おまとめローン

多重債務からの脱出・銀行おまとめローン

おまとめローンとは

おまとめローンとは、複数の業者からの借金を、借り換えることによって複数の債務を一本化する方法で、銀行や銀行系の消費者金融などにはこのような商品がたくさんあります。

多重債務に苦しむ方にはとても魅力的に感じられるようですが、利用の仕方を間違えると月々の返済金は減るけれど、最終的に返済する期間が長くなって総支払額が増えるケースや、逆に金利が上がってしまうケース、きちんと調べずに利用したために悪徳業者にだまされるケースがあるなどのデメリットもあります。

おまとめローンで失敗しないためには、きちんと自分の借金の状況を把握すること、そして、自分自身で責任を持ってしっかりと複数の業者の情報を調べる、問題ないと判断した場合に限りローンを利用することがとても重要です。

おまとめローン・準備偏

まず、どうして「おまとめローン」を考え始めたのか、これからどのようにしていきたいのか、どこを改善していきたいのかをはっきりとさせましょう。例えば、「出来る限り早く借金を返済して、つらい日々から開放されたい・」など、それぞれの思いがあると思います。これはとても大切な「目的の明確化」です。

目的がはっきりとしたら、次には「現状の把握」をします。現在の借入状況について正確に書き出していきましょう。以下は、是非確認してほしい点です。

- 1社ごとの借り入れ金額
- 各社の金利
- 借入金の総額
- 利息含めた毎月の返済金額
- 各社の返済日

是非、これらを可能であればエクセルなどの表にまとめて一覧表を作っておいてください。

これで下準備は完了です。目的が明確となり、現状がきちんと把握できれば、これから何を重要視してローンを探していくのかがはっきりとしてきます。

おまとめローン探し・どのような業者を選ぶか

おまとめローンを検索してみるといくらでもこのローンに関する情報が入手できますし、非常に多くの業者がこのローンを取り扱っていることがわかります。

では、数ある業者の中から悪徳ではない業者を選ぶポイントはどのようなものでしょうか。

まず、「知名度」は何よりも参考にすることが出来る基準です。名の通った大手の金融機関であればまず心配はないでしょう。気をつけたいのは、「一度も名前を聞いたことがない会社」です。知名度のある会社や銀行以外は利用しないほうが賢明です。

また、業者の中にはいかにも大手の会社のような名前をつけている悪質な業者もいます。例えば、三井UFJカードローンなど、大手銀行名とサービス名を巧みに組み合わせて社名を作っているものなどは、絶対に手を出してはいけません。

銀行のおまとめローン

銀行系のおまとめローンとしては以下のようなものが安心でしょう。
三菱東京UFJ銀行「バンクイック」
金利:年4.6%-14.6%
借入限度額:10万-500万円
月々の返済:1,000円~
保証人:不要
審査:最短30分
在籍確認:電話
即日融資:対応

三井住友銀行カードローン
金利:年4.0%-14.5%
借入限度額:1万-800万円
月々の返済:10,000円~
保証人:不要
審査:最短30分
在籍確認:電話
即日融資:対応

オリックス銀行カードローン
金利:年3.0%-17.8%
借入限度額:最高800万円
月々の返済:7,000円~
保証人:不要
審査:最短即日
在籍確認:電話
即日融資:契約後、最短即日

金利にはけっこうな幅があります。これは、借り入れる金額や審査における様々な要素の組みあわせで決められますので、借り入れを希望する側が選ぶことは出来ません

銀行以外のおまとめローン

銀行以外にもおまとめローンを提供している会社は多数あります。有名なのがアイフルやアコム、プロミスといった消費者金融のものです。これらは一般的に大手銀行のおまとめローンよりも高い金利が設定されていますが、審査にかかる日数も少なく、審査自体に関しても、銀行のものに比べると通りやすい傾向があります。ですので、大手の銀行のおまとめローンを選ぶか、消費者金融のものを選ぶかはそれぞれの事情次第で変わってきます。

できれば銀行の審査に通ればよいのですが、もしだめだった場合は、先に挙げた、あくまでも知名度のある、大手の消費者金融を選びましょう。くどいようですが、間違っても設立から1年しかたっていないような業者や、大手をかたった悪徳業者に引っかからないよう十分注意しましょう。

銀行おまとめローン・まとめ

おまとめローンは多重債務から抜け出すための一つの手段となりえる。
まず、「目的の明確化」と「現状の把握」をし、これからするべきことをはっきりとさせる。
おまとめローンは大手の銀行が安心して利用できるが、事情により大手の消費者金融も選択肢となる。

おまとめローンについての良い評判・悪い評判

おまとめローンとは

おまとめローンとは、金融機関などに複数の借金がある人(多重債務者)の人が
ローンを借り換えなどによって、増額(もしくは一部)をまとめることをいいます。
複数のローンを低金利のローンに一本化することによって、今の金利よりも低金利で借りることができるという面や手続きの煩雑さを簡素化するという目的があります。

おまとめローンのメリット

複数の金融機関に債務を行っていることで、支払日がそれぞれ異なっていたり、
返済金額もバラバラだと手間もかかり面倒ですが、おまとめローンにすると一本化されますので、手続きの手間や手数料なども軽減されます。
低金利のおまとめローンにすることによって月々の返済額も減らすことができます。
手続きが軽減することで精神的負担も楽になることがあるようです。
また、まとめることによって返済計画が立てやすくなり、完済までの目標が見えてくることで、生活リズムもつくりやすいということが期待できます。
一本にまとめること、今のローン金利よりも低金利にすることによって、元本の返済に充てる割合が多くなる、そうすることで返済の総額が減ることが期待できます。

おまとめローンのデメリット

金利がおもったより低金利にならない

おまとめローンは、今借り入れしているローンよりも低金利で借りるということをうたっているのですが、思ったより金利が低くならないということがあります。
特に消費者金融などで借り入れがある場合に、金融機関のおまとめローンの金利は比較的低金利ですが、おまとめローンを実際に提示されている金利で借り換えができるかどうかというのは、債務者の状況によります。

