておきたいものでしょう。

 金利の点では三井住友銀行銀行のカードローンも知っておきたいものです。このカードローンの利息は変動金利になっており、長期間借りる際にはお得に借りれる場合があります。また、このカードローンも最短で融資が受けられますし、限度額300万円までならば収入証明書も不要になっています。

 このように色々な方法がありますから、自分にあった商品を選んで使ってみてください。