やっぱり給料でしょ!という人の為の給料のいい仕事ランキング

スポンサーリンク

1位総合商社

総合商社には5つの大手があります。
三菱商事,住友商事,三井物産株式会社,丸紅株式会社,伊藤忠商事です。

平均年収として、入社したての20代で最高年収800万,30代を過ぎれば1000万より多い人も珍しくないです。
これらの、年収を時給換算すると5000円を超えてきます。

首都圏でも最低賃金1000円ぐらいですから、どれだけすごいか分かりますね。
少し田舎の人からしたら、時給ではなく日給でしょと言いたくなるのではないでしょうか。

しかし、大手で給料がいいというと響きはいいですが、業務内容は大変厳しいものがあります。
まず、転勤は避けられません。それ以外に海外への出張~単身赴任まで想定内でいなければいけません。

これから結婚を考えている人・結婚をしている人は、その辺をしかっりと考えなければなりません。
自分の語学力を活かしたい、多額のお金が動くビジネスをしたいという希望がある人にはもってこいの仕事ではないでしょうか。

2位コンサルティング

経営コンサルティングという言葉を聞いたことがあるかと思いますが、要は企業の経営形態~戦略を研究してアドバイスをする会社のことです。
平均年収は、入りたてで年収700万ぐらいで40歳を過ぎると1000万以上という人もいます。
しかし、この業界は企業ありきなところがあります。

ですから、2008年に起きたリーマンショックで多くの企業がどこで経費を抑えようかと考えたときに、まず思い浮かぶのが外部から委託しているコンサルティングです。
それをダイレクトに受け多くのコンサルティング会社の株が下がりました。

しかし、近年持ち直している傾向があります。
要は経済状況によって波のある業界であり、安定はしているとは言い切れないです。
経営・システム開発・経済など専門的な力を求めている業界なので、自分の力を思う存分発揮できる仕事ではないでしょうか。

3位銀行員

地方の銀行ではなく、大手の銀行「メガバンク」と呼ばれる銀行です。
三井住友,三菱UFJ,みずほ銀行などです。
新入社員である20代の頃はさほど給料がいいというわけではありません。
30代ぐらいまで平均年収700万ぐらいで、1000万を超える事はそうそうありません。

しかし、40代を超えてくると1000万以上という人がほとんどという傾向があります。
完璧なる年功序列社会といったところです。

ですが、長く働ければ給料がどんどん上がっていく・役職も歳と共に付いてくるという確信があるからこそ、不満を言わず銀行員として働くという人が多いようです。

自分のスキルというより安定した生活・未来を想定しやすい仕事がいいという人にはピッタリな業界ではないでしょうか。

4位生命保険会社

大手の生命保険会社も高給取りと言えます。
例えば、日本生命,第一生命,明治安田生命などです。(日本の生命保険会社)
外資系で言えばアフラックやアリコなどがあります。

ここでポイントなのが日系なのか外資系なのかです。日系は銀行と同じで年功序列タイプです。勤続年数が長くなれば役職・年収も上がっていく傾向にあります。

しかし、外資系は違います。
いくら長く勤めていても実力がなければ年収は上がりません。
逆を言えば若くても実力を発揮すれば、高給取りになれるということです。

同じ20代でも年収500万の人もいれば、若くして1000万を超える人もいます。
実力主義といったところです。
いくら頑張っても年齢を重ねないと年収が上がらない事に、嫌気をさいしている人は外資系の方が向いているかもしれません。

5位出版会社・放送局・新聞会社

出版会社は小学館や集英館などです。
放送局はフジテレビやTBSなどです。新聞会社は毎日新聞や朝日新聞などです。
どれも昔から聞いたことのある企業ばかりですね。

気になる平均年収は900万と他にランクインしている業界に比べると低いです。
昭和の時はもっと良かったと言われていますが、近年携帯が普及して活字離れと言われおり年収がどんどん上がっている業界とは言えません。

しかし、メリットもあってライバル会社が簡単には現われないところです。
他の企業だと新しい企業がどんどん誕生していくのに比べ、これらの業界は昔からあるところがほとんどです。

ですから、全く仕事がなくなるといったリスクが少ないです。ある意味安定しています。
新聞会社はスマホで見られる新聞なども提供し始めており、時代に合ったビジネスをすれば年収が再び上がることも期待できる業界ではないでしょうか。

専門職が強い!

他にもパイロットや税理士、弁護士、医者など給料のいい仕事はまだまだたくさんあります。
そして、今回ランクインしている職に共通している事は専門職であることではないでしょうか。資格や知識を蓄え給料のいい仕事にチャレンジしませんか。

(PR)ビットコイン買うなら『coincheck』
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
(PR)ふるさと納税なら「さとふる」

SNSでもご購読できます。