審査に通らない

金融機関は、ローン審査も厳しい為、思ったよりも低金利で乗り換えができないことがあります。
また、おまとめローンを借りたいと思っても、再度金融機関で審査がありますので、審査に通るかどうかも問題です。
滞納履歴がある、高額の多重債務者などは、審査に通らないということもあるようです。
返済能力も問われるので、職業や勤務期間なども審査の対象になるようです。

今のローンをグレーゾーンで借りている場合

今のローンがグレーソーン金利で借りている場合も注意が必要です。
おまとめローンにする場合、融資金で借り入れしている借金を返済していきます。
そのため、もし今の借り入れをグレーゾーン金利で借り入れていた場合、その借り入れた資金で再計算しなおします。
もし、グレーゾーン金利とよばれる利息制限法で定めている金利の上限を超えている利息(いわゆる過払い金)を支払っていた場合に、利息制限法によってこの超過部分は無効とされています。
つまり、グレーゾーン金利での借り入れの場合、確認して引き直し計算した後でないと利息のおまとめローンにしてしまうと、実際に払わなくてもよい利息まで計算されて、支払う必要がでてきます。
もちろん、おまとめローンにした後でも借金完済後でも有効期限内であれば、過払い金請求はできるのですが、再度弁護士や司法書士などに頼む必要がでてきて、別途費用がかかります。
おまとめローンにする場合には、どういう契約内容になっているかもう一度確認して、過払い請求後の金額から見直して、おまとめローンを検討された方がよさそうです。

逆にデメリットが発生してしまう場合

今の状況よりよくするためにおまとめローンに借りなおすのですが、かえって悪化させてしまう場合がありますので、注意が必要です。
審査の状況によっては、保証人や、不動産担保などを用意しないといけなかったりして、
周りの人まで巻き込まないといけなくなってしまう場合。
また、おまとめローンとうたいつつも実際には、普通のカードローンやフリーローンであるため、複数のローンを一つにまとめるのではなく、一部だけ融資が発生するというものなので、結局は複数のローンを抱えたままということになり、現状とかわらない状況。
更に、こういったローンは、利用限度額の範囲で何度もローンが利用できるという性質をもっているので、ローンを再度組んでしまい、さらなる借金がかさんでしまうという恐ろしいことも起こりかねません。

おまとめローンのよい評判

おまとめローンにした人では、やはり、今借り入れしているローン金利よりも低金利になることで、月々の返済額や総額の返済額が減るという点がよいこと。
最近は、webなどでの申し込みや審査まですることができて手軽におまとめローンの手続きができることがあります。
複数あっても借り入れ額が多くない場合は、パート勤務の方であってもわりとすんなり審査に通って使うことができるようです。
低金利という点では、やはり銀行のネット経由のおまとめローンが比較的評判がよいようです。

多重債務者むけおまとめローンは審査は甘くないし、必ずしも便利というわけではない

おまとめローンとはどういうローンでどういうメリットがある?

おまとめローンとは複数の金融機関に対して借り入れがある多重債務者向けに、
そのローンを一本化して一つの期間で返済をするという方法です。
今の金利よりも低金利になること。
金利が低くなることや借り入れを一本化することで、総返済額が減額になることができ、月々の返済額も抑えられるということがメリットとしてあげられています。
また一本化することで煩雑な手続きがなくなり、精神的にも安定するようなメリットも
あるようです。
一本化することで、返済計画が立てやすくなり、目標もさだまるので、生活のリズムも整ってくるなどともいわれています。
そんなよいことばかりのおまとめローンですが、甘い言葉だけではないようです。

おまとめローンにしても思ったより金利は下がらない

一般的に、消費者金融で借りるよりも金融機関の方が低金利で借りられるようです。
しかし、おまとめローンは再度借りなおすということになるので、再度審査が必要になります。
また、一般的に低金利といわれている金融機関の方が、消費者金融より審査が厳しいといわれています。
そのため、借り入れしているローンの状況によっては、提示されていたおまとめローンの金利よりも高い金利になってしまうことふがあり、結果として、おまとめローンにしたけれど金利は前とあまりかわらないということが起こることがあります。
逆に高くなってしまうこともあるようなので、注意が必要です。

おまとめローンにするには、再度審査が必要になる

おまとめローンは、今借りている複金融機関のローンをおまとめローンを借りる金融機関が返済し、債務者がおまとめローンをしている金融機関に返済していくということになります。そのため、再度審査が必要になります。金融機関は、債務者が本当に返済してくれるのかという返済能力を確認します。
そのため、借り入れ額や延滞などの情報、また職業についているかどうかや勤続年数などを調べます。
その結果、借りたくても借りられない場合もあります。
そのため、審査に通るにはというような情報もネットには流れています。
おまとめローンは、簡単に借りれるほど甘くないようです。

今のローンがグレーゾーン金利で借りていた場合は借りる前に確認

今借り入れしている金利が、利息制限法に定める上限利息、いわゆるグレーゾーン金利である場合、過払いになっている可能性があります。
おまとめローンを借りる場合に、審査にとおったあと、返済額計算する場合、グレーゾーン金利で借り入れしている金利そのままで残額を再計算します。
そのため、せっかくおまとめローンにしたとしても多く返済してしまうことになります。
もちろん、過払い請求期間であれば、おまとめローンにしてからでも手続きができますが、
弁護士や司法書士などに依頼する必要がでてきて、報酬費用や諸費用などの別途費用もかかります。
おまとめローンにする前に、自分の借り入れているローンがグレーゾーン金利ではないかどうかを確かめる必要があります。

