在宅ワークでお小遣い程度~高収入まで稼ぐ5つの方法。あなたはどの方法で稼ぐ?

スポンサーリンク

クラウドソーシング

クラウドソーシングを知っていますか?クラウドソーシングというのは、仕事をしてほしいという人が仕事をしてくれる人を募集します。そして、仕事を探している人がその中から仕事を探して仕事をします。これをインターネットだけでやりとりをして仕事をするのです。

アンケートから、記事制作、プログラミング、製造設計、英語翻訳など様々な仕事があります。アンケートや記事制作では月何千円程度しか稼げないと思いますが、プログラミングとか英語翻訳とかスキルがない人にしかできない仕事は高単価高収入をのぞむことができます。

ランサーズや、クラウドワークスといったクラウドソーシングの会社が有名です。登録や利用は無料ですので一度やってみてはいかがですか?

クラウドワークスはユーザーインターフェースがしっかりしているためとても使いやすいです。仕事の検索などそういった条件を絞りやすいのでスムーズに自分にあった仕事を探していくことができます。

株式投資で稼げ

インターネットでの株式取引が一般的になってから個人投資家がものすごい増えました。兼業でやっているトレーダー、個人で専業でやっているトレーダーもいます。
最近はアベノミクスの影響でものすごいトレーダーの数が増えたのと同時にものすごい稼いでいる人が増えました。

一見、株式投資は危ないと感じるかもしれませんが、一定のルールをまもり、しっかり勉強して資産を運用すれば増やす事は可能です。

もちろん、簡単にもうかるわけではありませんので、リスクを承知の上で取引は行っていかないといけません。

ネットでは有名な個人投資家BNF氏は株式投資で何百億円も稼いでいることで有名です。株式投資をする際は本を読むだけでなく、twitterで有名な個人投資家などのツイートをみたりすることがかなりの勉強になるのでオススメです。

バイナリーオプションで稼げ

バイナリーオプションは金融取引の1つで、最近ではニートが1000万稼いだなどで話題です。バイナリーオプションは一定時間に上がるか、下がるのかを予測する取引です。
なので、誰にでも簡単に参加することが可能です。為替のチャートの見方などを勉強して挑戦すれば稼ぐことができるでしょう。

金融商品で在宅ワークするさいの注意点

株式投資やバイナリーオプションをおすすめしたのですが、気をつけてほしい点があります。株式投資などをする場合は信用取引でレバレッジを使うのはやめましょう。もちろん凄腕のトレーダーレベルになればやってもいいと思います。しっかり稼げるまでは信用に手を出さない方がいいです。

もう1つ注意点があります。それは余裕資金で取引をすることです。ギャンブルで全財産つっこむなんてことはありませんが、金融取引になると全財産つっこむという人は多くいます。そんなことをしてはいけません。

もちろん、いろいろとリスク分散とかいろんな手法でそうしているんだとしっかり戦略があり勝てる人ならいいですが、そうでない人はやめたほうがいいです。また金融商品の取引は個人の責任です。無理な取引はやめて長い目でみて増やしていくことにしましょう。

広告収入で大きく稼げ

インターネットが発展してからインターネットを使って大きく稼ぐ人が現れました。
株式投資などもそうですがそのほかにもあります。それは広告収入です。

Youtubeや大手のまとめサイトなどそういったところで閲覧数を稼ぐことができれば広告収入で生計が立てられるようになります。

さいしょのころはよい記事を制作したとしてもなかなか閲覧数を稼ぐことができないので、根気と努力が必要になります。ただ、成功すればほぼ働くことなく広告収入が入ってくるので本などを見たり、他人のまとめ方をみたりして記事を制作していくとよいです。

また、失敗してもまとめ記事を買い取ってくれる人がいますので、まとめ記事をクラウドソーシングで売って儲けることも可能です。Youtubeで大きく稼ぐにはYoutuberという人に見習うとよいでしょう。

商品の紹介であったり、普段できないようなことをしていたたりそういったことを動画にしています。HIKAKINさんであったりはじめしゃちょーさんに見習うとよいでしょう。またtwitterを使ったりして自分のつくったものをどんどんアピールしていきましょう。閲覧数を稼がなければならないので、どういった方法でもいいので宣伝することが大切です。

また根気よく続けるだけでは動画での閲覧数はとれません。毎日工夫を凝らして面白い動画、閲覧数を稼げる動画はどんなものかを考えていく必要があります。

(PR)ビットコイン買うなら『coincheck』
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
(PR)ふるさと納税なら「さとふる」

SNSでもご購読できます。