どうやって探すの?在宅ワークの求人の探し方について

スポンサーリンク

そもそも在宅ワークって稼げるの?

本当に働きに出るわけではないため、あまり稼げないのではないか、というイメージを持つ方もいるかもしれません。安心して下さい。在宅ワークは、働き方次第でかなり稼げます。中には在宅ワークを本業のようにして、収入源にしている人もいるようです。

在宅ワークの仕事には、単価10円〜の簡単な入力作業の仕事もあれば、ブログのような記事を作成して単価500円〜800円といった高収入のお仕事など、様々です。また、単価ではなく時給制であったり、固定収入制で月々10000円〜50000円と決められていたり、と収入額もまた様々です。

そのため、スキマ時間を見つけてはコツコツと仕事をこなすと、いつの間にかガッツリと稼げている、ということもあります。特に仕事の実績が上がってくると、発注側からスカウトがたくさん来るため、徐々に稼げるようになるのです。

ここで「報酬は絶対にもらえるのか」と疑問になる方もいるでしょう。多くの在宅ワークのサイトでは「仮払い」という形式が取られています。この仮払いとは、仕事の契約を結んだ時点で、受注側がサイト側に先にお金を払う制度です。そのため、こちらがきちんと仕事を終わらせれば、報酬が確実に受け取れる仕組みになっています。

在宅ワークの仕事の種類

在宅ワークのお仕事には、どういった種類のものがあるのでしょうか。ここでは一例をご紹介します。

・ライティング作業
データ入力や文字起こし・テープ起こしといった簡単な作業から、テーマに合わせた執筆、ブログ記事作成などがあります。基本的にワードやエクセルを使える方であれば、誰でも簡単に作業可能です。

・デザイン制作
ロゴやイラストの立案、ポスター作成、DTPなど、デザイナーさんがやるようなお仕事です。この手のお仕事はコンペ形式のことが多く、アイディアが採用されれば一気に高収入を獲得できます。中には、コンペではなく受注側の担当者と連絡を取り合いながら、一つの作品をてがけるお仕事もあります。ただし、デザイン関係はプロ向けのお仕事が多いので、要注意です。

・Web制作
Webサイトの運営や制作、ECサイトの運営などに携われます。多くのお仕事では、Web関係の知識を持っていることが最低条件となりますが、初心者の方でも募集しているお仕事もあります。ただし、基本的な知識のある方のほうが、高収入のお仕事に携われます。

この他にも色々な仕事がありますが、在宅ワークでよく発注されるお仕事はこの3種類が多いです。これらの中から、自分に合うお仕事を見つけると、お仕事がし易いのではないかと思います。

自分に合った在宅ワークの求人の探し方

上でも述べましたが、自分に合うお仕事を見つけないと、いくら仕事をしても作業に慣れず、なかなかうまくはいきません。そこで、自分の適性に合うお仕事の見つけ方をご紹介します。

まず、信頼できるクラウドソーシングを見つけましょう。信頼できる、というのは、報酬が確実に入ってくる、セキュリティ面で安心できる、といったことです。報酬は仮払い制度を採用しているサイトを選びましょう。有名なサイトには

・クラウドワークス
・ランサーズ
・シェフティ

があります。これらは有名で人気も高く、なおかつ仮払い制度を採用しているため、安全性も確保されています。

では、次に仕事の探し方ですが、その前に自分の理想の働き方を考えてみましょう。一週間の中で一定時間は確保できるのか、スキマ時間があるときにだけ作業をしたいのか、あまり頻繁に連絡を取らなくて良い仕事がしたいのか、などです。それによって、自分の好きな時にだけ仕事をして納品する「タスク型」か、それ以外かに分かれます。

そして仕事を探すときには、検索画面において①収入②求められるスキル③自分の興味のある職種といった条件を選択し、仕事を絞ります。特に②の求められるスキルについては、よく考えて選択して下さい。デザインが好きだから、という理由でデザイン関係のお仕事を選んでしまうと、案外プロ向けの仕事が多く、上手く仕事をこなせないということもあり得ます。

このように仕事を絞っていき、自分の適性に合うお仕事を見つけましょう。最初は時間がかかっても、適性に合っていれば徐々に慣れていきます。慣れてくれば、必ず自ずとスピードも早くなっていきます。

自分に合う在宅ワークの求人を見つけましょう

在宅ワークは、スキマ時間の利用次第で誰でも簡単にお仕事をすることができます。また、主婦の皆さんにとっては、良いお小遣い稼ぎになりますから、ぜひ自分の適性に合うお仕事を見つけて頑張って下さい。

(PR)ビットコイン買うなら『coincheck』
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
(PR)ふるさと納税なら「さとふる」

SNSでもご購読できます。