おまとめローンにして状況が前より悪くなる場合も

前よりも状況をよくするために、おまとめローンにしますが、おまとめローンにしてかえって状況が悪くなる場合があります。
例えば、審査の結果、保証人が必要だったり、不動産などの担保が必要になったりとまわりの人を巻き込むようなことが起こってしまうこともあります。
また、おまとめローン関連の詐欺などもあり、保証金を要求されるようなこともあるようですので、おまとめローンの金融機関も注意した方がよいです。
あとは、めったにないですが、多重債務者の場合は、せっかく審査に通って、月々の返済額が減ったら、また別のところで借り入れをしてしまうということも起こる場合があるようです。

おまとめローンは、そんなに甘いものではないということ

おまとめローンをみるとメリットばかり書いてあるので、よいことばかりを
思い浮かべがちですが、実際には、債務者の状況などによって大きくかわるということが
いえます。
甘い言葉にだまされないよう、自分の状況を把握しておまとめにした方がメリットがあるかどうかをよく調べてから変更した方がよさそうです。

おまとめローンの審査が通らない時の対策は?

【すぐに審査しないほうが良いって本当?】

おまとめローンを検討する際、「まずは審査の申し込み」と考えがちですが、実は、これが原因で審査が通らなくなる場合もあるので注意が必要です。

実は、おまとめローンの審査は、カードローン(キャッシング)の審査よりも厳しい傾向があります。
勤続年数や年収等、少しでも有利な条件で審査をすることができれば、それだけ承認の可能性が高まりますので、審査のタイミングも大変重要な要素になるというわけです。
たった1カ月の違いでも、審査に通るか通らないかの違いが出ることもあるのです。

一般的に、勤続年数が半年未満の場合は非常に信用度が低い扱いを受けます。
銀行系の審査基準では、勤続年数は原則3年以上を基準として斟酌されていることが多いようです。(3年以下でも審査対象にはなります)
この為、勤続年数が1年以下の人は、ある程度(できれば1年以上)勤務した時点で審査をするのも有効な対策となります。

この他にも、少し時間を置いてから審査したほうが良い場合があります。
通常、融資先は法人ですから、必ず決算があります。
この時期は、どの会社も売上を調整したいという思惑がありますので、審査内容について甘くなることがあります。
例えば、「勤続年数が少し足りないけれど今回は承認しよう」といったことが起きやすい時期なのです。
決定権のある役職者の判断で承認できる事項は、この時期、審査通過の可能性が高まります。融資先の決算時期は、審査が通り易い時期と覚えておきましょう。

【審査前に自己診断できることはある?】

審査書類への記載等を無駄にしないためにも、自分が審査に通るのかどうかをある程度判断したいと考える人も多いと思います。
そこで、かなりの高確率で審査が通らないケースについてご紹介しておきます。
一つでも該当する項目がある場合は、審査しても無駄になる可能性が高い為、該当事項を解消するか、審査を断念するのが賢明です。

『審査時のNG事項』
1. 過去に借入の不払い(踏み倒し)経験がある
2. 3カ月以上の返済遅延をしたことがある
3. 債務整理(自己破産)をしたことがある
4. 現在、5社以上の借入先に返済している
5. 勤続年数が3カ月以下(但し、同業種の転職の場合は考慮される場合有)

その他、同時に数社に審査をする行為(多重申し込み)も著しく不利になります。
たくさんの会社に手当たり次第に打診している人は、貸す側としてはかなり不安な相手になる為、融資を断られ易くなるということです。
必ず、1社に絞って審査申し込みをしてください。

【審査の前に何かできる対策は?】

審査時のNG事項の中でも、事前に対策を講じることができるものがありますので覚えておきましょう。

もし、貴方が誰かにお金を貸すとしたら、複数の人からお金を借りまくっている人には貸したくないと考えると思います。
金融機関も全く同じで、借入先は少ないほど良いと考えます。
この為、おまとめローンを検討する際は、借入先を3社以下に減らしてから行うのが有効な対策となります。
知人等からの一時的な借入や、繰り上げ返済によって借入先の数を減らし、少しでも信用を高めてください。
また、審査時のNG事項である『滞納履歴』については、5年以上経過すると記録が抹消される場合がありますので、時期を見計らって審査することで解消できる事があります。

実際に審査をしてもらう融資先の選別についても重要です。
各社の審査基準は多様化しているものの、審査基準の傾向というものがあります。
できるだけ承認されやすい融資先から打診しないと、次の審査先も「右へ習え」で不承認となる場合があります。
誰かに断られた人に貸すのが嫌だと感じるのは個人でも法人でも同じというわけです。

審査基準については、メガバンク等の銀行系が最も厳しいと言われています。
悲しい事に、審査基準が厳しい所ほど金利が安いというのが現実でもあります。
大手銀行は、大手企業や公務員等、年収や信用度が高い人に限定されると考えてよいと思います。

次に審査基準が厳しいのは、信販会社系だと言われています。
結論としては、消費者金融系の会社が最も審査基準が緩いということになりますが、金利は高めの設定であることが多くなります。
各自の信用度等によって最初の審査先を決めることも対策の一つと言えます。

【まとめ】

おまとめローンのポイントは、まず審査時のNG事項について自己診断をすることです。
その次に、審査のタイミングや審査先の選別を行いましょう。
そして、対策を講じることで、条件を有利にできることがあれば実践しておきましょう。

審査先の選別と対策については、できれば専門家等に相談しながらするのが理想です。
審査を出す順番や時期、添付書類等によっても審査結果が変わってくることがありますので、有識者の知恵を借りながら進めると尚良いと思います。

しっかりとポイントをおさえて、より良い借り方、返し方を目指しましょう。

おまとめローンのメリットデメリットがわかる口コミ情報

おまとめローンとは

複数の消費者金融や銀行などからのキャッシングやクレジットカードを使って買い物をした支払いを、その名の通り「ひとつにまとめる」のが「おまとめローン」です。
複数の業者からキャッシングをしていたりローンを組んだりしていると、その返済をそれぞれの業者にそれぞれから指定される日までに返済しなければならず、下手をするとその返済のためにまた違う業者からキャッシングしてしまう…なんて、泥沼に陥る可能性も。
お給料日はたいがいの人は月に一度ですから、複数の返済日に合わせているとどうしてもお金がピンチの時も出てきてしまいます。
ですが、おまとめローンでまとめることで、返済先も返済日もひとつにまとまり、お給料日からのお金の管理がとてもしやすくなります。

おまとめローンのメリットとデメリット

まず、おまとめローンのメリットは、単純に返済日がひとつになるだけではありません。
おまとめローンの金利は、一般的なローンやキャッシングよりも低めの金利で設定されていることが多いのです。
金利が安くなれば、返済する総額が大きく減る可能性があります。
たとえば、金利18%の消費者金融と金利17%のキャッシングを、金利10%のおまとめローンに借り換えたとしたら…大きく得をしそうですよね。
また、3社への毎月の返済がそれぞれ3万円、2万円、1万円の合計6万円だったとして、おまとめローンにすることで毎月の返済額が5万円になった、というように、月々の返済額が減るというメリットもあります。
しかし、おまとめローンも金融商品である以上、デメリットもあります。
たとえば、金利が安くなっても月々の返済額が減っても、残りの返済期間が短い場合などはまとめることで返済期間が長くなり、結果的に総返済額が多くなってしまうケースもあるのです。
ただこの場合でも、月々の返済がきついから減らしたい、というのがおまとめローンに求めることならばデメリットとは言えませんね。

【口コミ】おまとめローンで、自転車操業に歯止めがかかった

20代のOLの方の口コミです。
就職して給与口座を作りに銀行に行った時に、キャッシング機能付きのカードの申込みを勧められ、銀行員さんの言葉に乗せられてキャッシング機能付きのカードを申込みました。
銀行員さんの言葉通り審査にも通り、カードが手元に届きました。
社会人になった私はファッションにはまり、毎月雑誌を見ては気に入った洋服を買うようになりました。
あるショッピングセンターで作った会員カードにはクレジット機能がついていました。
だんだんと買い物の金額が多くなり、クレジットカードのリボ払いを利用するようになりました。
相変わらずの買い物をしながら、毎月のリボ払い…当然支払いが厳しくなり、リボ払いの返済のためにキャッシングも利用するようになりました。
返済のためにキャッシングをする自転車操業状態になり、危機感を感じていた時におまとめローンを知って、申し込んでみました。
無事に審査にも通り、一本化したことで「返済のために借金を重ねる」という悪循環を終わらせることができました。

【口コミ】思い通りではなかったおまとめローン

40代の会社員の男性の口コミです。
20代の頃からパチスロにはまり、仕事帰りや休日には朝から閉店まで打ち続けるような生活をしていました。
真面目に仕事はしていたから徐々にでも給料は上がっていましたが、勝つこともあれば負ける日もあるのがギャンブル。
持ち金がなくなってももうすぐ当たりやすいゾーンに入る台が気になってしょうがない思いを何度もするうちに、消費者金融に手を出しました。
そうして、3つの消費者金融から借り入れている状態でおまとめローンを知り、金利の低い銀行をネットで探して申し込みました。
ですが、よくよく調べてみると初めに借りた1社はおまとめローンにしても総返済額が現状よりも多くなってしまうということでした。
結局、比較的最近借りていた2社のみをまとめました。
月々のトータルの返済額は減ったので助かりましたが、もっと早くにおまとめローンを知って、全部まとめられていたら…という気持ちも正直あります。

【口コミ】おまとめローンにして借金の秘密を守り通せた

30代主婦の方の口コミです。
私は独身OL時代に海外旅行にはまり、海外でのショッピングにも便利なクレジットカードを多用していました。
そしてある時、クレジットカードの引き落とし金額が預金残高を上回ってしまっていることに気付き、初めてのキャッシングをしました。
それからは、キャッシングできるから大丈夫、と引き落とし金額を気にせずクレジットカードを使い、まるで自分の預金口座からお金を下ろすような感覚でキャッシングを繰り返すようになりました。
そんな中今の夫と出会い、トントン拍子に結婚。
夫にはキャッシングのことは言えないまま、私の妊娠が発覚。
急に自分のしてきたことが現実味を帯びました。
私が産休に入ったら、返済ができない…。
焦ってネットで情報を探してみたところ、おまとめローンというものを知りました。
シミュレーションしてみると、これなら家計のやりくりをがんばれば返済できそうかも…と思いました。
おまとめローンを知ってからは、銀行内の広告やCMも目につくようになり、思い切って申し込みました。
産休に入ってからとかじゃなくすぐに行動したおかげか、審査にも無事に通り、おまとめローンを組むことができました。
毎月の返済が減ったおかげで、生活費をやりくりしてなんとか復職まで返済を遅らせることなくやりきれました。
子供ができたタイミングで夫に知られるのは本当にイヤだったので、夫に知られずに済んだことに心からホッとしています。
今は復職して、一日も早い完済を目指して日々仕事に育児に頑張っています。

早くに行動した方が、メリットが大きいおまとめローン

おまとめローンは、早くに借り換えた方がメリットの大きいものなのですね。
ですが長らく返済をしている場合でも、現状の返済がつらい状況ならば、債務整理をするよりもおまとめローンでまとめて返済した方が将来の住宅ローンを組む場合などのことも考えるとメリットが大きいこともあります。
現在と将来とのバランスを考え、条件を考慮して無理や無駄のない返済をしたいですね。

おまとめローンを比較する…オススメはどこなの?

おまとめローンとはどういうものなの?

何らかの理由で、複数のキャッシング業者からお金を借りている人はいるでしょう。
複数の業者を利用すると、返済日がいくつもありますので、どうしても負担がかかります。
下手をすれば「毎日が返済日」のような状況になってしまうからです。

この借金を一本にまとめてしまおうというのが、おまとめローンです。
1つの業者にまとめることで返済日を1つに固定し、精神的負担を減らそうというものです。
返済日が月に1回ならば、比較的スケジュールが立てやすくなるでしょう。

また、おまとめローンにはもうひとつのメリットがあります。
それは、実質的に金利を引き下げることができることです。
金利が下がれば支払う金額も小さくなり、負担も小さくなるというわけです。

利用時に注意しなくてはならないことは?

おまとめローンを利用する際に、気を付けなくてはならないことがあります。
それは「借金一本化」をうたう詐欺が横行しているということです。

例えば、街頭チラシで「ローン一本化」を宣伝している業者がいます。
実際に連絡をすると、一本化の手数料を先に要求されます。
これがワナなのです。

実際に手数料を支払っても、お金が振り込まれてきません。
つまり、手数料という名目でお金を詐取しているわけです。

多重債務を抱えている人は、精神的に余裕がなくなってしまいます。
このため、こうした詐欺にひっかかってしまうケースがあるのです。

もしおまとめローンを検討されているのでしたら、甘い話には乗らないことです。
銀行系や消費者金融系の、しっかりとしたところを選びましょう。
その上で、どちらがオススメかを比較していけばいいのです。

銀行系のメリット、デメリットは?

まず、銀行系おまとめローンのメリットは何でしょうか?
真っ先に挙げられるのが比較的金利が安いことです。

上にも書きましたように、おまとめローンのメリットは金利の低下です。
銀行系は低いものだと金利3%というものもあります。
これならば利息返済の負担が大幅に減少するでしょう。

また、総量規制の対象外なので、貸し出し上限がないのもメリットです。
借金をまとめる段階で、それなりの額になってしまうことはある程度予想がつきます。
その際、上限を考えずに一本化できるのは有利といっていいでしょう。

デメリットは、どうしても審査に時間がかかってしまうことです。
そのため、手軽に一本化というわけにはいきません。

また、審査が比較的厳しいこともデメリットでしょう。
銀行によって差はありますが、一本化できないリスクがあることには変わりがありません。

消費者金融系のメリット、デメリットは?

それでは、消費者金融系のメリットは何でしょうか。
まず、審査に時間がかからないことが挙げられます。

おまとめローンの目的は、返済日をまとめて負担を減らすことでもあります。
それが早期に達成できるのですから、メリットといっていいでしょう。

審査が銀行ほど厳しくないという点もメリットでしょう。
銀行系のように、結果として借金を一本化できないリスクは小さくなります。

デメリットは、銀行系と比較すると金利が高くなってしまうことです。
大手でも最低7%ですから、金利負担減少という観点では劣ってしまいます。

消費者金融が総量規制の対象となっていることもデメリットでしょう。
借金を一本化した場合に、総量規制の金額を超えていることも十分に考えられます。
この場合、消費者金融系のおまとめローンは利用できなくなってしまいます。

銀行系、消費者金融系、オススメは?

銀行系、消費者金融系ともメリットとデメリットはあります。
では、あえて比較したうえでオススメするならどちらのおまとめローンでしょうか。

何度も書きますが、おまとめローンの目的は負担の軽減です。
それならば、金利が低い方がいいに決まっています。

確かに、銀行系は審査が厳しいというデメリットはあります。
ただ、金利の低さはそれを補って余りあるものがあります。

おまとめローンによって金利が上がってしまったケースも報告されています。
比較的金利の高い消費者金融系は、この問題点を考えなければなりません。
そうしなければ、かえって負担が増えてしまう可能性があるからです。

まずは銀行系を第一選択とするのが、オススメではないでしょうか。
銀行系の審査が厳しい場合に、消費者金融系を検討してみましょう。

比較は必ず大手業者のみで!

何度も書きますが、おまとめローンを比較する際は大手業者のみで行いましょう。
詐欺にひっかかってしまっては元も子もありません。

もしどこの審査も通らないようでしたら、債務整理という方法もあります。
いずれにしても、甘い話には乗らないようにしてください。

審査が厳しいの?おまとめローンの審査に通りにくい人の特徴

おまとめローンって何?

そもそもおまとめローンとはどのようなものなのでしょうか?

おまとめローンとは、簡単に言うと何社もの借り入れを、ひとつの会社にまとめることをいいます。
複数の会社から借りていると、利息だけでも膨大な金額になることもあり、「長い間返済してるのに、元金がほとんど減っていない」なんて事になりかねません。
また、各会社で返済日が異なると、うっかり返し忘れたりするなど管理が難しくなることも。

そんな方にこそ、おまとめローンを利用するメリットがあります。
多重債務は利息の面・管理の面さらには精神面においてもデメリットが多いです。
上手におまとめローンを利用して一刻も早く多重債務からの脱却を目指しましょう。

気になる審査基準は?

おまとめローンを利用するのには当然審査があります。ローン会社は、申込者がこれから返済していくだけの能力がきちんと備わっている人物かを判断します。
ではその審査の基準にはどのようなものがあるのでしょうか。

①職種・勤続年数
どのような会社で、どのくらいの期間働いているのかはとても重要な判断基準と言えます。
公務員、大手会社員 などはやはり審査に有利で
個人事業主、自営業者、などは職種を問わず審査には不利な傾向にあります。
また、勤続年数も重要です。
いくら大手企業に勤務していても、入社して日が浅い場合は審査に不利とされます。
一般的に勤務年数が半年未満の方は、審査通過がかなり厳しくなります。

②他社での借り入れ件数
他社での借り入件数に制限を設けている場合があります。1社での借入額が少なくても5社以上違う会社から借り入れをしている方は注意が必要です。

③年収
おまとめローンは年収が少ない方でも申し込み出来ます。
大切な事は、「安定性」です。年収が同じ金額の方がいた場合、毎月の収入になみがある方よりも、毎月一定の収入がある方のほうが信用が高いとみなされます。

これだけは避けたい!NG事項

おまとめローンを申し込むにあたり、これだけは避けたいNG事項があります。
詳しい審査をする前に即刻審査落ちになることも。
十分気をつけましょう。

①申し込みブラック
「とりあえずどこでもいいからたくさん申し込みをしよう」と
短期間で複数の会社に申し込みをすると、それだけで審査が通らなくなります。
申し込み履歴は「個人信用情報センター」に残ります。1ヶ月のあいだに
何社も申し込みをしていると
「よほどお金に困っている」とみなされ、返済能力を疑われてしまい、
即刻審査落ちになることもあります。

②過去の遅延
過去に返済を3ヶ月以上遅延していたり、遅延を繰り返しているとその情報は上記と同じように「個人信用情報センター」に登録されます。いわゆるブラックリストです。ここに登録があるとおまとめローンの審査はやはり厳しいものになるでしょう。

「個人信用情報センター」の登録状況は自分で確認する事ができます。
気になる方は、調べてみましょう。

審査が通りやすくなるポイントは?

ここからはおまとめローンの審査に通りやすくなるポイント・コツをみていきましょう。

①固定電話
審査をするにあたり、自宅に固定電話があるかどうかで信用度が違ってきます。
固定電話はそう頻繁には番号を変えられないため、たしかに記載の住所に住んでいるのかの確認ができます。携帯電話のみの方は設置を検討してみましょう。

②申し込み時期
ローン会社の営業員にも獲得ノルマが存在します。特に会社がキャンペーンなどを
行っているときはいつもより多く顧客の獲得が求められます。
そのような時は、普段より審査が通りやすくなる傾向にあり、
申し込み時期としては最適です。

③申し込み内容に嘘がないか
これは基本的なことですが、以外に盲点です。
申し込み内容に嘘を書いてはいけません。
他社の借り入れ件数、借入額、などはすぐにばれてしまいます。
嘘をつく=誠実さに欠けると判断されます。
申し込み内容はきちんと正確に記入しましょう。

おまとめローン気をつけること

最後は、おまとめローンを利用するにあたり、注意しなくてはいけない点をみていきましょう。
最初に書いたとおり、おまとめローンは、複数の債務をひとつにまとめることができ
利息の面からしてもとても魅力的なサービスです。
しかしその利息も必ず低くなるわけではありません。
今借りている金利とおまとめローンの金利を見比べ本当に金利が下がっているのか
きちんと確認しましょう。

そしておまとめローンは、カードローンなどと違い、基本的には返済専用です。
つまり、追加融資ができないということです。
また、他社からの借り入れも原則不可のため
利用する場合は、急な出費に対する備えが必要になってきます。

多重債務者の大きな味方

いかかでしたでしょうか?
毎月毎月何社もの債務を払い続ける事は、本当に苦しい事です。
一大決心をして、おまとめローンに申し込んでも審査落ちの連続では
気が滅入ってしまいます。
今回紹介した、審査に通らない人の特徴やポイントを踏まえ
ぜひ上手におまとめローンを活用しましょう。

おまとめローンがお得になるのは一体どんなとき?

目的ローンとフリーローンを知る

目的ローンとはどんな物であるのか、というとそれは例えば住宅ローンです。これは住宅を買うことに使うのを約束して借りるタイプの金融サービスです。
他にもカーローンもありますし、ブライダルローンなどもあります。
こうした目的ローンの特徴は使い道がはっきりとしていますから、金利が安い傾向がある点になります。
フリーローンとは、好きなように使って良いお金になります。そうした借り方になりますから、非常に使い易いことになります。
借りるときに何に使うのか、と言うのは聞かれますがそこまで重要なことではないです。
嘘をついてよいとは言いませんが本当のことを言う必要性もないです。
ですから、使い勝手がとてもよい金融サービスであるといえます。
但し、これは金利が高い傾向があります。

おまとめローンって何?

おまとめローンとは、複数のところから借りていたお金を一つに纏めることを言います。
纏めることが多いのは、フリーローンの方が多いです。
どこで取り扱っているのか、と言うと銀行がやっていることもありますし、複数のカードローン会社から借りている場合は一つにまとめる、ということもありえます。
これは相手と折衝をする必要がある時もありますし、自分で勝手にやる方法もあります。
例えば、一つのカードローンがすべてのカードローンを許容できる限度額があるのであれば、そこから借りて他所のところに返せばよいだけです。これで自分で纏めることができるわけです。
もう一つ、金融サービスとしてしっかりとおまとめローンをと言うのを提供しているところを選ぶ方法です。こちらの方がやりにくいことはありますが、金利的により得をする可能性が高いのでお勧めできます。
やり方が何パターンかありますが、要するに一つに纏めることによって得をしようとするわけです。

まとめる利点としては

おまとめローンを利用する理由は二つあります。
一つは、金利がよくなることがよい点です
総合的に金利が安くなるからこそ、利用する価値があるわけです。メインの目的はこちらになります。それとにわかり易くなる、という利点も二つ目としてあります。
複数のところから借りていると一つ一つの金利が違うわけです。これはとても把握しにくいのは間違いないからです。
加えて、支払日がまちまちであったのが、一つになります。
返済計画が立てやすくなるので、これもメリットの一つとて挙げることができます。
これによって、返済の利息が低くなり、また返済日が一つになるので複数の支払い日の度にお金を工面していた状態がとても楽になるわけです。
この二つがおすすめできる理由となります。

ローン系の金融サービスとしての違い

これは別に通常の金融サービスと違いはないです。
要するに複数から借りるか、一つから借りるのか、と言う話です。
一つのところから借りる金額が高くなるわけですが、複数のところから同じ分だけ借りていたので、特に損をするわけでもないです。
業者から見ればリスキーではあります。
自社の金融サービスで纏められるのはよいでしょうが、貸し倒れのリスクが高くなるからです。
そうしたことがあるので、現状の限度額以上を借りようと交渉する場合は審査が厳しくある場合もあります。
今まで滞納をしたことがないなどの状態である人が求められます。
これが意外と厳しいと考える人が多く、これまでの返済履歴によっては断られる場合もありますので覚悟しておくべきです。

大きな注意点としては

根本的な注意点として、まずは貸してくれるのかどうかがポイントになります。
カードローン会社も複数のところに分割しているからこそ、総合的にその金額を貸せている、と言う側面もあるからです。
一極集中することは、個人として有難いとしても業者としてはそこまでメリットがない、と言う場合もあります。
ですから、狙い目としてはきちんとおまとめローンと銘を打っている金融業者を探すことです。
一つのカードローンの限度額一杯を借りて、他所を返して纏めるのもよいでしょうが、新しく金利が安いところのカードを作り、纏め貰うことも視野にいれるべきでしょう。
注意するべき、注目するべき点は、やはり金利です。
金利が安くなるからお得なのであって、高くなったり、面倒な返済方法になるのでは意味がないです。
その点のみはしっかりと確認するべきでしょう。
基本的には月々の利息の支払いが減るならば、お得なサービスであり、利用するべきです。

おまとめローンのメリット

おまとめローンは金利が安くなるのであれぱ、お得になります。
手間はかかりますが、金利が低くなれば利息も安くなりますし、一つに纏めれれば、返済日も一つになりますから、返済計画がとても作り易くなります。
自分で勝手に一つに纏めることもありますし、きちんとおまとめローンとして提供されているところに申し込むこともあります。

利用しやすい銀行おまとめローン。多重債務にも効果的

やみ金からお金を借り入れしてしまった人は注意が必要です

利息が高い分、支払いにかかる負担も大きくなるからです。多くの借金をしている方、特に借り入れしている金額が1000万円以上ある方は債権の返済の仕方を十分に検討しておきましょう。おまとめローンで、債務解消する事も出来ます。

まずは利息をとめることが大切

利息がなくなれば、自分のペースで返済をしていくことが出来、支払いが遅れないように再び、ローンを組みなおすことが出来るのが債務整理です。債務整理を行っておけば、無理なく返済を続けていくことが出来るようになりますので皆様にお勧めすることが出来る返済方法なのです。債務整理の相談は無料です。借金でお困りの方はいつでも相談できます。お金の悩み相談などを受け付けている業者もあります。1000万円以上、債務があれば多重債務になってしまいます。多重債務者になってしまうと、借り入れした金額の元金が減っていきません。

十分に計画して返済をスムーズに

1000万円の借り入れある方で、毎月の返済が10万円でも利息分は3万円近くになりますが、債務整理を行えばこの3万円をなくし7万円のみの返済でokになります。このようにしっかり十分に計画して返済をスムーズに行っていきましょう。無理して借り入れしたお金は返済が困難になってしまう可能性もあるからです。

返済しやすい環境を持っておくこと

十分に返済においても検討しておくこと、もし支払えなくなってしまったら債務整理をし手置くことが基本です。返済しやすい環境を持っておくこと、返済が可能なようにローンの利息をとめることが大切です。この様にしっかり認識して債務を片付けること、中でもやみ金融からの借り入れもしてしまっている方には必ず債務整理を行い、このような業者からの借り入れを片付けることをお勧めします。はじめての際に使いやすい消費者金融は、多重債務になってしまうと、生活に大きな負担をかけてしまいます。1000万円以上の債務はなるべく早めに片づけましょう。

銀行おまとめローン は即日で入金してくれる (審査なしの業者について) 

近年はキャッシングの対応が変わり、特に審査の際にはネットでの契約もすぐに可能で、簡単に契約をする事ができるようになりました。そのため非常に簡単に借り入れをする事ができるようになりました。亦審査も短時間になり、返済方式もリボルビング返済が可能になりました。

業者選びも確実に行っていくことが肝心

審査がかなり重要なのですが、最近はヤミ金融なども月に3割の利息で貸付などをしているので、業者選びも確実に行っていくことが肝心です。キャッシングは即日で審査なしで借り入れをする事ができますが、便利にネットのみで貸付をできます。

審査なしのキャッシングには注意が必要

貸付け年利についてもしっかり確認しておくことが大切なようです。貸付が簡単でも業者の中には違反金利で貸付を行っているので注意が必要です。審査が重要になります。十分に自分が借り入れして返済が可能かどうかを確認する事が大切なのです。借り入れをしたことがない方も、審査なしのキャッシングには注意が必要になります。審査を十分に行っている業者は貸付限度額もかなり高く、中には300万円以上の貸付をしている業者も存在するほどです。

キャンペーンなどもあるので利用しましょう

亦業者のキャンペーンなどもあるので、利用者が便利に、亦お得に、キャッシングサービスを利用する事ができる業者もあります。便利に利用することができるサービスですが、借り始めは、しっかりサービスを確認しておくことが大切です。即日に借り入れできるメリットは高く、審査にかかる時間も約30分の業者などもあります。便利で駆りやすい反面借りすぎてしまう方も少なくありません。
借りすぎてしまうと、その分の遅延損害金もかかりますので、許容範囲で借り入れしましょう。ローンを 即日で融資したい方に銀行カードローンは即日融資で行っている業者は、緊急事態の借り入れに対応しているので助かります。カードを発行しているのでカードを利用して引き出すか、パソコンからネットでアクセスしてお金を引き出すことができます。そのため十分に使いやすさも上がり定評です。

借り入れしたいときに自在に引き出すことができるように

即日融資をしている会社はその多くが、簡単な審査を行っています。審査時間はわずか、30分で完了しますのであまり時間をかけずにお金を借り入れすることができます。柔軟にいつでもお金を出し入れする事ができ、借り入れしたいときに自在に引き出すことができるようになります。

すばやく取引を行うために手続き方法をネットで確認

即日融資をしている業者は身分証確認は必須です。亦勤務先の情報や在籍確認もありますので、すばやく取引を行うために手続き方法をネットで確認しましょう。便利にお金を借り入れする事ができる上に、ポイントをためたり、即日融資で借り入れしても、その後に利息なども安くなり、利用していくことができるようになります。

銀行おまとめローンはフリーターや学生でも借り入れをする事ができます

簡単に借り入れできるため使いすぎには注意したいところ、中には限度額が700万円まで、借り入れできる業者もありますのでかなり使いやすい金額になっています。お金が必要な時にすぐに役に立ってくれるキャッシングの他にもカードローンもあります。カードローンは比較的にもっと利息が安くなり、銀行系なので借り入れしたときも安心感がありおすすめです。もちろん、フリーターや学生でも借り入れをする事ができます。

おまとめローンの審査のための超重視ポイントを伝授!

おまとめローンの審査とは?

おまとめローンは、通常のローンとは違い、返済専用のローンとなるので、完済証明を求められるものになり、返済以外の使用はできません。

ですが、多重債務者のために作られた乗り換えローンのことで、いくつもある債務を一本にしてくれる心強いローンです。

おまとめローンは金利や毎月の返済の負担が減り、さらには総量規制の対象外でもあり、すでに総量規制のかかった人も新たに借り入れすることができます。

普通のローンとの審査の違いといえば、借入件数の多さがどう評価されるかというところ。

そして消費者金融でおまとめローンの専用コースがあるのは、プロミス・アコム・アイフルの3社のみとなっています。

割とおまとめローンに消極的な銀行もあり、そういった銀行や消費者金融で審査を通過するためにチェックしておきたいものを紹介します。

おまとめローンの審査のチェックポイント【その1】

まずは「他社借入件数」。これは実は、借金の総額よりも重視されるポイントになります。
それは、1社あたり200万ほど借入できる場合には、最低1年以上の返済実績があり信頼されているからなのです。

件数は少なければ少ないほどよく、3件以内であれば融資の可能性があります。逆に5件を超える場合にはその時点でアウトになりやすいです。

2つ目は「多重申し込み」。これは短期間のうちに複数の業者に申し込んでいないかどうかのチェックです。1か月のうちに3回以上申し込むのは危険です。

業者側は審査の時に信用情報機関で申し込んだ人の信用情報を確認します。この信用情報機関には、ローンに申し込んだだけで掲載されるので、短期間に複数のローンへ申し込み履歴があった場合には要注意人物という扱いを受けてしまいます。

ローンの申し込み履歴は6か月間掲載されるので、その期間は空けるようしましょう。

おまとめローンの審査のチェックポイント【その2】

次の2つは特に重要になります。

3つ目が「事故情報」。今までにローン返済でトラブルを起こすと、信用情報に事故情報が載ります。

主に、3か月以上の延滞、踏み倒し、債務整理などがあります。

事故情報の保存期間は、5年から10年で、その期間の審査の通過はかなり厳しいでしょう。
こういった事故を起こさないことも大切なポイントです。

過去の返済履歴でも、滞納や未納が1度もない状態であればより理想的です。

そして4つ目は、「勤続年数」。
通常のキャッシングとしては3カ月や6か月基準ですが、おまとめローンの基準では最低1年は同じ会社で努めていることが大切です。審査を通過するのであれば、5年以上同じ会社で努めているほうがいいです。

もし、最初に借りたときよりも、長い勤続年数、年収役職アップがあれば、審査を通る可能性が十分にあります。

職業順では、公務員を先頭に、大手のサラリーマン、次に、中小のサラリーマン、そして自営業、パート、アルバイト、派遣社員となります。この場合には、返済できる額よりもやはり長く勤続しているほうが信用が高いといえます。

おまとめローンの審査が通りやすい時期

おまとめローンの申し込み審査が比較的通りやすい時期があります。

それが、「年度末」。金融会社にとって年間の売り上げ目標が達していないときに融資を増やし売り上げ確保を狙うことがあります。
さらに、就職や転勤などで引っ越しが多く、ローンの需要が増えるので、その流れに乗りやすい時期ともいえます。

また、ローン会社が暇な時間帯もおすすめです。暇な時間帯の12時~17時ごろであれば、相談に行っても、いろいろとシミュレーションを含めローンを検討してもらえます。

月の間では、月末が一番、週であれば木曜日や金曜日なども相談しやすいでしょう。

また、この年度末や月末の時期に、自分から行うのではなく、金融会社からの案内を待つという手もあります。

案内以後の申し込みであれば、審査通過率がたかくなったり、通常よりも金利が下がる可能性も高いのです。

おまとめローンの審査で通らない人とは

おまとめローンだけでなく、すべての審査でも言えることですが、審査に通らない人に共通点がいくつかありますので、紹介したいと思います。

自分が、こうなっていないかチェックしてみましょう。

まず、審査で嘘をつく人。審査に通りたいがために年収を高く報告したり、借入金額を安く見積もったりすることがありますが、すぐに調べることができるのでばれてしまいます。

特に、借入金額のウソは、絶対に審査にとおりません。

他には、収入証明書を提出しない人も通りにくいです。収入証明書は、提出すると明確な返済計画を立てている人というアピールができるので、提出したほうがメリットは多いです。個人事業主であれば、確定申告書や源泉徴収書などでも効果はあります。

おまとめローンの審査を通過するために

おまとめローンで通過するために必要なのは「過去に返済事故がないか」「勤続年数はたりているか」「5件以上借入件数がないか」ということになります。
申し込みには、ミスがないようにし、嘘はつかないことが大前提で、年末時期に申し込むようにしましょう。